« ウェイウェイさん IN 「チャイナフェスのリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 »

2018年9月12日 (水)

ウェイウェイさん IN 「上海のイベント下見

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第407回 ウェイウェイさん IN 「上海のイベント下見」
 
925pianiko2
※画像は9/25PiaNiko 8th Live のフライヤーです。
 
今回は、10月に予定されている上海でのインナーイベントの会場下見のご報告です。
 
10月下旬に、上海の歴史ある建物で、建築関係の方々をご招待してのインナーイベントが実施されます。
ある方が、昨年のウェイウェイさんの「上海音楽庁」でのコンサートをご覧になって、とても感動し、「ぜひ、上海の歴史的な建物の中で、建築関係の方々をご招待して、ウェイウェイさんの二胡のスタイルを聞いてほしい」と、企画されたイベントです。
 
しかも、会場は、ウェイウェイさんの母校でもある「上海音楽学院」の「付属小学校」内の建物で、蒋介石ゆかりの建物です。
 
さらに、やはり同じ方のご紹介で、上海の新進気鋭のファッションデザイナーさんによる衣装も提供されます。
今回は、その会場の下見と、ファッションデザイナーさんとの打ち合わせ&採寸のために上海に行ってきました。
 
ーーー
 
私はウェイウェイさんのマネージャーになって今年が10年目。
ほぼ毎年上海に行っていて、時には年に何度か行ったこともあり、当然10回以上行っています。
行くたびに新たな発見があるのですが、本当に、毎回「変化」しているのを感じます。
 
10年足らずでその変化に驚いているのですから、生まれ育ったウェイウェイさんにとっては、なお一層の驚きと同時にいろいろ複雑な思いだと思います。
 
今回は、建物が新しくなったり、「半年前に来たときと街並みが変わっている」というような「ハード面」の変化は、あまり感じませんでした。
今回私が一番感じたのは、「ソフト面」の変化でした。
とても感じたのは、まず、街が静かだということです。
以前、ほんの数年前までは、街中で車のクラクションが響いていたのですが、ほとんど聞こえてきません。
通りゆく人たちの話し声も以前よりずいぶん静かになりました。
 
そして、トイレ(笑)。
初めて上海に行った時には、泊まったホテル以外のトイレはどこも、あまりきれいとは言えませんでしたが、今回は、一度もそんな思いをしませんでした。
逆に、とてもきれいで、びっくりするほどでした。
 
もう一つ。
5年ほど前に行った時、どうしても私の好物のスパゲッティが食べたくなって、ウェイウェイさんにわがままを言って、ある高級ホテルのスパゲッティを食べたのですが、正直言って、「焼きうどん」のようなスパゲッティでした(笑)。
でも、今回は、同じ店ではありませんが、注文したスパゲッティは、とても美味しく、麺も「アルデンテ」で、十分満足できるものでした。
 
なんとなく、初めて行った上海が懐かしくなってしまって、ウェイウェイさんの真似ではありませんが(苦笑)、複雑な思いを体験しました。
 
ーーー
 
さて、本題に戻ります。
 
上海に到着して、まずはファッションデザイナーさんのご自宅へ。
上海市街から車で1時間弱かかる郊外の、とても素敵な街並みに住んでおられました。
聞いたところによると、上海の富裕層の別荘地とのこと。
その方は、市街地での生活があまり好きではなく、閑静なその別荘地で仕事をしているそうです。
 
お会いしてみて、びっくり。
とてもお若く、いわゆる「ファッションデザイナー」というより、どちらかというとスポーツ選手のような方でした。
 
来月のイベントの主催の方とご一緒したのですが、当然、会話はすべて中国語。
残念ながら私には何を話しているのかさっぱり分かりませんでしたが、時折、ウェイウェイさんが通訳をしてくれて、なんとなく「概要」は掴んだつもりです(笑)。
 
今回の企画されているイベントで着る衣装なので、(多分)歴史と現代を融合させたスタイルになりそうです。
デザイナーさんがスケッチを書いてくれたので、私にもどんな感じになるのか、大体分かりました。
さらに、ウェイウェイさんの演奏スタイルを分かっていただくために、昨年のライブの映像などを見ていただき、立奏のためのホルダーについても話しました。
 
最終的にどんな衣装になるかは、現段階では分かりませんが、今からとても楽しみです。
 
ーーー
 
その翌日には、会場を下見しました。
 
「上海音楽学院」の付属小学校内の建物なので、当然、グランドピアノがありました。
歴史的な建物で、その建物内の会場となる部屋は、おそらく、パーティなどに使用されていたのだと思います。
中央に大きな暖炉があり、楽に200人位は入る部屋です。
 
面白かったのは、他の「小部屋」がいくつもあるのですが、その部屋の中は見られませんでしたが、それぞれの部屋からはいろんな楽器の音が流れていました。
多分、音楽家を目指す子どもたちがレッスンをしていたのだと思います。
 
心なしか、ウェイウェイさんも自身の昔を思い出したような、優しい笑顔をしていました。
 
さらにその翌日は日本に戻る日でしたが、その日も現地で音響などを担当している方ともう一度会場下見と打ち合わせでした。
慌ただしく動き回った2泊3日でした。
 
ーーー
 
残念ながら、今回はあくまで「インナーイベント」なので、「ぜひ来てください」とお誘いできません。
ピアノの森丘さんとギターのファルコンさんとのトリオで演奏してきます。
その模様は、後日、ここでご報告しますので、今回はそのレポートをお楽しみに!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.9.12)  
 

« ウェイウェイさん IN 「チャイナフェスのリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/74196075

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「上海のイベント下見:

« ウェイウェイさん IN 「チャイナフェスのリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「高松イベント」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31