« ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「国慶節イベント」 »

2018年9月26日 (水)

ウェイウェイさん IN 「PiaNiko 8th Live」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第409回 ウェイウェイさん IN 「PiaNiko」
 
 
 
181217
※画像は12/17(月)日本橋三井ホールでのコンサートフライヤーです。
 
 
今回は、昨日行われた、PiaNiko 8th Liveの模様のご報告です。
 
昨年の10月末に実施して以来、ほぼ1年ぶりとなったPiaNikoですが、「『美熟女』二人がピアノと二胡で、時に寄り添い、時に闘いながら奏でる旋律は、特別な時間をみなさんにお贈りします」という謳い文句さながらに、やはり、とても素晴らしいライブになりました。
演奏やTALK全部とても「いい感じ」で、このブログの書き手としては、「閑話休題」的なご報告ができず、それを期待しているみなさんには「申し訳ありません」(笑)。
 
本番前の楽屋で、ウェイウェイさんと西村由紀江さんがTALKの内容打ち合わせをしている時に同席したのですが、西村さんから、「どう思いますか?」と聞かれ、私が「良いと思いますし、時折、妙に噛み合わない会話もとても面白いので、大丈夫だと思いますよ」と、「閑話休題ネタ期待」を込めて言ったところ、西村さんから
「私たちは、うまく噛み合っていると思っていますよ」
と、微笑みながら言われてしまいました(汗)。
ウェイウェイさんも笑顔で、「美熟女二人」の微笑みの奥の迫力に恐縮(恐怖?!)してしまった私でした(汗・汗)。
 
ーーー
 
今回のライブのテーマは
「PiaNiko上海公演(予定)記念プレライブIn渋谷」
でした。
 
言うまでもなく、上海はウェイウェイさんの故郷でありルーツ。
西村さんは一昨年、上海で単独ライブを成功させて、「大好きな街」と言っています。
PiaNiko結成当初から、「上海でも演りたいよね!」とずっと言っていて、なかなか、実現できていないのですが、近い将来実施する方向で考えています。
なので、だいぶ気が早いですが、今回のライブのテーマを上記にしたのでした。
 
2部構成のライブだったのですが、そのテーマをもとに、第1部を「上海公演だったらこの曲目」という選曲でした。
 
導入は、PiaNikoの定番となりつつある「リンゴ追分」からでしたが、その後は中国。
もちろん、衣装はふたりとも真っ赤なチャイナドレス!
二胡の名曲「燭影揺紅」、続いて中国の方なら誰もが知っている「菊花台」をまず演奏しました。
ウェイウェイさんのライブではよく演奏している曲ですが、PiaNikoで演奏するとだいぶ雰囲気が変わります。
特に「燭影揺紅」は、蝋燭の炎に揺れる女性の踊る影が見えるようで、実際に演奏している「美熟女」二人がまさしく踊っているようでした。
 
続いて演奏されたのは、中国でも放映され、人気を博し西村さんが音楽を担当した「101回目のプロポーズ」から2曲、続けて「女人花」「ラスト・エンペラー」と、きっと、「上海公演」で演奏されたら「大喝采」される曲目ばかり。
 
実は、昨日のライブでは、いつもご一緒しているピアノの森丘さんが見に来てくれたのですが、終演後最初に言ったのが
「『女人花』が西村さんが弾くと、ちゃんと女性になりますね」
という言葉でした。
それを聞いたウェイウェイさんはすかさず
「森ゴンも次は、女装して『女人花』を弾いてください」
でした(笑)。
 
個人的感想で恐縮ですが、森丘さんの女装は見たくありません(笑)。
 
そして、第1部最後には、中国で誰もが知っている「祝福」を、なんとPiaNikoでは初の、ウェイウェイさんが「歌」で披露しました。
歌う前、ウェイウェイさんが詞の内容を説明したのですが、いざ始まる前、ウェイウェイさんにしては珍しく「とても緊張して、手に汗をかいています」と言いました。
でも、始まってみれば、さすがに堂々としていて、二胡だけではなく、西村さんのピアノに寄り添った素晴らしいものでした。
 
ーーー
 
休憩後、2ndは「いつものPiaNiko」に戻っての選曲でした。
「リベルタンゴ」から始まり、「JIN」、そして、西村さんがPiaNikoのために作曲した「夢の扉」、ウェイウェイさんのオリジナル「Dancing Seven」と続きました。
 
「夢の扉」の時に、西村さんが「ウェイウェイさんの最近の夢は・・・」という話になり、ウェイウェイさんが「恥ずかしいです」と言って、明かさなかったのですが、「Dancing Seven」が終わって、西村さんのソロコーナーで、ウェイウェイさんがステージからハケた時にバラされました。
 
ウェイウェイさんの最近の夢は「宇宙旅行」です。
それを、西村さんは「とてもウェイウェイさんらしい」と言い、「宇宙空間で二胡を聞いてみたい」と言っていただきました。
楽屋では、ウェイウェイさんが西村さんに「由紀江さんも一緒に行きましょう」と言ったようですが、「宇宙空間」にピアノを持っていけるのかどうかは、少し疑問ですね。
でも、無重力状態で「PiaNiko」の演奏を聞いてみたいと思った私でした(笑)。
 
その後、西村さんソロで「祈り」、ウェイウェイさんソロで前日の「中秋の名月」にちなんで「荒城の月〜月の砂漠」、二人に戻り西村さんの「少女が見たもの」が演奏されました。
 
そして、本編最後には、二人の「ルーツ」である「クラシック」の名曲「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」が演奏され、大喝采。
もちろん、大きなアンコールを求める拍手でした。
 
アンコールでは、「中国」に戻り、二胡の名曲「賽馬」で締めくくられました。
 
ーーー
 
終演後、多くの方がCDサイン会に参加していただき、一人ひとり丁寧に、二人でサインをし、無事に全て終了しました。
 
帰り支度をしながら、二人で、「また近い内に演りましょう」と誓いあい、「もちろん上海でも!」という会話で、帰路につきました。
 
もう一つご報告を。
 
来春発売予定のウェイウェイさんのNew Albumには、西村さんに楽曲提供をお願いしています。
PiaNikoは「美熟女二人」のユニットですが、ウェイウェイさんのオリジナルアルバムに提供される西村さんの楽曲はPiaNikoとは少し違うテイストになると思います。
それも、とても楽しみです。
 
まだ、「PiaNiko 9th Live」は決まっていませんが、近い将来実施されるので、ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.9.26)  

« ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「国慶節イベント」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/74275207

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「PiaNiko 8th Live」:

« ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「国慶節イベント」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31