« ウェイウェイさん IN 「日中友好45周年記念イベント=縁=」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「長岡」  »

2017年11月22日 (水)

ウェイウェイさん IN 「中国古筝と二胡が奏でる東方の旋律」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第366回 ウェイウェイさん IN 「中国古筝と二胡が奏でる東方の旋律」 
 
2    
※画像は11/23の長岡コンサートのフライヤーです。
 
 
本題に入る前に、12/15の「Legacy Tour Final」の話題を少しだけ。
 
もろもろ、連日のように内容の詰めをしているのですが、今回もオープニングにはとても楽しい演出があります!
もちろん、そのための映像も作っています。
 
その、映像が今日届きました!
とても楽しい映像で、それを見るだけでも当日の楽しさが予想される、素晴らしい映像です。
 
残念ながら(本当に残念で仕方ないのですが)、その映像は、著作権やらもろもろの事情により、12/15のコンサート当日限定になってしまいます。
今回も、東京だけの開催なのが、本当に申し訳ないのですが、ご来場いただけるみなさんはぜひ遅れること無く、オープニングからお楽しみいただければと思います。
 
まだ、曲順や演出等、全て決まったわけではありませんが、デビュー15周年の記念すべき年を締めくくる、楽しいコンサートになりそうです。
参加される方は、ぜひ、コスプレなども含めて「参加すること」をお楽しみください。
(当日、コスプレでご来場の方にはプレゼントが用意されるかもしれません・笑)。
 
ーーー
 
それにしても、武蔵小山のWeiWei's Cafe。
とても素晴らしい場所だと思います。
 
随分以前のことですが、ウェイウェイさんが六本木のビルボードライブ東京にバート・バカラックさんのライブを見に行き、見終わってすぐに「名曲集のライブをやりたいです!」と興奮気味に連絡をもらい、その勢いが本当に凄く(笑)、「明日にでもやりたい!」と言われたことがありました。
 
もちろん、その当時にはWeiWei's Cafeは無く、そんな無茶なリクエストをもらっても、不可能です。
ところが、WeiWei's Cafeができた現在、実際に、「今日思い立って明日実現」が可能になりました。
 
さすがに、「今日の明日」はまだありませんが、ジョージ・ガオさんとのライブは「思いつき」から「実施」まで1週間足らずで実施されました。
そして、前回の二胡奏者・曹雪晶さんのライブ、今回の古箏奏者・伍芳さんとのライブもかなり短い期間で決まり実施されたものでした。
 
ウェイウェイさんの、「いつでも楽しく音楽と料理を提供できる場所」といコンセプトが、まさしく実現できています。
今月からは、夜営業も開始されて、二胡好きの方はもちろん、音楽好きな方たちの、お酒も楽しみながら会話できる場所として提供されています。
 
年末年始のパーティなどもお申込みできます。
詳細は、お気軽にお電話(Tel:03-6426-9628)お待ちしております!
 
ーーー
 
さて、今回は伍芳さんとのライブのご報告です。
 
ウェイウェイさんと伍芳さんとは、随分お付き合いも長く、私がマネージャーになるより以前ですが、同じ事務所に所属していたこともある関係です。
年齢も近く、ふたりとも上海出身で、故郷の「上海語」で会話できるというのも仲良くできる要因の一つかもしれません。
 
今回のライブのタイトル「東方の旋律」はウェイウェイさんが考えました。
中国の伝統楽器の「二胡」と「古筝」。
そのコラボとして、そして、伝統曲だけではない二人の個性を存分に発揮する機会としての今回のライブのタイトルにぴったりだと思います。
 
当日のセットリストです。
1.漁舟唱晩
2.菊花台
3.郷音
4.古筝ソロ
5.古筝ソロ
6.二泉映月 二胡ソロ
7.女人花
8.SAKURA/17
9.夢
10.彩虹橋
11.賽馬
 
二胡も古筝もほぼ生音で演奏されました。
 
ーーー
 
個人的に印象に残ったのは、ウェイウェイさんのオリジナル曲「SAKURA/17」でした。
二胡と古筝だけで演奏された、「SAKURA/17」。
ウェイウェイさんが日本に来て17年目の年に作られた曲。
ウェイウェイさんの、「日本の桜」の美しさに感動する思い、そして、「上海出身」というアイデンティが同居していて、「えも言われぬ世界観」があったと感じました。
 
そう思ったのは、実は私だけでは無かったようで、終演後の恒例のカフェに残った「出演者と一緒の打ち上げ」で、同じ感想をお客様からもいただきました。
 
ーーー
 
それにしてもの、お待ちかねの「閑話休題」です(笑)。
 
伍芳さんのソロコーナーの時、伍芳さんが「古筝」の歴史を説明しました。
とてもおもしろい説明で、「日本の琴」と対比しながら、弦の数など話してくれました。
その時のウェイウェイさんは私の目の前に立っていました。
 
伍芳さんが、「『古箏』は昔『秦筝』と言われ・・」ということを言った時、ウェイウェイさんのとなりに居た人に、なにやら話していました。
もちろん、小さな声での会話なので、私まで届きませんでした。
 
そして、伍芳さんのソロが終わってウェイウェイさんがマイクを持った時でした。
ウェイウェイさんは本当に嬉しそうにこう言いました。
「古箏なのに秦(新)筝なんですね!」
 
それを聞いた伍芳さんは一瞬「キョトン」としていました(笑)。
その後、ウェイウェイさんの定番オヤジギャグ「新品でも中胡と言います」などの話が出て、伍芳さんもやっと納得したようで、
「私は古箏を「こそこそ」弾いています」
と言いました。
 
ところが、ウェイウェイさんは、いかにもウェイウェイさんらしいのですが、伍芳さんのオヤジギャグ(失礼)に全く気づかず、
「いやあ、とても堂々と演奏していますよ〜」
 
もちろん、終演後の打ち上げで、私はウェイウェイさんにそのことを言いました。
すると、当然のように、カフェに轟くほどの「あははははっはあははは〜〜」といつものように笑い飛ばされてしまいました。
 
ーーー
 
早速、「第2弾をお願いします」というお声もたくさんいただきました。
これからも、WeiWei's Cafeは、開かれた空間としてみなさんに提供されていくと思います。
ぜひ、「集いの場」として、みなさんが楽しく過ごせていければと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.11.22)  
 
 
 
 
 
 

« ウェイウェイさん IN 「日中友好45周年記念イベント=縁=」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「長岡」  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/72276000

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「中国古筝と二胡が奏でる東方の旋律」:

« ウェイウェイさん IN 「日中友好45周年記念イベント=縁=」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「長岡」  »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31