« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

ウェイウェイさん IN 「今年の総括

第371回 ウェイウェイさん IN 「今年の総括」 
 
Photo
※画像は2/11(日)「二胡で奏でるメロディアスなフォークソング集」のフライヤーです。
 
 
 
今年も、残り数日。
本当にあっという間の1年でした。
メルマガ同様、このブログも1年間ご愛読いただき、本当にありがとうございました。
日本全国、例年以上にいろいろなところにお邪魔し、多くの方から「ブログ、楽しみにしています」と言われ、本当に嬉しかったです。
褒められて頑張るタイプなので、これからも褒めてください(笑)。
励みになります。
 
今年最後のブログなので、今年を総括しようと思います。
 
ーーー
 
今年は、ウェイウェイさんのデビュー15周年。
最初から最後まで、「Legacy」の1年でした。
 
私がウェイウェイさんのマネージャーになった当初から、「二胡の可能性」ということをずっとウェイウェイさんから聞いていました。
それは、おそらく「二胡奏者」として活動するより前からの、二胡を演奏するきっかけになった「ヴァイオリンコンチェルトの曲を二胡で弾いてみたい」という気持ち、そのままなのだと思います。
そして、数年前から「二胡をメジャーに」という言葉にして、その一つの集大成として、デビュー15周年の今年の記念アルバムを「Legacy」と題しました。
「遺産」という意味ではなく、「受け継がれていく」という気持ちで付けられたタイトル。
日本全国、各地でその思いを伝えてきました。
 
ツアーファイナルコンサートで、ウェイウェイさんは言いました。
「これは、1個でも二胡です(笑)。
・・・『また言ってる』と思っている方も多いですよね?!(笑)
でも、私は、誰もが二胡を知るようになるまで、言い続けます」
 
ーーー
 
今年のスケジュール帳をめくってみました。
いやあ、本当にいろいろな場所にお邪魔しました。
そして、どの場所もとても印象に残っています。
いろんなことが有りましたよ〜。
 
一つ一つを書き出したらキリがないので、気になる方はこのブログのバックナンバーをご覧ください(笑)。
 
野外ライブ予定の雨、台風、とても美しい景色や美味しい食事。
お客さんはもちろん、各地でライブを主催していただいた方々、森丘さんを始めとした多くのミュージシャンや、ライブスタッフ。
笑いあり涙あり、嬉しかったこと辛かったこと、その都度いろんな意味で心が動きました。
でも、こうして振り返ると、やっぱり「楽しい」という気持ちが一番強いと思います。
 
ウェイウェイさんが先日言っていました。
「今年もいろんなことが有りましたが、一つ言いたいのは・・・
本当にみなさんに感謝です」
 
ーーー
 
この年末年始、カウントダウンライブもないので、私も少しゆっくりできます。
 
実は、昨日から12/15に行われたツアーファイナルの映像の編集を始めました。
 
いやいや、私の「趣味」です(笑)。
「仕事が好き」なのではなく、「好きなことを仕事にしている」ことを本当に幸せなことだと思っています。
 
来年もきっと、自分の好きなことをたくさんやると思います。
ぜひ、お付き合いいただければ嬉しく思います。
 
今年も本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
あ!
ひとつ言い忘れました。
今編集している映像は、順次You Tubeなどにアップしていく予定ですが、残念ながらオープニングだけは(大人の事情で・笑)アップできません。
でも、ご安心ください。
WeiWei's Cafeのモニターテレビで映す予定です。
編集終了しましたら、またメルマガでご報告しますので、もうしばらくお待ち下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.12.27)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年12月20日 (水)

ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホール」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第370回 ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホール」 
 
25442892_1461146943984636_727443527
※画像は12/22「中国笙と二胡」ライブのフライヤーです。
 
 
「はぁ〜〜〜〜〜」
 
ため息から入ってしまって、ごめんなさい(笑)。
でも、今年の「Legacy」ライブの千秋楽を先日の15日(金)日本橋の三井ホールで終えてしまって、少々「燃え尽きた」感のある私です(笑)。
 
ライブはとにかく盛り上がって、大成功でした!
オープニングの「企画」から始まり、アンコール最後の「二胡愛好家の方たちとの合奏」まで、本当に、ステージとお客様が一体となった、素晴らしいライブだったと思います。
 
