« ウェイウェイさん IN 「ワールド・ミュージック・ナイト5」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「怒涛の1週間」 »

2018年6月20日 (水)

ウェイウェイさん IN 「カフェでのゲスト〜いわきでのイベント出演」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第395回 ウェイウェイさん IN 「カフェでのゲスト〜いわきでのイベント出演」
 
11
※画像は7/27二胡の実験室Vol.5「映画音楽」のフライヤーです。
 
 
この1週間、毎日いろいろと活動していましたが、まず土曜日にはWeiWei's Cafeでの「なるほどザ二胡ワールド」のご報告。
 
心弦二胡教室で講師を務めるセバスチ・ヤンさんとフモジェンヌさん(もちろん、どちらも「芸名」です・笑)のライブにゲスト出演しました。
ライブは、「カナダからの手紙」から始まり、世界各地の国名や地名が入っている曲を次々に演奏するというコンセプト。
本編最後には「スペイン」を演奏し、無事に終了してアンコールでウェイウェイさんがゲスト出演しました。
 
アンコールの1曲目は、なぜか地名・国名とは全く関係のない「リベルタンゴ」を演奏しました。
というのも、中華圏の旧暦ではその日が「端午の節句」だったからです!(笑)
日本では「かしわ餅」を食べるのが一般的ですが、中華圏では「ちまき」を食べるとのことでした。
もちろん、ウェイウェイさんのお母様手製の「ちまき」も用意されていました。
 
伴奏音源無しで、ウェイウェイさん、セバスチ・ヤンさんの二胡と、フモジェンヌさんのカホンだけの演奏。
とても素晴らしい出来栄えで、打楽器と二胡だけというのも良いものだと感じさせられました。
 
そしてもう1曲、こちらはコンセプト通り、「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」をノリノリで演奏。
もちろん、会場全体盛り上がり、無事にライブは終了しました。
 
後述しますが、終演後福島・いわきへの移動の際、ウェイウェイさんが言っていました。
「こうして、二胡愛好家の方が講師になって、そしてカフェでライブを演るということは、『二胡をメジャーに』ということが確実に進んでいると感じて、とても嬉しいですね。
これからも、カフェが二胡を愛する人たちにとって、もっと楽しめる場所になっていくといいですね 」
 
ーーー
 
カフェライブの楽しみの一つは、終演後の打ち上げ。
その日の出演者とお客様がいっしょに、その日にちなんだ特別メニューや紹興酒を楽しみます。
ただ、その日は残念なことに、翌日のいわきでのコンサートのために「前乗り」だったので、ゆっくりお話できませんでした。
 
東日本震災の翌年から始まったチャリティコンサートで、お昼から夜までの「ミュージックマラソン」です。
なので、朝一番からのリハーサルのため、前日入りしました。
 
「音楽の力で心の復興を」を目標に、地元の方々が手作りで続けてきた素晴らしいイベントです。
第7回を迎え、「一区切り」ということで、「ミュージックマラソン ラストラン」と題されました。
主催者の方から、是非にとお誘いを受け、ウェイウェイさんも震災翌年からほぼ毎年いわきを訪れていて、もちろん喜んで参加させていただきました。
 
深夜1時過ぎに現地に到着し、翌日は朝9時過ぎからリハーサルでした。
多くの出演者がいるので、リハーサルもあまり時間を取れません。
それでも、ほぼ順調に進行し、最後の「出演者全員参加」の楽曲もリハーサルしました。
 
リハーサル終了後、本番の出演時間は午後5時過ぎ。
イベントでは良くあることですが、5時間以上の待機です。
 
しかし、そこはウェイウェイさん。
ピアノのある楽屋を用意していただき、森丘さんと7月の「二胡の実験室〜映画音楽」のリハーサルをやりました。
こちらのライブも、今からとても楽しみです。
 
そして、コンサート本番。
 
1曲目は「Legacy」。
森丘さんがシーケンサーからリズムを出して、いきなり盛り上げます。
ウェイウェイさんも、まずは中国語でご挨拶しました。
リズムに乗って「Hey Hey」と、多くのお客様は「二胡だよね?!」と戸惑い気味。
しかもウェイウェイさんがそのリズムに乗っての中国語のご挨拶がその戸惑いを更に増幅します。
しかし、少し喋ってから
「大丈夫です〜。日本語喋れます〜」
と言うと、会場から笑いと「安堵感」。
ウェイウェイさんと森丘さんといっしょに、右手を突き上げて、大盛り上がりでした。
 
その後お得意の「オヤジギャグ」。
「JIN」を「ジーンとくる曲」と紹介して、また笑いを取りました(笑)。
 
次には「SAKURA/17」を演奏しました。
というのも、震災の翌年、初めてのいわきでのライブの時、地元の方といっしょに桜を見に行きました。
ウェイウェイさんには、その時の印象がとても強くあり、震災と桜、そしていわきという場所に特別な思いがあります。
その時の気持ちをTALKで話して、しみじみと演奏されました。
ウェイウェイさんの演奏後、地元局でMCをされている方も、袖で涙を流したと言っていました。
 
次には「月光」を演奏しました。
演奏後客席から「ブラボー!!」と大きな声がかかり、最後には「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」を演奏し、会場全体が手拍子。
もちろん、途中の「ブレイク」での遊びもあり、客席からの大喝采で終演しました。
 
コンサートの最後には、出演者全員で2曲演奏し、コンサートは無事に終了しました。
 
終演後、出演者の方たち、イベントを主催された方たちとの打ち上げでした。
その翌日も朝に東京で用事があったので、2日連続でゆっくり打ち上げに参加というわけには行きませんでしたが、とても充実した時間を過ごしました。
 
その後、前日と同じように夜のドライブで、東京にはこれまた前日同様午前1時過ぎに到着しました。
 
ーーー
 
上記以外にも、この1週間は、すでに来年リリース予定のCDの打ち合わせが始まっています。
まだまだどんなルバムになるかは決め込まれていませんが、今年はツアーを実施していないので、じっくりと、例年以上に早くから準備ができそうです。
 
こちらに関しては、徐々にご報告していきますので、ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.6.20)  
 

« ウェイウェイさん IN 「ワールド・ミュージック・ナイト5」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「怒涛の1週間」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/73716822

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「カフェでのゲスト〜いわきでのイベント出演」:

« ウェイウェイさん IN 「ワールド・ミュージック・ナイト5」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「怒涛の1週間」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31