« ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来日記念日」 »

2018年4月25日 (水)

ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第387回 ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」
 
Photo
※写真は5/11(金)「二胡レジェンドfrom日本〜坂下正夫の二胡の世界」のフライヤーです。
 
 
この1週間のウェイウェイさんは、「オープンマイク」や「二胡の実験室Vol.3」や「たけのこ祭り」、もちろんレッスンもあり、超多忙の日々でした。
今回は、そのご報告です。
 
まずは、「オープンマイク」のご報告から。
 
WeiWei's Cafeの新店長の発案で実施された「オープンマイク」のイベント。
「オープンマイク」と聞いて、正直言って私は「なにそれ?」という感じでしたが、「知らない」と言えず、こっそりググってみました(笑)。
すると、ウィキペディアにこう書かれていました。
「オープンマイク(英語: open mic)とは「店のマイクを、飛び入りの客に開放する」あるいは「客が店のマイクを使って、音楽の演奏や歌唱、詩の朗読、寸劇、お笑いのネタ披露、手品、紙芝居などのパフォーマンスを行えるという営業形態(の店)」のことである」
 
「なるほど」面白そうです。
 
実際、本当に楽しいイベントになりました。
「予約制」ではないので、何人くらいのお客様が来るのか、正直不安でした。
当たり前ですが、少ないと盛り上がりに欠けるだろうし、多すぎると入りきれません(笑)。
 
結果としては、ちょうどいい人数でした!
参加された方たちも、本当に楽しそうで、とても盛り上がり、「ぜひ恒例にしましょう!」と、すぐに決定!
「毎週第3水曜日はオープンマイクの日」で決定です。
 
オープニングアクトは、これも店長発案で、「WeiWei's Cafe Band」が結成されました。
メンバーはカホンの店長、ギター天山透、Vo&ギターのクミ、そしてスペシャル(友情出演)のウェイウェイ・ウーという、超豪華メンバー!
こちらも「恒例」として、毎回オープニングアクトを務める(予定)ことになりました!!
 
当日、お客様を迎える開店前に、簡単に4人でリハーサルをしました。
演奏したのは、椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」。
店長の選曲で、クミさんもお気に入りの曲。
天山さんは「知ってはいるけど馴染みがない曲」でウェイウェイさんは「知らない曲」でした。
 
リハーサルを開始すると、ウェイウェイさんはいきなりの「本気モード」。
細かく、他のメンバーにいろいろと指示します。
天山さんが「いや、気楽に演奏するのが目的だから、適当にやりましょう」と言うと、ウェイウェイさんは
「駄目です。やるからには本気でやらないといけません」
と、厳しいお言葉。
特に、最後の「決め」にはこだわって、リハーサルを終了しました。
 
そして、本番。
定刻になって、店長の挨拶の後早速演奏されました。
もちろん、大盛り上がりでした。
ただ、次に演奏する人にとっては、少々ハードルが上がってしまったようで、「次は私!」とだれも立候補しません。
そこで、店長が馴染みのお客さんに「トップバッターはぜひ男性で!」と指名して、その方が、
「楽しいことをするのに、なぜ緊張するのか不思議に思っていますが、その緊張も楽しんで演奏したいと思います」という、素晴らしいTALKをしてから、演奏しました。
そのおかげもあり、その後は、次々に「オープンマイク」」を楽しんでいました。
 
そして、もちろん最後には全員で「20th」を演奏して、さらに閉店時間までその余韻の中美味しいお酒の場が出来上がり、店長から「毎月第3水曜日に実施したいと思います」と高らかに宣言されて、無事「第1回オープンマイク」は終了しました。
 
こんな楽しいイベントが作れる「WeiWei's Cafe」は本当に素晴らしいですね!
 
ーーー
 
続いて、「二胡の実験室Vol.3〜Jazz編」のご報告です。
 
いやあ、もうこれは「言葉に出来ない」ほどの素晴らしいライブでした。
二胡という楽器で「Jazz」を奏でる。
伝統楽器だからこそ、日本の伝統楽器の三味線や尺八などでもそうだと思いますが、やはりどうしてもその範囲を超えるのは、難しいと思われがちです。
しかし、やはり「音楽は自由」なものですね。
伝統は伝統で、もちろん素晴らしいものですが、そこに縛られてばかりだと「これから」を楽しめなくなってしまいます。
アンサンブルやグルーヴ感、さらに伝統楽器の持つ「ピッチ感」など、自由であると同時にそこを表現することは難しいのですが、だからこそ、その世界が作られたときにはとても大きな感動が生まれます。
 
ピアノ(キーボード)の森丘ヒロキさんと奏でられた音楽に、とても自由で羽ばたく世界観が繰り広げられました。
森丘さんがTALKでしみじみと言いました。
「いやあ、やはりウェイウェイさんが弾くと、本当に素晴らしいですね!」
今回のライブはこの一言に尽きると思います。
それに応えて、ウェイウェイさんが言いました。
「伝統的なことももちろん大切ですが、こうやって、とても自由に、二胡はJazzも奏でられる楽器だということを、多くの人に知ってもらいたいし、もっと多くの人が演奏できるようになると良いと思います」
 
これこそが、今回の「二胡の実験室」の目的なので、より多くの方にそのことを知ってもらいたいと強く思いました。
 
この項最後に、当日のセットリストをご紹介します。
M1.Spain
M2.Smoke Gets In your Eyes
M3.Misty
M4.You'd be be so nice to come home to
M5.Smile
M6.Moanin
M7.Days of Wine and Roses
M8.The Shadow of Your Smile
M9.What a Wonderful World
M10.Take Five
M11.Someone to watch over me
M12.Fly me to the moon 
 
ーーー
 
だいぶ長くなったので、最後に「たけのこ祭り」のご報告を少しだけ。
 
毎年恒例の、ウェイウェイさんの地元「武蔵小山」での「たけのこ祭り」。
毎年主宰している「心弦二胡教室」の方たちと出演しています。
 
武蔵小山のテーマ曲も演奏しているウェイウェイさん。
とても地元の方たちに愛されています。
 
まずは、心弦二胡教室有志による「365日の紙飛行機〜有頂天ホテル」が演奏され、その後ウェイウェイさんによる「JIN」が演奏されました。
そして、その後、また別の有志の方たちといっしょに「情熱大陸」が演奏され、最後には出演者全員で「20th」が演奏されました。
 
今年の「たけのこ祭り」は、晴天に恵まれ、というか初夏とも言えるような暑さで、お客様もとても多く、たくさんの方たちに演奏を聞いていただきました。
私の見ていた直ぐ側に居たお客様が
「へ〜、二胡を立って弾くんだ・・・」
と言っていたのが印象的でした。
 
屋外での二胡の演奏、出演者のみなさんもお客さんもとても楽しそうで、終演後はとても楽しくビールと紹興酒で乾杯をし、これまたとても楽しい一日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.4.25)  
 
 

« ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来日記念日」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/73367380

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」:

« ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来日記念日」 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30