今年1年を振り返りつつ、来年以降の新しい展開を見据えてのライブ。
ウェイウェイさんのTALKで何度もあった「二胡のこれから」を感じたライブでした。
 
ご来場のみなさん、本当にありがとうございました。
また、残念ながらご来場いただけなかったみなさんには、下記で写真を見られますので、ぜひ「追体験」をしてみてください。
 
https://www.facebook.com/weiwei.wuu.erhu?fref=nf
 
ーーー
 
デビュー15周年という大きな節目を迎えて実施した「Legacy Tour」。
北は北海道佐呂間町〜南は沖縄石垣島まで、本当にたくさんの場所にお邪魔しました。
 
各地でとても暖かく迎えられ、そして、大きな感動をお客様たちと共有できたことは、とても嬉しく思っています。
すべての会場でのことを鮮明に覚えています。
ウェイウェイさんが、今回のオープニング映像に使用した写真を選んだ時言いました。
「どの会場も『宝物』だと思います」
 
私も同感です。
たくさんの宝物をいただきました。
 
ツアーを終えて、今、感じることは、とても大きな「充実感」と同時に、とても「淋しい」という気持ちです。
例年以上に、各地でのライブが盛り上がったせいかもしれません。
その「集大成」としてのファイナルは、それを物語るように、大きな感動をいただき、言葉にできません。
 
ーーー
 
オープニングの「企画」は「スターウォーズ」でした(笑)。
 
ウェイウェイさんが3曲演奏後、最初のTALKで言いました。
 
「オープニングの『スターウォーズ』いかがでしたか?!
今回の『Legacy』とは、全く関係ありません!(笑)
今日(12月15日)が『スターウォーズ』最新作の公開日なので、楽しいからやっちゃいました!」
 
そうです。
メルマガやこのブログで「コスプレで来てください」と何度もお伝えしていたのは、出演者と会場とが一体となって「楽しい」を表現したかったからです。
やっぱり、ライブは一方的に演奏者がお客さんに伝えるだけではなく、会場全体で「楽しいことをしたい」ということを「共有」できる場所です。
 
結果は、「大盛り上がり」となりました。
多くのお客様にもコスプレで参加していただきました。
出演者も全員「スターウォーズ」のコスプレで客席から登場。
SEで「ダース・ベイダー」から始まり、続けて「スターウォーズのテーマ」の映像、そして、幕を振り落として、生演奏の「スターウォーズのテーマ」。
ウェイウェイさんはもちろん「レイア姫」のコスプレでした。
 
曲が終わると、ウェイウェさんはさっさとステージを後にして(笑)、早着替えをして客席から登場し「パイレーツ・オブ・カビリアン」。
とにかく、最初から超飛ばし気味でした。
 
ーーー
 
もちろん、それだけではなく、「JIN」や「悲しい酒」などなど、じっくり聞かせる曲も盛り沢山。
「二胡の持つ可能性」をいろんなジャンルの曲で表現し、最初から最後まであっという間の時間でした。
 
さらに、いままでどこにも発表していない曲として「女人花」を演奏しました。
二胡とチェロとピアノで演奏し、いろいろな花の映像も加わり、とても感動的でした。
 
・・・と、文章で表現するとどうしてもその感動をお伝えすることができないことに歯がゆさを感じています・・・。
 
 
ですので、今回の映像を順次You Tubeにアップすることにしました!!
 
といっても、映像編集などに時間がかかってしまうので、来年以降になると思いますが、お許し下さい。
 
ただ、オープニングに関しては、残念ながら「大人の事情」(笑)で公開できません。
 
でも!
 
内緒で、WeiWei's Cafeのみで、公開する予定です!!
内緒なので、これを読んだ方も内緒にしていてください(笑)。
この件も含めて、公開の際にはまたメルマガでご報告しますので、お楽しみに!!
 
ーーー
 
全国各地で「Legacy Tour」にご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!
この1年間の感動をあらためて思い出し、来年以降につなげていきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.12.20)  
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年12月13日 (水)

ウェイウェイさん IN 「ツアーファイナル&心弦二胡教室第21回定期演奏会」 

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第369回 ウェイウェイさん IN 「ツアーファイナル&心弦二胡教室第21回定期演奏会」 
 
1215new3   
※画像は12月15日日本橋三井ホールでのツアーファイナル・フライヤーです。
 
 
一昨日の月曜日、いよいよ今週金曜日15日に迫った「Legacy」コンサート・ツアー・ファイナルのリハーサルが、メンバーが集まってのリハーサルでした。
 
いやあ、本当に楽しみです。
オープニングからの、楽しい演出はもちろんですが、今年1年を象徴するようないろいろな曲、さらに、デビュー15周年をお祝いするかの曲など、バリエーション豊富で、しかも6月のきゅりあんに続き今回もチェリストの方も参加していただき、ステージにはウェイウェイさんを含めて総勢11名の演奏となります。
 
