« ウェイウェイさん IN 「LOVE SONGS from SHINAGAWA本番」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Afternoon Concert〜悠〜」 »

2024年2月28日 (水)

ウェイウェイさん IN 「熊野古道ツアー」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
546回 ウェイウェイさん IN 「熊野古道ツアー」

みなさま!

新年明けましておめでとうございます〜!

って、今ごろ?!
はい、今ごろです(爆)。

調べてみたら、昨年の12/20以来の「マネージャーブログ」で、今年最初です。
つい先日、ウェイウェイさんから言われてしまいました。
「いつまで、マネージャーブログ、サボってるんですか?!」

言い訳をするつもりは無いのですが、けっしてサボってはいません!(爆・爆)
それなりに忙しいのと、最近では、ウェイウェイさんが「ネタ」をくれないので、書けなかっただけです〜!(って、言い訳?!・笑)

しかし、今日書こうと思ったのは、「ネタ」を頂いたからです(笑)。

ウェイウェイさんからのメッセージにもあるように、「熊野古道ツアー」が無事に終了しました!

本当に、素晴らしいツアーで、天候不良ですべてを完遂することはできませんでしたが、それでも、それを上回る感動的なツアーになりました!!
たくさんの写真を撮ったし、映像も収録してきたので、近日中に皆さんにお届けできると思います。
詳細を、このブログで書こうかとも思いましたが、ぜひ、「言葉では言い尽くせない感動」を、映像から汲み取っていただけたらと思っています。


今回の「ネタ」は、久しぶりの「閑話休題」に近いです。
と言っても、「ウェイウェイ語」的な「言い間違い」ではなく、いかにも「ウェイウェイさんらしい」お話です。

――

何度も言っていますが、普段あまりにも流暢な日本語を話すので、ウェイウェイさんが「外タレ」ということを忘れがちですよね?
はい、私もそうですが、ウェイウェイさんが「だるまさんが転んだ」を知らなかった時に改めて「あ〜〜、そうか〜〜」なんて思うことがあります。
なので、時々、「これは、ウェイウェイさんは知らないだろうな・・・」と思ったときには、伝えるようにしています。

感動的な熊野古道馬越峠での演奏や、熊野古道センター、雨天のため予定していた「権兵衛の里」での演奏が中止になり、急遽、紀北町のみなさんのご協力で実施された「東長島公民館での演奏と映像収録」など、あっという間の2泊3日の行程をすべて終えて、宇治山田駅から名古屋に向かう近鉄列車車内のことです。
「記憶に残る」ツアーを無事に終えた安堵感からなのか、珍しくウェイウェイさんも、車内でワインを飲んで、とても楽しそうに会話をしていました。
近鉄列車が、名古屋の手前の「桑名」駅に近づいた時、私が言いました。

「『その手は桑名の焼き蛤』という言葉を知っていますか?」

予想通り、ウェイウェイさんは知りませんでした。
そこで、「その手は食わない」と「有名な『桑名の焼きハマグリ』をかけているんですよ」と説明したのですが、今ひとつ理解できないようでした。
しかも、どうしても「桑名の焼きハマグリ」が言葉として言いづらいらしく、何度言っても言い間違います。
「焼きハマグリ」が言えません(爆)。
「焼き栗?」
「焼きはま?」
そのうち、「桑名」も言えなくなって、
「熊野?」
「くまで?!」
と、なんだかめちゃくちゃになり、最後は、
「その手は熊野の焼き栗〜!」
と、何がなんだかわからなくなってしまいました!

でも、ワインの酔いも手伝っていたのか、とても楽しそうで、最後にはこうなっていました!

左手で右手を指さして、
「この手は右手〜〜♪
No,No,No・・・
この手は熊の手♪」
今度は右手で左手を指して
「この手は左手〜〜♪
No,No,No・・・
この手は熊野の焼き栗〜〜〜♪」

わけ分かりません(爆・爆・爆)

でも、本人はよほど楽しかったのか、我々の乗っていた近鉄の車両は団体で貸し切りだったので、車両の端から端まで、移動しながらずっとそれを続けていて、ウェイウェイさんの妙なハイテンションの「焼き栗」を見ていた生徒さんたちも大笑い!!
しかも!!
実は、人数が多かったので、隣の車両にも生徒さんたちが居たので、ウェイウェイさんは、貸し切りの車両だけでは気がすまないようで、隣の車両にまで!
しかし、そちらは、一般のお客さんも乗っている車両!
そちらでも、ノリノリで「熊野の焼き栗」を披露していました(怖!)

いわゆる「旅のノリ」です(笑)。

――

話を「真面目」に戻しますね!(笑)

約100名の生徒さんたち、「二胡愛好家」のみなさんと過ごした、「世界遺産熊野古道ツアー」は、コロナ禍でしばらく途絶えていた久々のツアーということもありますが、私にとっても、一生の記憶に残るツアーになりました。
「熊野古道」が世界遺産登録20周年という記念の今年。
熊野古道センターで、ウェイウェイさんと約100名の二胡愛好家の方たちで演奏された、ウェイウェイさんのオリジナル曲「20th」を聞いた時は、本当に鳥肌が立ちました。

そして、アルバム「∞インフィニティ∞」のジャケットをまさしく撮った場所での「この道を歩こう」の演奏も、「悠久の歴史」をつなぐ「今」を感じた瞬間でした。
どこか「人のDNAを感じさせる二胡の音色」は、「過去と未来」を紡いでいく、「人生に彩りを添えてくれる音色」ですね。

そんな経験ができたことに、本当に

「感謝」

です。

ウェイウェイさんと二胡愛好家のみなさん!
そして、このツアーに関わって、たくさんのご協力を頂いたみなさん!

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2024.2.28)

 

« ウェイウェイさん IN 「LOVE SONGS from SHINAGAWA本番」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Afternoon Concert〜悠〜」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェイウェイさん IN 「LOVE SONGS from SHINAGAWA本番」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Afternoon Concert〜悠〜」 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30