« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

ウェイウェイさん IN 「扉レコーディング」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第425回 ウェイウェイさん IN 「扉レコーディング」
 
 
421
※画像は4/21「扉」発売記念ライブのフライヤーです。
 
 
いやあ、もう明日で2019年の12分の1が終わってしまい、2月に入ります。
本当に早すぎて(速すぎて)、びっくりしてしまいますね(笑)。
 
さて、今回は春に発売のNew Album「扉」のレコーディングの模様をレポートします。
 
先日、メルマガのご愛読者の方から「プリプロって、なんですか?」と聞かれました。
確かに、「業界用語」なので、耳馴染みは無いですよね。
すいません。
「プリプロ」とは、「プリ」が「事前の」とか「前準備」。
「プロ」は「プロダクション」の略で「制作」です。
映画などでも使われる言葉ですが、 レコーディングで言うと、本番の録音制作の前準備ということです。
 
もう、昨年から「プリプロ」をずっと重ねてきて、いよいよ本格的なレコーディングに入りました。
プリプロの段階では、「こんな感じ」とか「あんな感じ」とやり取りを重ねていき、当然、やり直したり、変更したりいろいろと試すのですが、本番のレコーディングでは、基本的に「やり直し」やその場での「変更」はできません(多少の変更はあったりします)。
なにしろ、その録音を元に、みなさんにお届けする「最終型」なわけです。
 
ーーー
 
レコーディングにはいろいろなやり方があるのですが、基本的には、「オケ」を作って、最後に「歌」や「二胡」を入れます。
なので、「本格的にレコーディング突入」はしましたが、まだ、ウェイウェイさんの出番は「仮歌」や「仮二胡」です。
 
しかし!
「仮」が付いていますが、当然手を抜いたりはしません。
何しろ、ピアノやギター、ベース、ドラムなどなど、ミュージシャンの方たちが、どんな演奏をするのかは、最終的な完成形を予想しながら演奏するので、「仮二胡」でもとても重要です。
当然、ウェイウェイさんも「本番モード」です。
実際、これまでも、「仮二胡」で録った録音がそのまま使用されることも良くあります。
 
今回も、ウェイウェイさんは気合入りまくりでした。
 
レコーディングの段取り上、朝一番に録ったのは、ウェイウェイさんの「歌」の曲でした。
午前中は、声が出ない(実際に出ないという意味ではありません・笑)ので、歌から録ることは少ないのですが、そこは、ウェイウェイさん、早起きをして準備し、自分でブレンドした中国茶と蒸気の出るマスクで喉を潤し、準備万端、朝イチから絶好調でした。
 
ーーー
 
もちろん、歌の後は二胡を弾き、曲がどんどん形を作っていきます。
そうです、「例によって」の「私の役得」です(笑)。
何度も何度もプリプロを重ね、ついに形を表し始める。
もちろん、この後、録った音をさらにMIXして、最後に「マスタリング」という作業まで最終的にみなさんにお届けするには、長い道のりがあるのですが、少しずつ見えてくる「頂上」に期待が膨らみます。
 
朝早くから遅い時間まで、レコーディングは続きました。
 
その疲れが出てしまったのか、翌日は少し体調を崩してしまったウェイウェイさんですが、まだレコーディングは始まったばかり。
ウェイウェイさん一流の「気合」で、すぐに復活しました!
 
ーーー
 
現時点では、まだ詳しい曲の内容までご報告できないのが残念ですが、全貌は徐々に明らかになります!
 
次週も、レコーディングのレポート第2弾を予定していますので、ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2019.1.30)

2019年1月16日 (水)

ウェイウェイさん IN 「オープンマイク」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第424回 ウェイウェイさん IN 「オープンマイク」
 
 
 
421
※画像は4/21「扉」発売記念ライブのフライヤーです。
 
 
2019年に入って、今日はもう、1月の後半へ突入しました。
あっというまに今年の24分の1が過ぎたということです(笑)。
気がついたら、「もう今年も終わりだな〜」なんて言っている自分が容易に想像できます(笑)。
 
さて、新しい年に入って、精力的にレコーディングのための準備をしているウェイウェイさんですが、もちろん、レッスンもスタートし、先日は「武蔵小山にある古き良き上海の雰囲気が漂う」「ウェイウェイズカフェ」の今年初の「オープンマイク」イベントがありました。
 
なんと、過去最多の参加者で、大いに盛り上がりました!
 
