« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月17日 (水)

ウェイウェイさん IN 「閑話休題」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第374回 ウェイウェイさん IN 「閑話休題」
 
Img_9977
※画像は1/26「World Music Night 4」のフライヤーです。
 
 
先週のブログに書きました「二胡の実験室」へ多くのリクエストをいただき、本当にありがとうございます。
現在、日々ジャンルや曲目などを検討中なので、徐々にお知らせできると思いますので、少々お待ち下さい。
 
今日は、少し「箸休め」ではありませんが、最近めっきり減ってしまった「閑話休題」のことを書こうと思います。
 
私が、良くこのブログの読者の方々から褒められる時に言われるのが「閑話休題」に関してです(笑)。
いやあ、それにしても、本当に最近のウェイウェイさんは「言い間違い」が減りました。
相変わらず、少しずつはあるのですが、このブログでご紹介する程のことではありません。
 
先日、話の流れは忘れましたが、多分、WeiWei's Cafeのメニューで提供される「麻婆豆腐」の話題だったと思います。
ウェイウェイさんが、
「『かくしんざい』は身体に良いんですよね!」
と、自信たっぷりに言いました。
私を含め、そこに居た人たち全員が、「かくしんざい」とは何かを想像していたと思います。
 
もちろん、「ツッコミ担当」の私が一番最初に分かりました。
「ウェイウェイさん、『カプサイシン』のことですか?!」
 
はい、当然、ウェイウェイさんは大きな声で笑い飛ばしたことは言うまでもありません。
 
ーーー
 
少しだけ、過去の「閑話休題」をご紹介すると、個人的に、私の一番好きな「閑話休題」は「大納言」です(笑)。
 
数年前の冬、ウェイウェイさんが自動販売機で温かい「大納言しるこ」を買いました。
そこで、ウェイウェイさんが私に聞きました。
「これはなんと読むんですか?」
と、缶に書かれていた「大納言」を指差しました。
私は、「ウェイウェイさんが『大納言』という言葉を知らないのは無理もない」と思い、「それは『だいなごん』と読むんですよ」と言ったのをよく覚えています。
すると、ウェイウェイさん。
「これは『のう』ですよね。
なぜ『な』なんですか?
『だいのうげん』じゃないんですか?」
と聞くので、当然、私はその理由までは分からないので、
「なぜでしょうね?! 私にも分かりません」
と、普通に言うと、
「おかしいですよね。
これは
『納豆(なっとう)』の『のう』ですよね!」
 
これは、ウェイウェイさんを尊敬してしまうほどの表現だと、今でも思っています。
 
すでに「納」を「のう」じゃなくて「な」と読んでるし(笑)。
 
 
もう一つ、この時期になると思い出す「閑話休題」を。
 
先日、私は風邪をひいてしまいました。
インフルエンザではなく、微熱と軽い咳だけで済みました。
その時「葛根湯」を飲んだのです。
 
こちらも相当前ですが、ウェイウェイさんがある方の話題に触れて、こう言いました。
「マネージャーさん、『かっこんとう』って知っていますか?」
当然、私は「葛根湯」を知っています。
「はい、知ってますよ」
というと、
「○○さんは、昔『かっこんとう』をやっていたそうですよ!」  
 
その当時、すでにウェイウェイ語を結構勉強していたので、すぐに分かりました。
「ウェイウェイさん、それは『テコンドー』ですよね!」
 
 
もう一つ、車のナビが
「3km先に故障車がいます」
と言ったのを、
「え?!
3km先『二胡奏者』がいるって、なんですか?!」
 
 
ーーー
 
その他にも、「リズミカルでダンザブルな曲」を短縮して「リーズナブルな曲」とライブの本番で言ったりしているウェイウェイさん。
 
数は減りましたが、きっと今年も「話題提供」してくれると思います。
何と言っても、「感覚」で生きている人なので、それは「ある日突然」やってくると思います(笑)。
 
ぜひ、ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.17)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月10日 (水)

ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第373回 ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室」
 
Photo
※画像は2/11「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」のフライヤーです。
 
 
先週のブログにも書きましたが、今年は「二胡愛好家の方たちが、もっと上達できるように、全国的に圧倒的に少ない、二胡の先生の育成や、練習方法、二胡で奏でるとより美しい曲の紹介」がテーマの年となります。
 
これまで、オリジナルアルバムや教本などで本当にたくさんのジャンル、たくさんのカバー曲などを発表してきましたが、今年はさらに、多くの二胡愛好家の方たちが「弾いてみたい!」という曲、「こんな曲も素敵ですよ!」という曲をみなさんにお伝えしようと思っています。
 
「二胡の実験室」というタイトルで、WeiWei's Cafeにてライブを実施していきます。
 
第1弾は2/11に開催される「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」です。
ギタリストのファルコンさんと一緒に、日本のフォークソング集をお楽しみください。
 
