« ウェイウェイさん IN 「飯田橋の歩道橋 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」 »

2018年4月18日 (水)

ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第386回 ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」
 
 
180503
※写真は5/3「ウェイウェイmeetsルーツ〜来日27周年記念バイオリンLive」のフライヤーです。
 
 
今年は、「二胡の実験室」と題して、2月から毎月WeiWei's Cafeで、ジャンル別のライブを実施しています。
第1回(2月)が「フォーク編」、第2回(3月)が「歌謡曲編」でした。
今週金曜日には第3回(4月)「JAZZ編」が実施されます。
 
その「実験室」の目的は、このブログで何度もお伝えしていますが、多くの二胡愛好家の方たちに、いろいろなジャンルの名曲を、「ウェイウェイ・ウー流」のアプローチでご紹介し、より二胡の演奏を楽しんでもらいたいという気持ちから発案されたものです。
 
そして、それらの曲たちをレコーディングして、ライブに来た方はもちろん、来られなかった多くの方たちにご紹介しようという企画です。
どういう形でご紹介していくかなど、現在もろもろ詰めの状態ですので、決まり次第お知らせしますので、もう少しお待ち下さい。
 
先日、その第1回目の「フォーク編」のレコーディングが実施されましたので、今回はそのご報告です。
 
ーーー
 
と、その前に、少し「閑話休題」です。
 
このブログをご愛読されている方はご存じのことですが、ウェイウェイさんはかなり「天然」です(笑)。
良く言えば、「芸術肌」で同時に、「大陸的=小さなことにこだわらない」人なのですが、それは、言い方を変えると、少々「一般人」の常識から離れた所にいるということが良くあります。
 
つい先日、ウェイウェイさんはスマホを変えました。
これまで使っていたスマホの容量がいっぱいになり、動作が遅くなってしまったので変更しました。
新しいスマホに変えて、ウェイウェイさんと電話で話しました。
すると、ウェイウェイさん
「マネージャーさんの声が小さくて良く聞こえません」
と言われ、私は普通に聞こえているので、「こちらは大丈夫ですよ」と言うと、
「今、スピーカーで聞いたら、普通に聞こえます」
とのことで、普通に話ができ、要件はとりあえず済みました。
 
そして、昨日のことです。
ウェイウェイさんと会った時、ウェイウェイさんが、
「相変わらず、誰と話しても声が小さいんですよ!」
と、ウェイウェイさんは、とにかく良く聞こえないので、いろいろと設定をいじったりして、原因を探りながらかなりの努力をしたけれど、改善できずに相当ストレスになっていたようです。
 
新しくなったスマホを見せてもらいました。
すると!!!
 
私は思わず大笑いしてしまいました!
 
答えは超簡単でした!
単純にスマホの表面に貼る保護シートを、ウェイウェイさんは上下逆に貼っていて、耳に当てる部分をシールで塞いでしまったために、電話の相手の声が聞こえづらかったのです。
それだったら、スピーカーにしたら普通に聞こえるのも当然です(笑)。
 
もちろん、そのことを指摘すると、
「あははっははっはははっははは〜〜〜〜!」
と、大きな声で笑ってごまかされてしまいました(笑)。
 
ーーー
 
さて、本題に戻ります。
 
そんな「天然」のウェイウェイさんですが、もちろん、レコーディングの時にはその「芸術肌」が良い方向で発揮されます。
 
今回のレコーディングは、自身のオリジナル・アルバムではないので、いつものレコーディングとは少し違う部分に気を使ってのレコーディングとなります。
 
もちろん、オリジナル曲でも無いので、オリジナルの歌の良さを踏まえつつ、ウェイウェイさんならではの演奏をしなければなりません。
さらに、「多くの二胡愛好家」のための録音なので、「模範演奏」という部分にも気を使います。
当然、ウェイウェイさんの演奏力ならではの演奏でありつつ、同時に二胡愛好家の方への「お手本」となる演奏でなければなりません。
 
今回のレコーディングでは、いつもの、ピアノの森丘ヒロキさんと、「実験室・フォーク編」でお世話になったギタリストのファルコンさんと一緒でした。
その、ご一緒していただいたお二人にも、ウェイウェイさん同様の難しさを踏まえての演奏をしていただきました。
というのも、今回の企画では、二胡の愛好家の方だけではなく、その愛好家のお友達のピアノを弾ける方やギターを弾ける方たちと「一緒に楽しむ」ということが、一つの大切なテーマだからです。
 
ある程度二胡を弾けるようになって、それは「独奏」ではなく、「カラオケ伴奏」でもなく、「お友達と一緒に弾きたい」と思う人はとても多いと思います。
そんな方たちが、「音楽」の楽しさ、「仲間と一緒に弾く楽しさ」などをぜひ体験して欲しいと思っています。
 
なので、「プロレベル」の演奏でありつつ、同時にアマチュアの方たちが楽しめる演奏を目指す。
言うのは簡単ですが、実際に演るとなると大変なのは想像できると思います。
 
ーーー
 
それにしても、さすがでした。
今回の企画を念頭に置きつつ、二胡を弾く方、これから弾こうと思っている方だけではなく、単純にウェイウェイさん、二胡が好き、という二胡を実際に弾かない方たちも満足する録音になりました。
 
まだ、レコーディングは始まったばかりなので、これからいろいろな曲をいろいろなアプローチで録音していきます。
相変わらずの、「私の役得」で申し訳ないのですが、徐々にお知らせしていくのこれからのご報告をお楽しみに!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.4.18)  
 
 

« ウェイウェイさん IN 「飯田橋の歩道橋 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/73324019

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室フォーク編レコーディング」:

« ウェイウェイさん IN 「飯田橋の歩道橋 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「オープンマイク〜二胡の実験室Vol.3〜たけのこ祭り」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31