ソロあり、デュオあり、トリオあり、
そしてアコーディオンとのコラボもありました!
 
あとでウェイウェイさんから聞いたのですが、初参加のアコーディオン奏者の方から、こんなコメントをいただいたそうです。
「みなさん、綺麗な方ばっかりですね〜!」
(ちなみに、男性参加者もいました・笑)
ウェイウェイさんも、「参加者の皆さんを見て、全員、とっても素敵な笑顔をされながら、イベントを楽しんでいる様子が印象に残りました」と言っていました。
 
さらに、
「最高なエンタテイメントは、人々を幸せにする!」という映画「The Greatest Showman」からの名セリフがあります。
「音楽を最高に楽しむことは、人々を綺麗にする!」と、ウェイウェイさんは思ったそうです。
そして、新年にあたって
「これからも、楽しく音楽を奏で、綺麗に、人生を謳歌することを心に決めました!」
と言っていました。
 
ーーー
 
面白かったのは、みなさんがどんどん演奏してく中で、楽しそうに見ていたウェイウェイさんが「うずうず」しているのが分かったときでした(笑)。
毎回、オープンマイクの時は、「ウェイウェイズ・カフェ・バンド」が演奏するのですが、今回は最多の参加者だったので、もちろん、参加者優先のためなかなかウェイウェイさんの出番がありません。
 
後半、もう演奏終了の時間が迫った時、ウェイウェイさんが
「もう、我慢できません〜!」
と言って、登場しました(笑)。
 
これからレコーディングに入る予定の新曲「星の約束」を演奏し、とても嬉しそうな笑顔でした。
 
そして、超無茶振りで、参加者に呼びかけて、心弦二胡教室定期演奏会で演奏された「エンターテイナー」を、ウェイウェイさんも一緒に演奏しました。
 
その場で、参加した人たちのパートを確認し、ウェイウェイさんは各パートを渡り歩きながら(笑)の演奏。
とても楽しい「コラボ」となりました。
 
そしてそして、最後には、やはり定期演奏会で演奏した「The Greatest Show」を、参加者全員で演奏し、とても盛り上がって終了しました。
 
もしかしたら、前述の通り、「音楽を最高に楽しむことは、人々を綺麗にする!」という気持ちだったのかもしれませんね。
 
ーーー
 
さて、今年も本格的にスタートしました。
 
これからも、いろいろな企画で盛り上がるウェイウェイズ・カフェ。
もちろん、今年はCDのリリース後にはツアーも実施しますので、各地でたくさん演奏し、お客さんと一緒に「音楽を最高に楽しむことは、人々を綺麗にする!」を合言葉にしていきたいと思います。
 
ぜひ、綺麗になりたい方は、ご参加くださいね!(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2019.1.16)

2019年1月 2日 (水)

ウェイウェイさん IN 「2019年」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第423回 ウェイウェイさん IN 「2019年」
 
2019
※画像は今年の年賀状です。
 
 
明けましておめでとうございます!!
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
さあ、2019年が始まりました〜!
みなさんは、どんな目標を定めましたか?
私の今年の目標は、「笑顔」です(笑)。
新年早々、どうやら風邪をひいたようで、昨夜から鼻水とくしゃみがとまりませんが、それも楽しんで、くしゃみするとすぐに笑うようにしています(笑)。
 
ーーー
 
さてさて、今年のウェイウェイさんですが、やっぱり「扉」です。
 
早速明日から、本格的なプリプロです。
ほぼ、全曲アレンジもまとまりました。
来月上旬までにすべてのレコーディングを終えて、リリースを待つことになります。
 
ボーナストラックを含めて、全12曲を予定しています。
プリプロやレコーディングの模様は、その都度レポートしていきますのでご期待ください!
 
もちろん、リリース後には各地でのライブを予定していますので、お近くに行った際にはご来場をお待ちしております!
ライブ情報は順次発表しますので、メルマガのチェックをお忘れなく!
 
ーーー
 
今年が、みなさんにとって素晴らしい年になりますように!
 
ウェイウェイさんと一緒に、それぞれの新しい扉を開いていきましょう〜!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2019.1.2)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30