もちろん、二胡を弾く方だけではなく、ウェイウェイさんの演奏が好き、二胡の音色が好きという方たちに喜んでいただけるようなライブになります。
 
ーーー
 
実はこの企画、数年前から有り、昨年実現に向けて始動されました。
ウェイウェイさんは常々言っていました。
「二胡がもっと『誰もが知っている楽器』になるためには、まず『曲』が大切」
 
「二胡と言えばこの曲」というような定番曲が必要だということと、もう一つ、二胡愛好家が「弾きたい」と思う曲を紹介することが大切です。
これまで、自身のオリジナルアルバムでもご紹介してきましたが、オリジナルアルバムではどうしても曲数が限られてしまいますし、初心者の方が演奏するのは難しい曲になってしまいがちです。
 
今回の企画「二胡の実験室」は、いろんなジャンルを決めて、ほぼ毎月、お客様の希望、要望を実現していくというものです。
さらに!
ここからが、多分、とても大変な作業になるのですが、その「二胡の実験室」で演奏された曲を定期的にCD化し、譜面を作成し、教則DVDも作っていくというものです!!
 
候補曲選曲→ライブ→曲目選定→録音→CD化→譜面化→教則DVD
という流れを作るという企画です〜〜!!
しかも、ほぼ毎月ジャンル別でやるのですから、もう、凄いとしか言えません。
(と言うか、本当に可能かどうか、私個人的には不安でいっぱいです・苦笑)
 
ーーー
 
前述のように、まず第1弾は「メロディアスなフォークソング集」です。
今後企画しているジャンルは
・映画音楽
・ミュージカル
・演歌
・童謡
・日本の昭和歌謡ポップス
・ロック・バラード集
・アジアン・フェイバリット・コレクション
・アニメソング集
・ジャズ
・クラッシックの名曲
などなどです。
 
あくまで、候補なので、これで決定ではありません。
ぜひ、みなさんからのご希望などお聞きして、
「この曲を、このジャンル集で演奏してください」
などのリクエストをいただけるととても嬉しく思います。
単純に、「自分で演奏したいから」という理由でご連絡いただいてもよろしいですし、「弾かないけれど、ウェイウェイさんの演奏を聞きたい」というリクエストも大歓迎です。
 
ぜひご連絡をお待ちしております!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.10)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月 3日 (水)

ウェイウェイさん IN 「今年の活動」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第372回 ウェイウェイさん IN 「今年の活動」
 
Img_0876
※画像は、ウェイウェイ・ウー手書きメッセージです。
 
 
2018年、明けましておめでとうございます。
今年も、「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」をよろしくお願いいたします。
 
今年最初のブログなので、ウェイウェイさんからのメッセージをご覧いただきました。
 
ーーー
 
ここからは、マネージャーからのウェイウェイさんの今年です。
 
 
と言いつつ、はい、まったく「予測不能」です(笑)。
 
事務的に言えば、分かっていることはあります。
でも、今現在分かっていることだけで済むウェイウェイさんではないことを、それ以上に分かっています(笑)。
 
ウェイウェイさん本人からのメッセージにありますように、一つだけお伝えするとしたら、ウェイウェイさんの今年の目標は、「二胡愛好家の方たちが、もっと上達できるように、全国的に圧倒的に少ない二胡の先生の育成や、練習方法、二胡で奏でるとより美しい曲の紹介」ということでしょうか。
(一つじゃないですね・笑)
 
毎年、情熱を持って、オリジナルアルバムをリリースして、「音楽家」としての自分を二胡で表現しているウェイウェイさんですが、同時に「二胡をメジャーに」というのがウェイウェイさんの最も叶えたい希望の一つです。
 
そのために、昨年の「Legacy」をリリースした直後から、言っていました。
「今年は『Legacy』を『受け継がれる』という気持ちでリリースしたからこそ、来年はもっと多くの二胡愛好家の方たちが『弾いてみたい』という曲を、より演奏しやすく教えていきたいと思っています」
 
そのために、今年はWeiWei's Cafeで、いろんな「実験ライブ」を予定しています。
第1弾は、2月11日にギターのファルコンさんと「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」です。
 
個人的にもとても楽しみです。
ぜひ、みなさん、ウェイウェイさんに「ぜひこんな実験的なライブをお願いします」というリクエストしてください。
全部を実現することは無理だと思いますが(笑)、無茶フリを含めてお待ちしています!
 
ーーー
 
今年第1回目のブログでした。
最初にしては少し短め(?)ですが、ウェイウェイさんが日本に戻ってきたら、またいろいろとネタを提供してくれると思います(笑)。
 
もう一度。
 
今年もよろしくお願いします。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.3)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年12月 | トップページ

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31