« ウェイウェイさん IN 「台風」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「沖縄2」 »

2017年9月27日 (水)

ウェイウェイさん IN 「沖縄1」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第356回 ウェイウェイさん IN 「沖縄1」
 
201708__a42
※画像は10/15(日)日本平ホテルでのディナーショウのフライヤーです。
 
 
今回は、沖縄ツアーのレポートです。
 
初日のセミナーに始まり、那覇でのライブ、石垣でのライブでした。
どれもとても盛り上がり、素晴らしいツアーとなりました。
また一つ、とても印象的なツアーとなりました。
 
ご報告の前に、軽く閑話休題を。
 
石垣でのライブ終了後の事でした。
終演後に、会場で簡単な打ち上げがありました。
 
そこに、地元の方がいらっしゃって、石垣に住むその方の苗字の歴史という感じのお話をしていただきました。
200年ほど前から続く家系とそのエピソードのお話を聞いて、ウェイウェイさんもとても関心を持って聞いていました。
そして、言いました。
 
「そんな、200年も前からの家計簿があるんですか?!」
 
はい、そんなものはありません(笑)。
もちろん、すかさず私が「家計簿じゃありません」と突っ込むと、例によっての大きな声で「はははあははははあはっはっはは〜〜」と笑い、笑いすぎて涙を流しながら、
「中国では、家系図のことを家計簿と言います」と、苦し紛れに言いました。
そばに、中国語の分かる日本人の方がいらっしゃっていて、「本当ですか?」と聞かれると、「私の知らない中国語です」と、困ったように答えていました。
 
———
 
さて、ツアーのご報告です。
 
沖縄でライブなどを実施する際、いつも地元の二胡姫という二胡関連商品を扱う会社の方にお世話になっています。
今回も、セミナー、ライブともお世話になりました。
また、二胡の教室も主宰されていて、ゲストとしても出演していただきました。
 
沖縄には本当に多くの二胡愛好家がいらっしゃって、セミナーはもちろん、ライブでも、多くの愛好家の方にご来場いただきました。
 
セミナーでは、基本から始まり、ウェイウェイさんのオリジナル曲で、観光大使を務める世界遺産の白川郷のイメージソング「時の旋律」を指導しました。
みなさん、それこそ「食い入るように」とても真剣な眼差しでセミナーを受講し、終了後のサイン会では、感激のあまり泣き出す方もいらっしゃいました。
こうして、着実に二胡がみなさんに伝わりつつあることを実感できて、ウェイウェイさんもあらためて喜んでいました。
 
———
 
翌日は、お馴染みの桜坂劇場でのライブでした。
こちらも、開場時間前から長蛇の列で、とても多くの方にご来場頂きました。
 
もちろん、ライブは大盛り上がり。
沖縄のお客様は、あまり立ったりしないそうですが、恒例の最後の「あの曲」では、総立ちで、手拍子とフリで、会場全体が一つになりました。
 
途中、ちょうどその日がウェイウェイさんのお父様の誕生日ということもあり、故郷を思う「500マイル」の時には、少し涙ぐむシーンも有りました。
 
終演後のCD即売会では、いつも多めに用意しているのですが、予想をはるかに上回る売れ行きで、翌日の石垣分が足らなくなるのではないかと、個人的に少し嬉しい冷や汗(?・笑)をかきました。
 
その日は、もう一つ、新しい「出会い」がありました。
 
実は、その日の朝、朝食をとろうと、国際通りを、お店を物色しながら少し歩きました。
ところが、あまり入りたい感じのお店に出会いません。
すると、ウェイウェイさんが、スマホを取り出して言いました。
「この近所で、朝ごはんを食べたいのですが、どこか良いところはありますか?」
スマホにもとても丁寧なウェイウェイさんです(笑)。
 
すると、その丁寧さが嬉しかったようで、「こちらのお店が見つかりました」と、スマホも丁寧な答え(笑)。
 
しかし、案内された場所は、「本当にここ?!」というような、通りから裏路地に入った、正直言って、おすすめの食事処という感じとはかけ離れた、場所&店構え。
私個人的には、以前上海でウェイウェイさんに案内された、裏路地の「地元感バリバリ」で正直少し怖いと感じるような場所でした。
 
恐る恐る入ってみると、薄暗い店内。
しかし、お店の方がとてもフレンドリーに、そして他のお客さんもなんだかとてもフレンドリーな感じで、一気に印象が変わりました。
上海で感じたことと全く一緒でした。
ウェイウェイさんも、「ここ、すごく良いですね!」とすぐに溶け込みました。
 
朝食もオーガニックで、とても美味しかったです。
聞くと、すぐとなりにゲストハウス的な宿泊所があり、多くの方が安い料金で長期滞在しているとのこと。
「泊まれる飲み屋」というコンセプトのようです(笑)。
だから、お客さんでありながら、洗いものをしたりして手伝ったりしているのも納得。
ウェイウェイさんも、すぐに他のお客さんと楽しそうに会話を始めました。
 
よく見ると、壁にはギターや三線があったり、奥にキーボード、カホンなどがあります。
聞くと、夜には、いろんな人が集まって、自然発生的にライブになることも多いとのこと。
ウェイウェイさんがそれを聞いて、即反応。
「今夜、ライブが終わったら、もう一度ここに来ましょう。私、二胡を持ってきます」
 
———
 
だいぶ長くなりました。
続きは明日投稿します!(多分・笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.9.27)  
 
 
 

« ウェイウェイさん IN 「台風」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「沖縄2」 »

コメント

「あの」夜、三線とギターでセッションさせていただいて、ありがとうございました。とても素晴らしい、夢のようなひと時でした。
続編を楽しみにしています。

那覇の朝食のバナナジュースの店は驚きでした!まさか、あそこに泊まっているんじゃぁないだろうと、心配までしました!あそこはディープも相当なものです!中国語でGoogleしないと、出てこないんじゃあ?忙しく全国を飛び回られているでしょうが、沖縄を忘れずに、また来てください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/71823922

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「沖縄1」:

« ウェイウェイさん IN 「台風」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「沖縄2」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30