« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafeでのライブ」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第376回 ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafeでのライブ」
 
Photo
※画像は2/11「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」のフライヤーです。
 
つい先日「明けまして〜!」と挨拶していたのに、もう明日は2月です!
2018年の1/12(「十二分の一」とお読みください・笑)が終わります。
もう、本当に早すぎてびっくりしてしまいますね。
 
・・・ということを昨日ウェイウェイさんに言ったら、
「長くて、時間がなかなか過ぎないより良いことだと思ってください。
充実している証拠なので、時間が早く過ぎると感じることは良いことだと思います」
と言われました。
 
スーパー・ポジティブ・シンキング!
さすがです。
確かに、「つまらない」と思っている時間は長く感じて、「楽しい」時間は早く過ぎます。
ウェイウェイさんの「生き方の基本」のような気がします。
「せっかくだから、楽しいことをたくさんしたいと思います」
という言葉も聞きます。
嫌なことも毎日のようにありますが、嫌なことはあまり考えず、楽しいことを考えながら毎日を過ごしたいですね!
 
ーーー
 
というわけではありませんが(笑)、ウェイウェイさんは「何をやったら楽しいか」ということを毎日考えているようです(笑)。
 
その「楽しいこと」を、自身の自由になる空間「WeiWei's Cafe」で、次から次へと企画しています。
先週の「World Music Night 4」はもちろんのこと、来週末の4連続ライブ、毎月の2525Day、その他にもこれからどんどん発表されていきます。
 
そもそも、WeiWei's Cafeを開店した理由の一つが、「いつでも自分が思いついた時に自由に演奏できる場所を作りたい」でした。
本当にその通りになっています。
 
ご存じの方も多いと思いますが、ウェイウェイさんの二胡の兄弟子のジョージ・ガオさんとのライブの時は、なんと1週間前にファイスブックで発表して実施されました。
通常では有りえません!(笑)
 
その時の状況は、ジョージ・ガオさんがたまたま来日して、WeiWei's Cafeでウェイウェイさんと小籠包を食べながら旧交を温めていて、
「せっかくだから、日本にいる間に『何か』やりましょう」という会話になり、「じゃあ、ここでライブをやりましょう」という感じ(笑)。
私のような「一般的な感覚」しか持ち合わせていない人間には「信じられない」ことです(笑)。
やっぱり、ウェイウェイさんは宇宙人なのでしょう(爆)。
 
ウェイウェイさんの感覚として、その時にこう言われました。
「確かに急で、来てくれる方は少ないかもしれませんが、来られる方だけで良いと思います。
せっかくの機会なのに、何もやらないより良いでしょう」
これが「ウェイウェイ流」です。
「何もやらないで諦める」
より
「やってみて、失敗しても、次に繋がる」
という考え方。
まさしく、「まったく日本語も話せず、日本のこともほとんど分かっていない」のに、「姿三四郎に憧れて」「やみくもに」日本に来た「好奇心の塊」のウェイウェイさんならではの発想です。
 
ーーー
 
実際、「WeiWei's Cafe」もそんなウェイウェイさんだから開店できたのだと思います。
とにかく、「楽しそう」とか、「いつでも二胡を弾ける場所」「音楽好きの方が楽しめて」、自分の大好きな「小籠包」などの料理が楽しめて、「ご両親の味」も紹介できる。
そんな場所を作りたくて開店したのがWeiWei's Cafeです。
 
もちろん、飲食業の経験があるわけではないので、運営はもろもろ大変なこともたくさんありますが、多くの方に助力をいただきながら、自分だけではなく、みなさんが「楽しい」と思ってくれることを大事にしています。
毎回、ライブの後に紹興酒などを楽しみながらの「宴会」が実施されて、いつもウェイウェイさんは言っています。
「こういう場所ができて、本当に良かったと思います」
 
ーーー
 
今年は、「二胡の実験室」というテーマもありますが、その他にも、「だれでも気軽にライブができる場所」として提供できるよう、いろいろと考えています。
二胡の愛好家はもちろん、「江南紫竹」「揚琴」などの中国音楽だけではなく、「World Music Night」では北欧・ブラジル音楽との融合、その他「三線」「オカリナ」「ギター」「歌」などなど、本当に「気楽に色んな音楽を楽しめる場所」として提供されていきます。
しかも、そのほとんどにウェイウェイさんが参加。
 
ウェイウェイさんの「二胡をメジャーに」という気持ちとともに、いろいろなコラボが生まれます。
 
関東エリア以外の方には本当に申し訳ありませんが、ぜひ東京にいらっしゃる機会がありましたら、そんなWeiWei's Cafeの「自由な音楽空間」をお楽しみいただければ幸いです。
 
ちなみに、カフェでは連日、「Legacy Tour Final」の映像(あのオープニングも!)もお楽しみいただけます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.31)  
 