もちろん、舞台監督、音響、照明のスタッフ、映像のスタッフなど、とても多くのスタッフが協力して今年一年の総括的なコンサートになります。
 
詳しく言えないのが、本当に申し訳ないのですが、個人的には、今回のために選曲された曲があり、その演奏を聞いた時、涙が出そうになりました。
その思いはウェイウェイさんにとって、もっと強烈だったようで、本当に涙を流しながら演奏していました。
 
今回のコンサートは、ツアー・ファイナルということがメインではありますが、選曲の打ち合わせの際に、ウェイウェイさんが言いました。
 
「今年1年、デビュー15周年はもちろんですが、私にとって、これからのこと、将来に向かって、私のとても思い入れの強いこの曲を演奏したいです」
 
具体的な曲名は言えませんが、以前フェイスブックで「聞くたびに涙が溢れてしまいます」と言っていた曲です。
二胡でもよく弾かれている曲ですが、「ウェイウェイ・テイスト」で演奏したいということを以前から言っていて、やっと実現しました。
 
近い将来、レコーディングされて発表されると思いますが、一足早くコンサート会場で、その「ウェイウェイさんの思い」を受け止めてください。
 
ーーー
 
そのリハーサルの前々日、土曜日は心弦二胡教室の第21回定期演奏会でした。
 
朝9時に会場入りし、リハーサル〜本番〜終演まで、「二胡漬け」の一日です。
200名以上の二胡愛好家の演奏。
多くのお客さんと一緒に堪能しました。
 
各クラス別の演奏、ユニット演奏などはもちろんですが、やはり、オープニングの大合奏とエンディングの大合奏は、超迫力です。
 
それぞれ、100名以上の「大合奏」。
心弦二胡オーケストラの演奏は、年々その迫力が増していると思います。
 
今年の大合奏は、オープニングが「不夜の灯火 不夜の物語」と「菊花台」、エンディングが「月と私」と「パイレーツ・オブ・カビリアン」でした。
 
なんと、定期演奏会の数日前、ウェイウェイさんが「月と私」を作曲していただいた「吉俣良」さんのコンサートにご招待され、楽屋にご挨拶に行った際に
「『月と私』の評判がとても良く、「自分も演奏したい」という希望がとても多く、結局100名以上で『大合奏』することになりました」
と伝えたところ、「ぜひ見に行かせてください」と言っていただき、本当に見に来てくれたのでした。
 
終演後、吉俣さんがウェイウェイさんにご挨拶に来ていただき
「とても素晴らしくて、鳥肌が立ちました」
と言っていただきました。
 
多くの大河ドラマや映画音楽を手がけている吉俣さん。
その作曲したご本人の前で演奏する、その大合奏に参加された方々の「緊張」は半端なかったと思います(笑)が、作曲家に喜んでいただけて演奏された方々もきっと喜んでいると思います。
 
ーーー
 
それにしても、本当に年々みなさんの演奏力が向上していて、びっくりです。
大合奏も、年々難しい曲が選曲されている気がします(笑)。
 
もう一つ思ったのは、習い始めて間もない方たちの「新芽のテーマ」が、とても素晴らしく感じました。
技術的なこともそうですが、とても「気持ち」が伝わる演奏でした。
これこそが、ウェイウェイさんの教えている「音楽」だと感じることができました。
 
例年通り、踊りがあったり、会場を巻き込んでの「フリ」があったりと、あっという間の4時間の本番でした。
 
ーーー
 
今回の定期演奏会の最後の最後は、昨年同様「20th」の演奏で締めくくられました。
総勢、200名以上で演奏された「20th」。
デビュー15周年の記念アルバム「Legacy」でも、多くの二胡愛好家のみなさんが参加して、最後に収録されています。
 
もちろん、15日のツアー・ファイナルの会場でも一緒に演奏することになります。
 
来日して26年。
心弦二胡教室の定期演奏会は第21回。
そして、デビューして15周年。
 
ウェイウェイさんの歴史に「20th」は一つの記念になりました。
そして、新しい未来に向かって、新たな曲、新たな音楽、新たな出会いと絆、、、ご縁。
 
2017年はもうすぐ終わってしまいますが、「今日は、これからの人生の最初の一日」として、毎日が記念日です。
その「節目」としての12/15のツアーファイナルでお会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.12.13)  
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年12月 6日 (水)

