« ウェイウェイさん IN 「ワールドミュージックナイト」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Legacyライブ第1弾」 »

2017年4月 5日 (水)

ウェイウェイさん IN 「上海公演リハーサル」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第331回 ウェイウェイさん IN 「上海公演リハーサル」
 
 
170407cafelive
※画像は4/7(金)、9(日)「Legacy」東京第1弾のフライヤーです
 
 
春ですね!
桜はもちろんですが、空気感にも春を感じます。
 
なんだか、ワクワクしてしまうのは私だけでは無いと思います(笑)。
 
そんなワクワク感を、先日の「上海公演のリハーサル」で感じました。
ウェイウェイさんと、心弦二胡楽団の奏でる二胡の音色と、ミュージシャンの奏でるそれぞれの楽器の音色が調和して、春の香りを運んでくれました。
 
−−−
 
今回の上海公演は、上海のラジオ局が主催するコンサートです。
以前にもお伝えしましたが、日本の「題名のない音楽会」のような、歴史ある番組の企画です。
 
今更ですが、二胡は中国の伝統楽器です。
伝統があるからこそ、今の中国の若者たちには、あまり興味を持たれていないのも現実です。
しかし、その伝統楽器で、ウェイウェイさんは「伝統を大切にしながら、伝承していく」ことを目指しています。
そんな気持ちと、ウェイウェイさんの新しいスタイルに共感した番組のスタッフからの依頼で実現しました。
しかも、二胡が、外国人である日本人の多くに愛されているということも、番組スタッフの方には驚きだったようです。
 
コンサートのタイトルは「伝承」です。
それは、再来週の19日に発売されるニュー・アルバム「Legacy」というタイトルそのものでもあります。
 
しかも、コンサートの会場は、上海で最も歴史のある「上海音楽庁」。
まさしく、「伝統と伝承」というテーマにぴったりです。
 
−−−
 
私は昨年12月に上海にウェイウェイさんに同行し、番組スタッフの方と打ち合わせし、会場も下見してきたこともあり、そんな、今回のコンサートの「背景」を知っているだけに、先日のリハーサルでは、とてもいろいろな気持ちが交錯しました。
(あ、もちろん、打ち合わせはほとんどウェイウェイさんが中国語で話していたので、時折、ウェイウェイさんからの説明や、質問に答えただけですが・・・汗)
 
「20th」では、「日本の二胡」の素晴らしさを感じ、「賽馬」では、「伝統の二胡の楽しさ」を感じ、「蘇州夜曲」と「夜来香」、さらに「ジブリメドレー」と「アストゥリアス」。
それぞれに、「二胡」というだけではなく、「音楽」の素晴らしさ、「日本と中国」、ウェイウェイさんと心弦のみなさんとの絆など、リハーサルに立ち会っていて、いろんなことを考えさせられ、同時に感動してしまいました。
 
 
当日、実はウェイウェイさんは体調があまりよくありませんでした。
連日の激務で、相当疲れていたのですが、リハーサルが進むうちに、どんどん元気になっていきました。
 
リハーサル後、ウェイウェイさんが言っていました。
 
「疲れていても、こうしてみんなと二胡を弾いていると、リラックスできてパワーを貰います」
 
 
これこそが、ウェイウェイさんの活力源なのですね。
 
 
−−−
 
メルマガにもありますが、当日はインターネットでコンサートの模様が配信される予定です。
ぜひみなさん、インターネットでご参加いただき、その感動を共有してください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.4.5)  
 

« ウェイウェイさん IN 「ワールドミュージックナイト」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Legacyライブ第1弾」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/70160156

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「上海公演リハーサル」:

« ウェイウェイさん IN 「ワールドミュージックナイト」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「Legacyライブ第1弾」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30