 
 
 
 
 

2018年1月24日 (水)

ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室Vol.1リハーサル」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第375回 ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室Vol.1リハーサル」
 
Photo
※画像は2/11「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」のフライヤーです。
 
一昨日の雪、凄かったですね!
またしても、雪に弱い東京を露呈してしまいました。
雪国にお住まいの方にとっては、それほどでは無いと思いますが、東京にとっては数年に一度という雪なので、仕方ないかもしれませんね。
まだ日陰では雪が残っていますので、凍結などにお気をつけください。
 
それにしても、雪で思い出すのはウェイウェイさんの「苗場」です。
実は、ウェイウェイさんが初めて行った冬の苗場が、このブログを開始したきっかけです。
今でもよく覚えていますが、ウェイウェイさんが「へっぴり腰で歩く姿」をご紹介しました(笑)。
※ご存じない方は、ぜひ第1回目のブログをご覧ください。
(ちなみに、今、私も読み返してみたのですが、「長い」と言っていますが、結構短く、しかも、今よりずいぶんと「遠慮」した内容で、自分としても興味深かったです・笑)
 
今回の雪の中を歩くウェイウェイさんを見ていないので、その後「へっぴり腰」がどう変化したのかは分かりませんが、白川郷や北陸での雪を何度か経験して、きっと大きく変化したと思います(笑)
 
ーーー
 
さて、今回は先日行われた、2/11の「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」のためのリハーサルの模様です。
 
多くの二胡愛好家の方たち、そして、二胡がより身近に感じられるようにとの企画「二胡の実験室」の第1弾に選んだジャンルは「フォークソング」です。
フォークソングといえば、フォークギター。
今回、昨年のLegacyツアーでもお世話になった、ギタリストのファルコンさんにお願いすることになりました。
そして、そのリハーサルを先日実施しました。
 
日本のフォークソング。
このブログをお読みの方は、リアルタイムの方も多いですよね(笑)。
歌謡曲、演歌全盛だった60年代後半に登場し、当初は反戦などを歌っていたころから徐々に変化し、70年代後半から80年代には「ニューミュージック」という名前に変化し、数々の名曲が生まれ、多くのアーティストが活躍しました。
 
90年代に入ってから来日したウェイウェイさんは、そういう意味では「リアルタイム」ではありません。
でも、さだまさしさんを始め多くのアーティストが中国で有名ですし、今も愛されている名曲たちをウェイウェイさんも大好きです。
南こうせつさんや森山良子さんなど、以前から交流もあり、ウェイウェイさんにとっても親しみの深いジャンルです。
 
ーーー
 
そうは言っても、今回ご一緒するファルコンさんも含めて、「リアルタイム」ではないので、選曲の際に結構悩みました。
曲は知っているけれど、誰が歌った曲なのかを知らなかったり、その時代がどうだったのかの予備知識が無かったり、それは当然だと思います。
一応、リアルタイムの私(笑)が説明しながら、選曲しました。
結局、選曲の基準は、やはり、「二胡で弾いて素晴らしい」と思える曲でした。
 
実際に演奏する曲数を大幅に超えて「候補曲」を決め、譜面を用意して、1曲ずつ当たりました。
 
フォークソングも、歌詞がとても大きな要素です。
曲によっては、「歌」(「歌詞」)がないとうまく表現できない事もあります。
 
「二胡で弾いて素晴らしい」と感じるためには、なかなか難しいハードルです。
 
ちなみに、私の個人的な感想で言うと、「ウェイウェイさんの弾く二胡で聞くと、どんな曲でも素晴らしく聞こえる」と思ってしまいます(笑)。
ずるいですよね!
 
ずい分前ですが、森山良子さんの「涙そうそう」をご本人と共演した時、森山良子さんのマネージャーが言っていたことを思い出しました。
 
「ずるい!」
 
もちろん、曲も良いし、森山良子さんが素晴らしいのは言うまでもありませんが、ウェイウェイさんの二胡が入った瞬間に「全部持っていく」と、それを「ずるい」という言葉で表現したのでした(笑)。
 
今回のリハーサルでも、それを感じました。
(これは、毎回言っていますが、私の「役得」です・笑)
 
ーーー
 
今回、ウェイウェイさんは1曲歌う予定です。
多分、その「歌」は、今回のライブ限定です(笑)。
 
ウェイウェイさんにとって、「思い入れ」の深い曲で、二胡で演奏するだけでは済まない曲だからです。
曲名は教えません(笑)。
当日のお楽しみです!
 