ウェイウェイさん IN 「Happy Birthday & ツアーファイナル & プラネタリウム」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第368回 ウェイウェイさん IN 「Happy Birthday & ツアーファイナル & プラネタリウム」 
 
1215new3
※画像は12/15のLegacy Tour Finalのフライヤーです。
 
 
(ご一緒に!!)
♪Happy birthday to you! ♪ 
♪Happy birthday to you! ♪ 
♪Happy birthday dear ウェイウェイさん! ♪
♪Happy birthday to you! ♪ 
 
このブログをお読みの方はもちろんご存じだと思いますが、今日は、ウェイウェイさんの○○回目の誕生日です。
フェイスブックなどで、「おめでとうメッセージ」の嵐だと思いますが、ぜひこのブログにもみなさんのメッセージをご記入ください!
(毎回、本人も読んでいるので、フェイスブックなどを活用されていない方でもメッセージを届けることができます!)
 
そして、「直接言いたい!」という方は、今夜WeiWei's Cafeで会費制の誕生日パーティ(実は、誕生日を肴にした単なる飲み会?!・笑)があるので、ぜひご来場ください。
もしかしたら、○○年前のウェイウェイさんの(まさしく)誕生秘話が聞けるかもしれませんよ(笑)。
 
ーーー
 
12/15の「Legacy Tour Final」の関連を少し。
 
今回も、オープニングで映像を流します。
以前にも書きましたが、諸々の事情で本当に当日のみの映像です。
 
その映像に使用するための、今年各地で実施された「Legacy Live」の写真の選定をしました。
その作業をしていると、今年1年のいろいろな場面が鮮明に思い出されて、とても「感無量」の気持ちになりました。
 
全国、北は北海道の佐呂間町から南は沖縄石垣島まで、さらに上海もあり、例年以上に各地に伺い、とても多くの方たちにご来場いただき、本当に感謝です。
昨年の「来日25周年」、そして今年の「デビュー15周年」と、アニバーサリーを2年連続で、全国各地の方々にお祝いしていただき、ウェイウェイさんがとても多くの方に愛されていること、そして「ご縁」を感じ、感無量です。
 
私のスマホの中には、なんと5,000枚以上の写真がありました!(笑)
ピンぼけで使えないものも多くて、「毎回ちゃんと整理しなさい>自分」なんて思いながらも(笑)、1枚ずつ見直してみるとその時々のことが思い出されて、一足早く「今年の総括」をした気分でした。
 
今回もファイナルは東京の開催で、各地の方々に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、ぜひ関東以外の方々にもご来場いただき、一緒に今年を「総括」できれば嬉しいです。
きっと、ウェイウェイさんも「これまでの感謝の気持ち」を込めて演奏すると思います。
 
ーーー
 
続いて「プラネタリウム・ライブ」のご報告です。
 
プラネタリウムでのライブは数年前の川崎でのプラネタリウム以来でした。
 
やはり、ウェイウェイさんの弾く二胡の音色はとても「星空」が似合います。
きっと、ウェイウェイさんが奏でると、誰もが持つ「心の琴線」を震わせるのでしょうね。
「宇宙」「歴史」「喜怒哀楽」「ルーツ」「縁(えにし)」・・・そして、「心」。
 
こういう「現場」に携わると、「音楽って良いな〜」とあらためて思います。
 
プラネタリウムならではの映像や星空と一緒に、演奏されました。
ウェイウェイさんがTALKで言いました。
「今日は、私を明るくするとせっかくの星空が見えなくなるので、私を見なくていいです!
星空と一緒に演奏を聞いてください」
 
プラネタリウムなので、当然、椅子は「リクライニング」。
みなさん、上を向いて演奏を聞きます。
ウェイウェイさんがさらに言いました。
「気持ちよくリラックスできる椅子なので、心地よいと思いますが、寝ないでくださいね〜〜(笑)」
 
ウェイウェイさんのオリジナルの「Soul Moon」や「Memories of the future」、もちろん「JIN」や「郷音」などなど、ウェイウェイさんの生まれた日の上海の星空や懐かしい映像などとともに、ライブは進行しました。
 
しかし、もちろんそれだけで終わるウェイウェイさんではありません(笑)。
最後は「定番」の「あの曲」でお客さんと一緒に盛り上がって終演しました。
 
きっと、近い将来、またプラネタリウムでのライブが実現すると思います。
その際には、ぜひご来場くださいね。
そのときには、また新しい「心の琴線に触れる音楽」が、きっとあると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.12.6)  
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31