« ウェイウェイさん IN 「五星旗Classic」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「夢胡蝶」 »

2019年5月29日 (水)

ウェイウェイさん IN 「大塚フェス」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第438回 ウェイウェイさん IN 「大塚フェス」

          

Wei12

           
全国各地で夏日・真夏日・猛暑日と5月だというのに、梅雨を飛び越えて一気に夏になったようですね!
体調など崩していませんか?
   
そんな中、大塚ミュージックフェスに参加してきました。
      
炎天下、しかも会場は大塚駅前のタイル張りの場所。
脇にテントはありますが、ステージや客席にはテントはありません。
      
ウェイウェイさんの出番は午後3時半でした。
その前の出演のバンドさんよりは、幾分暑さが和らいだ気はしましたが、それでも季節外れの暑さでした。
     
———
      
多くのアーティストが出演するイベントなので、リハーサルなし、簡単なサウンドチェックだけですぐに演奏です。
      
まずは、登場して「リベルタンゴ」を演奏しました。
いつものピアノの森丘さんとのコラボはやはり抜群。
     
圧巻の演奏で、会場を埋めた多くのお客さんから大きな拍手をいただきました。
入場無料のオープンスペースでのライブなので、二胡の演奏を初めて聞かれる方も多かったようで、驚きと感動。最初の1曲でお客さんを魅了しました。
      
そして、TALK。
簡単に自己紹介をしつつ、次の曲を演奏する前の「定番」TALK。
「じ〜んとする曲です」
と、言ったのですが、残念ながら今回はあまり反応が無く、ウェイウェイさんは少し残念そう。
やはり、ウェイウェイさんのことをよく知らない方には、ウェイウェイさんのルックスと「二胡」の奏者がそんな「オヤジギャグ」を言うとは思わないのでしょうね(笑)。
    
そして、もちろん、演奏したのは「JIN」。
TALKでは、あまり受けなくても、演奏は染み入ったようで、とても大きな拍手をいただきました。
       
ステージの裏側から脇を時折、都電が走っていて、カーブしているので、その際に「キ〜〜!」と大きな音がします。
もちろん、街なかを走る車の音や駅を行き来する多くの人などの音が聞こえてきますが、見ていたお客さんたちが、演奏に聞き入っていたのが、とても印象的でした。
      
そして、その後新しいアルバム「扉」からの「星の約束」を演奏し、またしても響き渡る二胡の音にみなさん、とても感動されているのが分かりました。
  
———
  
そして、ライブ直前まで迷っていた次の曲。
「情熱大陸」か「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」。
   
ウェイウェイさんはお客さんの様子を見て、「情熱大陸」を選びました。
多分、とても暑い日だったので、「情熱的で大陸的な曲」を演奏したくなっったのでしょう(笑)。
  
演奏が開始されると、手拍子する人、腕を振る人などなど、客席は超盛り上がりました。
   
   
そして、さらに、ウェイウェイさんコーナーの最後を飾ったのが、心弦二胡教室の生徒さんたち約50人が参加しての、「The Greatest Shingen」。
ここでも、何度か紹介しているので、ご存じだと思いますが、それにしても圧巻でした。
     
おそらく、二胡の演奏を聞いたことのある方でも、50人の合奏は聞いたことがないと思います。
しかも、振り付き!
   
客席の外側まで、2重3重の多くのお客様たちもとても驚いたように見ていました。
       
そして、もちろん、終演後は大喝采!
     
真夏を思わせる炎天下の中、まさしく「フェス」のようで、とても盛り上がったイベントとなりました。
   
———
     
その日は、夜にWeiWei's Cafeでの「2525Day」があり、「アルハンブラの思い出」を練習しました。
       
参加者の中に大塚も参加した方も多く、ウェイウェイさんはその方たちに
「二胡の皮は、直射日光に弱いので、参加したみなさんは寝る前に、ご自分の肌と同じように、楽器をケアしてあげてくださいね」
と、楽器へのいたわりの気持ちを伝えていたのが印象に残りました。
    


 

   

   

   

   

♪♪♪♪♪♪

   
(2019.5.29)

 

« ウェイウェイさん IN 「五星旗Classic」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「夢胡蝶」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェイウェイさん IN 「五星旗Classic」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「夢胡蝶」 »