« ウェイウェイさん IN 「この1週間のもろもろ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 »

2019年3月 6日 (水)

ウェイウェイさん IN 「マスタリング」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第429回 ウェイウェイさん IN 「マスタリング」
 
421
※画像は4/21「扉」発売記念ライブのフライヤーです。
 
 
みなさん!
ついに、新しいアルバム「扉」が完成しました!
先日「マスタリング」という、CDのリリース前の最終作業を終えました。
 
通常、レコーディングは、それぞれの楽器や歌を録音し、その後ミックスという作業で各楽器のバランスや音色などを整え、その後マスタリングという作業で、収録された曲ごとの全体の音量や曲間の長さなどをまとめて、終了します。
 
つまり、「マスタリング」はCDをプレス工場に入れる最終作業です。
これをもって、本当にレコーディング作業がすべて完了です。
もちろん、同時進行でジャケットの校正なども進め、そちらも同じ日に終了したので、本当にこれでみなさんにお届けする事ができます。
 
毎回のことですが、レコーディングにはいろんな出来事が起こり、その都度苦労するのですが、出来上がったものに「やりきった!」という満足の中に、必ず「あそこはああすればよかったかな?」とか「ここは、こっちのほうが良かったのか?」という少しの疑問も残ります。
そんな疑問こそが、次への活力になるのですから、悪いことでは無いと思います。
 
しかし、マスタリングが終了した段階は、やっぱり、出来上がったことが嬉しくて、笑顔いっぱいになります。
 
ーーー
 
ウェイウェイさんも、すべてのレコーディングを終えて、「やりきった!」という気持ちでいっぱいのようでした。
 
アルバム「Reborn」以来、ずっと同じマスタリングエンジニアの方にお願いしています。
 
もうすっかり、ウェイウェイさんのことをご理解いただいているので、作業自体は比較的スムーズに進みました。
 
曲順通りに、1曲1曲丁寧に、聞いていきます。
 
本当に、最後の最後の作業なので、大きなスピーカーで大音量で聞いたり、ちいさなラジカセのようなもので聞いたりして、全体をまとめていきます。
 
CDを聞く人たちは、自宅で聞いたり、車で聞いたり、オーディオマニアの方もいれば、携帯やパソコンで再生したりと、それぞれなので、多くの方たちに満足してもらえるようにと、心を砕きます。
 
 
みなさん、あまり意識されていないかも知れませんが、曲と曲の間の時間も、とても気を使います。
 
CDをパソコンやケータイに取り込んで聞かれている方が多いので、それほど重要と思われないかも知れませんが、送り手側は、とても気にします。
というのも、それぞれの曲が終わって、その余韻の中で、次の曲が始まるのですから、その「間」はとても重要だと思っているからです。
 
今回も、ウェイウェイさんが1曲1曲聞きながら、曲間を決めました。
 
「この曲のあとは、少し長めに開けたいです」
「この曲のあとは、すぐに次の曲に入りたいです」
と、細かく決めていきます。
「0.1秒」単位で、決めます。
時には曲間「0」もあります。
 
ーーー
 
そうやって、全て出来上がったCDを、一度自宅に持ち帰り、いつもウェイウェイさんが聞いている環境で聞いてみて、最終的にOKであれば、それがそのままCDになって世の中にお披露目されるのです。
 
新しいCDができるたびに、みなさんにお願いしていることですが、ご購入いただいたCDを初めて聞くときは、ぜひ、曲順通りに聞いてみてください。
自分のお気に入りの曲から聞きたい気持ちはわかりますが(笑)、映画や小説などと同じように、CDも、始まりがあり、エンディングがあります。
 
今回のアルバムのタイトルは「扉」です。
ウェイウェイさんが開く、新たな「扉」を、ジャケットの写真やウェイウェイさんの思いを綴った文章と一緒に味わっていただけたら、とてもうれしく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2019.3.6)
 
 

« ウェイウェイさん IN 「この1週間のもろもろ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「マスタリング」:

« ウェイウェイさん IN 「この1週間のもろもろ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「3.11を忘れないチャリティーコンサート」 »