« ウェイウェイさん IN 「2017年ゴールデンウィーク」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」 »

2017年5月17日 (水)

ウェイウェイさん IN 「PiaNico 5th & 6th」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第337回 ウェイウェイさん IN 「PiaNico 5th & 6th」
 
Legacy
※画像はNew Album「Legacy」のフライヤーです。
 
 
怒涛のゴールデン・ウィークの後も、相変わらず怒涛の日々が続いています(笑)。
今回は、ピアニストの西村由紀江さんとのユニット、「PiaNico」のライブ5thと6thのご報告です。
 
っと、その前に「閑話休題〜ウェイウェイさんの言い間違い」を二つ。
 
最近、本当にここに書くような言い間違いが減っていて、「ネタ不足」だったのですが、怒涛の日々のせいなのか、立て続けに「ネタ」をいただきました(笑)。
 
その1
どういった話の流れかは忘れてしまいましたが、映画の話になり、ウェイウェイさんが言いました。
「あの『シャンデレラ』は凄かったです!」
私のボキャブラリーには「シャンデレラ」という単語はありません(笑)。
私が「『シャンデレラ』って何ですか?」と聞くと、久しぶりに聞く「あっっはははっはは〜〜」という周囲を憚らない大きな笑い声で言って、「あああ、マネージャーブログに書かないでください〜〜」と、言っていました。
その後の会話で判明したのは「シャンデリア」でした。
まあ、私も「シャンデリア」か「シンデレラ」のどちらかだとは想像していましたが(笑)。
 
その2
昨日のことです。
神戸でのPiaNico5thを終えて、翌日朝食を一緒に食べているときでした。
BGMで、ビートルズの「In My Life」のカバーで、ギターが主メロを演奏しているインストバージョンが流れてきました。
すると、ウェイウェイさんが言いました。
「この曲、『エレクトン』ですよね」
これには、随分ウェイウェイ語に慣れたつもりの私も「なんのこと?」と分かりませんでした。
ギターのメロディなので、「エレクトーン」ではないことは分かりました。
何を言い間違えたのか分かりますか?!
その後、何を言いたかったのかを探るべく、話していたら、判明しました。
答えは「エリック・クラプトン」の言い間違いだったのです(笑)。
ヒントは「ギターの音」しかありません。
判明した時に、「エリック・クラプトンの曲じゃないし」と、言ったら、「あはははああはっはああ〜〜」とやはり、「ブログに書かないで〜〜〜」と店中に響く大きな声で言いました。
はい! しっかり書かせていただきました(笑)
 
ーーー
 
さて、PiaNicoのご報告です。 
 
いつの間にか、PiaNicoが結成されて、すでに3年です。
その都度、「男らしい」「美熟女」二人がお互いの音で会話し合う姿は、見ていて本当に素晴らしいです。
 
毎回、同じ曲でも二人の表現が微妙に変化し、音の会話のニュアンスが変わっていきます。
それは、会場ごとでも違うし、時の流れによっても変化しています。
今回の5thと6thで、それはどんどん進化していることを感じました。
 
個人的にとても印象に残ったのは、それぞれのソロ・コーナーでした。
ウェイウェイさんは、お父様の作曲した「郷音」をア・カペラで演奏しました。
私は、もちろん何度も聞いていますが、今回初めてア・カペラで演奏されたのですが、いつもの「郷音」とは全く違う曲に聞こえました。
 
その理由が私自身、分からなかったのですが、今この文章を書いていて気が付きました。
おそらく、「PiaNico」としての「音の会話」があっての「ソロ演奏」だったからだと思います。
一緒に演奏していないときも、お互いの気持が通じ合って、ソロ演奏なのにそこに「会話」が成立していたような気がします。
もしかしたら、西村さんのソロ演奏も、西村さん自身、いつもと違う演奏だったのではないかと思います。
 
ーーー
 
そういえば、それを証明するような会話が楽屋でありました。
 
PiaNIcoの二人の会話は、「妙に噛み合わない」ことがよくあります。
そばで聞いていて、「噛み合っていない」と感じるのですが、二人は全く違和感なく会話が「成立」しているという、不思議な光景です(笑)。
 
それを私が指摘した時の事でした。
私が「お二人の会話は妙に噛み合っていないことがよくありますよね」と言うと、ふたりともとても「自信たっぷり」に、「音で会話しているから、良いんです!」と言われてしまいました。
私のような凡人には正直理解不能です(笑)。
 
でも、お互いのソロ曲を弾いていても、そこには目に見えない会話があるということに気がついてしまったら、納得せざるを得ません。
 
そのうち、この二人はそれこそテレパシーで会話する日が来るのかもしれません。
その空気感を、これからも楽しんでいきたいと思います(笑)。
ぜひ、みなさんもその瞬間の証人になってもらえればと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.5.17)  
 

« ウェイウェイさん IN 「2017年ゴールデンウィーク」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/70590176

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「PiaNico 5th & 6th」:

« ウェイウェイさん IN 「2017年ゴールデンウィーク」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31