« ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「弾いていいとも!」 »

2019年3月27日 (水)

ウェイウェイさん IN 「桜」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第431回 ウェイウェイさん IN 「桜」


     




421

※画像は4/21「扉」発売記念ライブのフライヤーです。


     


メルマガ冒頭にもありますが、桜の開花宣言が各地に出て、いよいよ春らんまんですね。



  
この時期になり、桜を見るたびに思い出す光景があります。
やはり、どうしても、3.11後の桜を思い出してしまいます。
   
あの震災後、ウェイウェイさんはしばらくの間、二胡を弾くこともできなくなり、とても胸を痛めていました。
そして、その数週間後、何の用事でだったか定かではありませんが、武道館近くに行き、千鳥ヶ淵で満開の桜を見ました。
まだ、余震があり、喫茶店で打ち合わせの最中にも大きめの余震が起こり、慌ててお店を出たくらいでした。
  
ウェイウェイさんは、千鳥ヶ淵の桜を初めて見たようで、その美しさにとても心を打たれたようでした。
  
その際に、「SAKURA/17」を作った時の話を聞きました。
  
日本に来て、初めて満開の桜に感動し、その後17年という時間が過ぎて、どんな気持ちで「SAKURA/17」を作ったのか。
毎年、「出会いと別れ」の時期に咲き、美しくも、僅かな日数で散っていく桜。
その、儚さと美しさに、ウェイウェイさんは毎年感動しています。
  
その時に、ウェイウェイさんが言いました。
「今年はもう、無理ですが、来年は桜の時期に東北に行って、ライブをやりたいです」
   
———
   
そして、翌年、ちょうど桜の咲く季節に、福島のいわきでの初ライブ行きました。
  
現地のライブをお手伝いしていただいた方に、挨拶もそこそこに、ウェイウェイさんが言いました。
「近所に桜が咲いている場所はありますか?」
   
そして、リハーサルまでの時間を使って、現地の方にいわきの桜の名所に連れて行っていただきました。
   
少し、細い道を車で上り、公園のような場所に、満開の桜がありました。
   
その、満開の桜の木の前で、暫くの間、ウェイウェイさんは瞑目していました。
少し離れた場所に私はいて、遠目に見ていたのですが、もしかしたら、泣いていたのかもしれません。
   
   
それ以来、ほぼ毎年いわきでのライブを実施しています。
毎回、行くたびに、その現地の方に
「あの時の桜を忘れられません」
と、言っています。


  
昨年は、いわきで震災以来続いている、チャリティ・コンサート「Smile Again~ミュージックマラソン ラストラン」にも参加し、現地の方と交流を深めました。


      
———
   
3.11が過ぎて、テレビなどのニュースには、ほとんど震災のことが取り上げられなくなってしまいましたが、決して忘れてはいけませんね。
  
今年も、いわきに行きます。
桜の時期ではありませんが、ウェイウェイさんはきっと間違いなく、8年前のその日を思い出すと思います。


  

     


   


   


   


   


   


   


   


   


   


   


♪♪♪♪♪♪













   

(2019.3.27)













   

« ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「弾いていいとも!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「弾いていいとも!」 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30