 
「二胡の実験室」は、「今後の二胡」のための企画ですが、もちろんライブとしてお楽しみいただける内容になります。
ウェイウェイさんの奏でる二胡の魅力。
それを堪能しつつ、二胡愛好家の方が目指す演奏。
そんな「実験室」へのご参加、お待ちしています!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.24)  
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月17日 (水)

ウェイウェイさん IN 「閑話休題」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第374回 ウェイウェイさん IN 「閑話休題」
 
Img_9977
※画像は1/26「World Music Night 4」のフライヤーです。
 
 
先週のブログに書きました「二胡の実験室」へ多くのリクエストをいただき、本当にありがとうございます。
現在、日々ジャンルや曲目などを検討中なので、徐々にお知らせできると思いますので、少々お待ち下さい。
 
今日は、少し「箸休め」ではありませんが、最近めっきり減ってしまった「閑話休題」のことを書こうと思います。
 
私が、良くこのブログの読者の方々から褒められる時に言われるのが「閑話休題」に関してです(笑)。
いやあ、それにしても、本当に最近のウェイウェイさんは「言い間違い」が減りました。
相変わらず、少しずつはあるのですが、このブログでご紹介する程のことではありません。
 
先日、話の流れは忘れましたが、多分、WeiWei's Cafeのメニューで提供される「麻婆豆腐」の話題だったと思います。
ウェイウェイさんが、
「『かくしんざい』は身体に良いんですよね!」
と、自信たっぷりに言いました。
私を含め、そこに居た人たち全員が、「かくしんざい」とは何かを想像していたと思います。
 
もちろん、「ツッコミ担当」の私が一番最初に分かりました。
「ウェイウェイさん、『カプサイシン』のことですか?!」
 
はい、当然、ウェイウェイさんは大きな声で笑い飛ばしたことは言うまでもありません。
 
ーーー
 
少しだけ、過去の「閑話休題」をご紹介すると、個人的に、私の一番好きな「閑話休題」は「大納言」です(笑)。
 
数年前の冬、ウェイウェイさんが自動販売機で温かい「大納言しるこ」を買いました。
そこで、ウェイウェイさんが私に聞きました。
「これはなんと読むんですか?」
と、缶に書かれていた「大納言」を指差しました。
私は、「ウェイウェイさんが『大納言』という言葉を知らないのは無理もない」と思い、「それは『だいなごん』と読むんですよ」と言ったのをよく覚えています。
すると、ウェイウェイさん。
「これは『のう』ですよね。
なぜ『な』なんですか?
『だいのうげん』じゃないんですか?」
と聞くので、当然、私はその理由までは分からないので、
「なぜでしょうね?! 私にも分かりません」
と、普通に言うと、
「おかしいですよね。
これは
『納豆(なっとう)』の『のう』ですよね!」
 
これは、ウェイウェイさんを尊敬してしまうほどの表現だと、今でも思っています。
 
すでに「納」を「のう」じゃなくて「な」と読んでるし(笑)。
 
 
もう一つ、この時期になると思い出す「閑話休題」を。
 
先日、私は風邪をひいてしまいました。
インフルエンザではなく、微熱と軽い咳だけで済みました。
その時「葛根湯」を飲んだのです。
 
こちらも相当前ですが、ウェイウェイさんがある方の話題に触れて、こう言いました。
「マネージャーさん、『かっこんとう』って知っていますか?」
当然、私は「葛根湯」を知っています。
「はい、知ってますよ」
というと、
「○○さんは、昔『かっこんとう』をやっていたそうですよ!」  
 
その当時、すでにウェイウェイ語を結構勉強していたので、すぐに分かりました。
「ウェイウェイさん、それは『テコンドー』ですよね!」
 
 
もう一つ、車のナビが
「3km先に故障車がいます」
と言ったのを、
「え?!
3km先『二胡奏者』がいるって、なんですか?!」
 
 
ーーー
 
その他にも、「リズミカルでダンザブルな曲」を短縮して「リーズナブルな曲」とライブの本番で言ったりしているウェイウェイさん。
 
数は減りましたが、きっと今年も「話題提供」してくれると思います。
何と言っても、「感覚」で生きている人なので、それは「ある日突然」やってくると思います(笑)。
 
ぜひ、ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.17)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月10日 (水)

ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第373回 ウェイウェイさん IN 「二胡の実験室」
 
Photo
※画像は2/11「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」のフライヤーです。
 
 
先週のブログにも書きましたが、今年は「二胡愛好家の方たちが、もっと上達できるように、全国的に圧倒的に少ない、二胡の先生の育成や、練習方法、二胡で奏でるとより美しい曲の紹介」がテーマの年となります。
 
これまで、オリジナルアルバムや教本などで本当にたくさんのジャンル、たくさんのカバー曲などを発表してきましたが、今年はさらに、多くの二胡愛好家の方たちが「弾いてみたい!」という曲、「こんな曲も素敵ですよ!」という曲をみなさんにお伝えしようと思っています。
 
「二胡の実験室」というタイトルで、WeiWei's Cafeにてライブを実施していきます。
 
第1弾は2/11に開催される「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」です。
ギタリストのファルコンさんと一緒に、日本のフォークソング集をお楽しみください。
 
