« ウェイウェイさん IN 「熊本の小学校でのライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来年の予定」 »

2016年9月28日 (水)

ウェイウェイさん IN 「洞川温泉」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第304回 ウェイウェイさん IN 「洞川温泉」
 
161011cafelive
※写真は10/11(火) WeiWei's Cafeでの「Dear」ライブのチラシです。
 
 
先日の土日、奈良県の洞川温泉で実施された「えんがわ音楽祭」に参加してきました。
昨年から始まったイベントで今回が第2回目。
「秘湯」というほどの山奥ではなく、観光地化された温泉街でもない、とても雰囲気のある温泉街でした。
 
洞川温泉は、今も「女人禁制」の大峰山麓にあり、昔から修験僧が多く訪れた場所。
聞いたところによると、多くの人が同時に宿を訪れるため、一度に多くの人が入れるように広く縁側を作ったそうです。
どの温泉宿も縁側があり、参加したアーティストたちが次々にその縁側でライブを実施するイベントです。
もちろん、どのライブも聞くのは無料。
最初のアーティストのライブを見たら、10数メートル離れた宿の縁側で次のアーティストのライブを見るという、とても贅沢なイベントでした。
 
ギターの越田さんと一緒に、前夜祭から参加したウェイウェイさんは、縁側が2回、メインステージと、さらに最後に出演者全員による「大広間」ライブまで、全部で4回+αのライブでした。
 
ーーー
 
主催者の方から聞いていたイメージでは、ゆったりと、ゆる〜りと演奏する感じだったのですが、いやいや、結構大変でした(苦笑)。
 
というのも、全部で4回+α のステージですが、そのすべての会場が違います。
場所が変われば、当然その都度リハーサルがあり、しかもメイン会場では、一緒に参加したアーティストの方たちとのコラボ演奏あり。
当然、全部リハーサルが必要で、単純に本番4回+αとリハーサル6回!
しかも、その都度場所を変えてということだったのでした。
 
順にたどってみますね(笑)。
 
ーーー
 
朝、新幹線でまず京都まで行き、近鉄特急に乗り換えて橿原神宮前まで3時間かけて移動しました。
そして、主催者の方のお迎えの車に乗って、1時間半かけて洞川温泉まで移動しました。
 
1.リハ1
まず、翌日のメインコンサートのためのリハーサルでした。
このリハーサルは、ウェイウェイさんコーナーのリハーサルなので、越田さんと二人のみでした。
二胡の音がギターと一緒に森にこだましました。
本当に、心の奥に届く気がして、感動的です。
ただ、とても湿気が多くて困りましたが・・・。
 
2.リハ2
そして、場所を移動して、前夜祭の「えんがわライブ」の為のリハーサルでした。
こちらも、越田さんと二人。
 
3.本番1
少し間を置いて、本番。
温泉宿の「えんがわ」でのライブなので、お客さんは当然目の前の道路に仮設置された木のベンチで見ていました。
溢れるくらいのお客さんを前に、「新天地」「JIN」など、たっぷりとお贈りしました。
洞川温泉は高地にあるせいか、少し寒いくらいでした。
終演後、ウェイウェイさんは温泉にゆっくり浸かって休みました。
 
4.リハ3
翌日、午前中から、その日のメインステージのコラボリハでした。
尺八の藤原道三さんとボタンアコーディオンの桑山哲也さんに越田さんを含めてのコラボでした。
ウェイウェイさんも越田さんもお二人と共演したことがあるので、旧知の仲。
ただ、この4人というのは初めてでした。
曲の打ち合わせをして、早速、音での会話が始まりました。
二胡、尺八、アコーディオン、ギターの音が自然豊かな場所に響いて、とても幻想的です。
 
5.リハ4
その後、出演者全員のコーナーのリハーサルでした。
シンガー・ソングライターの尾崎亜美さんと、フルートの横田美穂さん、篠笛の佐藤和哉さんたちと、今回のえんがわ音楽祭の最後を飾る全員参加の曲をリハーサルしたのでした。
 
6.本番2
第1部で、尾崎亜美さんたちが演奏し、第2部でウェイウェイさん登場でした。
ウェイウェイさんコーナーは、越田さんと二人。
前日リハーサルした曲と全く違う曲になりましたが(笑)、そこは越田さんとのデュオなので、直前の曲目変更もバッチリでした。
「ジブリメドレー」などを演奏しました。
 
7.本番3
第2部の最後に「リハ3」でやった4名でのコラボコーナー。
以前、藤原道山さとご一緒した時も思ったのですが、二胡と尺八の音が同時になると、どちらがどちらか分からなくなるような瞬間があります。
演奏者たちと楽器たちが融け合って、音楽に新たな息吹が吹き込まれる瞬間を体験させてもらいました。
 
8.リハ5
コラボコーナーも終わり、楽屋に戻ったら、今度は、今回のイベントの最後の「大広間ライブ」で演奏する、藤原道山さんとの演奏のリハでした。
 
9.リハ6
メイン会場を後にして、少し間が空いたのでウェイウェイさん、越田さんと私の3人で喫茶店でお茶をしました。
その時に、越田さんから「聞いていたようなゆるい感じは全く無いですね」
ウェイウェイさんも、「そうですね。リハと本番が次々にあるので、緊張が続いてしまいますね」と言いました。
確かにそうでした。
ただ、とても雰囲気の良い場所なので、そのイメージが強く、まったりとゆるい感じは漂うのですが、やはり演奏するアーティストにとっては、気の休まる時間は無かったようでした。
 
お茶をしたあと、えんがわ2回目の為のリハーサルでした。
前夜祭とは違う宿の縁側でのリハ。
だいぶ、コツを掴んだようで、ウェイウェイさんも越田さんも多少はリラックスムードに見えました。
 
9.本番4
少し休憩をして本番でした。
日曜日の夜なので、前日よりは観光客の人たちが減ったようでしたが、それでも、道路を人が埋めて、とても大勢の方に見ていただきました。
超久しぶりの「Spain」などを、演奏し、大きな拍手をもらいました。
 
10.本番5
そして、夕食。
とても美味しい食事だったのですが、ゆっくり味わう時間がなく、とても残念でした。
大急ぎで食事を終えて、最後の会場、「大広間」のある旅館に移動しました。
 
会場は超満員。
先程も書いたように、夜になると寒いくらいだったのですが、窓を開けてあるにもかかわらず、会場は熱気で暑かったです。
 
ウェイウェイさんは藤原道山さんと一緒に「荒城の月〜蘇州夜曲」を演奏し、最後には出演者みんなで「リベルタンゴ」「赤とんぼ」などを演奏し、最後の最後に、お客さんの大合唱と一緒に「上を向いて歩こう」でイベントは終了しました。
 
全体を通して、とても盛り上がり、とても喜んでいただいたライブになり、最後に出演者全員とスタッフ全員で乾杯し、イベントは終了したのでした。
 
ーーー
 
翌日は、宿を予定時間より少し早めに出発して芸能の神様でもある、天河大弁財天社にお参りに行き、最初に書いたルートを遡って東京に戻りました。
 
今回のイベント、ウェイウェイさんは「予想に反して結構大変でした」と口では言っていましたが、温泉も宿もイベントも素晴らしく、帰りの車では
「また来たいですね」
と笑顔で締めくくっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2016.9.28)  

« ウェイウェイさん IN 「熊本の小学校でのライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来年の予定」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/67700574

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「洞川温泉」:

« ウェイウェイさん IN 「熊本の小学校でのライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「来年の予定」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31