« ウェイウェイさん IN 「2525Day」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「500マイル」 »

2017年3月 8日 (水)

ウェイウェイさん IN 「初恋」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第327回 ウェイウェイさん IN 「初恋」
 
170407cafelive
※画像は4/7(金)、9(日)「Legacy」東京第1弾のフライヤーです
 
<記事の一部が変更になっています>
ウェイウェイさんの知られざる一面をご紹介しているこのブログなので、今回のタイトルを見てびっくりされた方もいらっしゃると思います(笑)。
 
ご安心ください、「初恋」とはアルバム「上海Red」に収録されている「初恋〜フラジャイル」のことです。
ウェイウェイさんの大好きなアーティスト「スティング」の名曲です。
 
 
スティングの曲をカヴァーしている人は多いですが、基本的にオリジナルの英語の歌詞で歌われています。
詳しくは知りませんが、スティングは自分の曲を他のアーティストがカヴァーするとき、元の歌詞を別の言葉に翻訳して歌われることに対して、なかなか許諾をしないと聞いたことがあります。
 
自分の作った作品を大切にしているからこそ、当然のことだと思います。
そういう意味でも、ウェイウェイさんの「初恋〜フラジャイル」が許諾されたのは、とてもすごいことだと思います。
 
ウェイウェイさんから「歌詞をぜんぜん違う内容に変えたので、許諾されて、本当に嬉しかったです」と聞いたことがあります。
 
ーーー
 
当然のことですが、曲には「著作権」というものがあり、その曲を作った人の権利とともに、作家の「曲に対する思い」というものが存在します。
上記の「初恋」もそうですが、曲をカヴァーするときは、必ず事前に申請して「許諾」を得ます。
(クラッシックのように、作家が亡くなってから大きく時間が経っている曲は、「許諾申請」がいらない場合もあります)
インストで演奏される場合も、もちろん同様です。
 
「初恋〜フラジャイル」のように、歌詞を翻訳する場合はもちろんですが、原曲のメロディを微妙に変更したり、アレンジなどに対しても、権利を持っている人(会社が持っている場合もあります)が、「許諾」しない限り、勝手に使うことはできません。
 
今回、メルマガの冒頭にもありますが、ウェイウェイさんのデビュー15周年記念アルバム「Legacy」の発売日が変更になりました。
発売を楽しみにお待ちいただいてる皆様には本当に申し訳なく思っています。
 
<中略>
 
ーーー
 
「作品」というのは、本当に生き物ですね。
以前、ここに「生まれたばかりの子ども」ということを書きましたが、アーティストは本当に心をこめて作品を創りだします。
 
「初恋」の時、ウェイウェイさんは元の歌詞をそのまま「翻訳」するのではなく、その曲の持つイメージで「初恋」にしたと言っていました。
 
アーティストが心をこめて作られた作品は、時間が経つ内に本当にいろいろな形で「成長」していきます。
 
場合よっては、グレて「正しい道」を踏み外すことがあるかもしれません(笑)。
「作者」がきちんと「許諾」することで、そんなことにならないように「見守る」事もできます。
 
あ、もちろん、今回のウェイウェイさんの演奏した曲が「グレた子ども」ということではありませんよ!(笑)
 
いずれにしても、今回の発売日変更に関しては申し訳ありませんでした。
4月19日にはリリースしますので、もう少しお待ち下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2017.3.8)  

« ウェイウェイさん IN 「2525Day」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「500マイル」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/69849155

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「初恋」:

« ウェイウェイさん IN 「2525Day」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「500マイル」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30