もちろん、二胡を弾く方だけではなく、ウェイウェイさんの演奏が好き、二胡の音色が好きという方たちに喜んでいただけるようなライブになります。
 
ーーー
 
実はこの企画、数年前から有り、昨年実現に向けて始動されました。
ウェイウェイさんは常々言っていました。
「二胡がもっと『誰もが知っている楽器』になるためには、まず『曲』が大切」
 
「二胡と言えばこの曲」というような定番曲が必要だということと、もう一つ、二胡愛好家が「弾きたい」と思う曲を紹介することが大切です。
これまで、自身のオリジナルアルバムでもご紹介してきましたが、オリジナルアルバムではどうしても曲数が限られてしまいますし、初心者の方が演奏するのは難しい曲になってしまいがちです。
 
今回の企画「二胡の実験室」は、いろんなジャンルを決めて、ほぼ毎月、お客様の希望、要望を実現していくというものです。
さらに!
ここからが、多分、とても大変な作業になるのですが、その「二胡の実験室」で演奏された曲を定期的にCD化し、譜面を作成し、教則DVDも作っていくというものです!!
 
候補曲選曲→ライブ→曲目選定→録音→CD化→譜面化→教則DVD
という流れを作るという企画です〜〜!!
しかも、ほぼ毎月ジャンル別でやるのですから、もう、凄いとしか言えません。
(と言うか、本当に可能かどうか、私個人的には不安でいっぱいです・苦笑)
 
ーーー
 
前述のように、まず第1弾は「メロディアスなフォークソング集」です。
今後企画しているジャンルは
・映画音楽
・ミュージカル
・演歌
・童謡
・日本の昭和歌謡ポップス
・ロック・バラード集
・アジアン・フェイバリット・コレクション
・アニメソング集
・ジャズ
・クラッシックの名曲
などなどです。
 
あくまで、候補なので、これで決定ではありません。
ぜひ、みなさんからのご希望などお聞きして、
「この曲を、このジャンル集で演奏してください」
などのリクエストをいただけるととても嬉しく思います。
単純に、「自分で演奏したいから」という理由でご連絡いただいてもよろしいですし、「弾かないけれど、ウェイウェイさんの演奏を聞きたい」というリクエストも大歓迎です。
 
ぜひご連絡をお待ちしております!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.10)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月 3日 (水)

ウェイウェイさん IN 「今年の活動」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第372回 ウェイウェイさん IN 「今年の活動」
 
Img_0876
※画像は、ウェイウェイ・ウー手書きメッセージです。
 
 
2018年、明けましておめでとうございます。
今年も、「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」をよろしくお願いいたします。
 
今年最初のブログなので、ウェイウェイさんからのメッセージをご覧いただきました。
 
ーーー
 
ここからは、マネージャーからのウェイウェイさんの今年です。
 
 
と言いつつ、はい、まったく「予測不能」です(笑)。
 
事務的に言えば、分かっていることはあります。
でも、今現在分かっていることだけで済むウェイウェイさんではないことを、それ以上に分かっています(笑)。
 
ウェイウェイさん本人からのメッセージにありますように、一つだけお伝えするとしたら、ウェイウェイさんの今年の目標は、「二胡愛好家の方たちが、もっと上達できるように、全国的に圧倒的に少ない二胡の先生の育成や、練習方法、二胡で奏でるとより美しい曲の紹介」ということでしょうか。
(一つじゃないですね・笑)
 
毎年、情熱を持って、オリジナルアルバムをリリースして、「音楽家」としての自分を二胡で表現しているウェイウェイさんですが、同時に「二胡をメジャーに」というのがウェイウェイさんの最も叶えたい希望の一つです。
 
そのために、昨年の「Legacy」をリリースした直後から、言っていました。
「今年は『Legacy』を『受け継がれる』という気持ちでリリースしたからこそ、来年はもっと多くの二胡愛好家の方たちが『弾いてみたい』という曲を、より演奏しやすく教えていきたいと思っています」
 
そのために、今年はWeiWei's Cafeで、いろんな「実験ライブ」を予定しています。
第1弾は、2月11日にギターのファルコンさんと「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集~二胡の実験室Vol.1」です。
 
個人的にもとても楽しみです。
ぜひ、みなさん、ウェイウェイさんに「ぜひこんな実験的なライブをお願いします」というリクエストしてください。
全部を実現することは無理だと思いますが(笑)、無茶フリを含めてお待ちしています!
 
ーーー
 
今年第1回目のブログでした。
最初にしては少し短め(?)ですが、ウェイウェイさんが日本に戻ってきたら、またいろいろとネタを提供してくれると思います(笑)。
 
もう一度。
 
今年もよろしくお願いします。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2018.1.3)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31