« ウェイウェイさん IN 「二胡自由セッション」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「香港行その2」 »

2016年8月24日 (水)

ウェイウェイさん IN 「香港行その1」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第299回 ウェイウェイさん IN 「香港行その1」
 
 
このブログも今回が第299回!
次回は300回となります。
初回が2010年2月なので、既に6年半!!
みなさま、ご愛読ありがとうございます。
これからも頑張りますので、引続きよろしくお願いします。
 
さて、今は香港でこの原稿を書いています。
第3回香港音楽節に参加するために、21日に香港入りしました。
 
到着してすぐにオープニングセレモニーのリハーサル〜本番というスケジュールでした。
 
ーーー
 
まずは、前日20日のレポートを。
 
地元の武蔵小山にて、今回参加する心弦二胡教室のみなさんと特別に会場を借りてのリハーサルでした。
何しろ参加者が70名を超えているので、全員一緒に演奏するためにお借りしました。
 
今回同行していただく森丘さんも参加しての、本番さながらのリハーサルでした。
全員、揃いの法被を着て、音楽節で演奏する予定の曲を次々にあたりました。
 
すでに何度かリハーサルしているとはいえ、演奏は鳥肌モノで、とても素晴らしいものでした。
ウェイウェイさんが、「審査基準」の説明をし、参加者のみなさんの演奏はもちろん、登場時の表情や姿勢など細かくチェックして、指導しました。
 
音楽節に参加する他の演奏者の方々のレベルは分かりませんが、「日本」から参加する「二胡」の団体がこれほどの演奏をするとは、きっと中国の方々も想像していないと思います。
優勝できるかどうかはもちろん分かりませんが、審査員の方はもちろん、それ以上に中国の方々が驚くことと思います。
 
リハーサル終了後、ウェイウェイさんと森丘さんと一緒に、WeiWei’s Cafeに顔を出すとすでに何名かの心弦の方がいました。
ウェイウェイさんが、
「せっかくモリゴンが居るんだから、これからここでセッションしましょう」
と言い出しました。
 
でも、ピアノはもちろんキーボードもありません。
その時点からキーボードを持ち込んでセッティングするにはあまりに無理がありました。
それでも諦めきれないウェイウェイさん。
結局、カラオケでみなさんと「第2回二胡自由セッション」となりました。
なんと、森丘さんはiPadをとりだして、「擬似キーボード」演奏まで!!
その「擬似キーボード」とウェイウェイさんの二胡での「インプロビゼーション」は、それはそれでなかなかのものでした!
 
ーーー
 
そして、翌日は香港入りでした。
 
リハーサルの都合で、我々のフライトは朝の6時過ぎの便。
当然、5時前には空港についていなければならず、ウェイウェイさん宅出発は午前4時でした。
森丘さんも当然その時間に羽田まで行くのは困難なので、武蔵小山泊でした。
 
眠い目をこすって、無事に搭乗し、機内で爆睡し、問題なく香港に到着。
そのままオープニングセレモニー会場入りしました。
5月3日にご一緒したチェロの「何(か)」さんが出迎えてくれて、そのまますぐにリハーサルでした。
 
会場は、1,000人くらい収容できる多目的ホール。
そこで、何さんと森丘さんと一緒に「月光」と「菊花台」のリハーサルをしました。
 
毎回、「言葉の壁」にぶち当たる私です(泣)。
ウェイウェイさんが中国語、英語でいろいろと説明してくれて、私もカタコト☓2くらいの英語で、現地の音響スタッフに要望を伝えて、リハーサルも無事に終了しました。
 
ーーー
 
リハーサルが終了してから本番まで、結構時間が空いたのですが、我々の泊まる予定のホテルは会場から離れているので、戻るわけには行きませんでした。
飛行機で寝たとはいえ、前日ほとんど寝ていなかったので、私は疲れを感じていたのですが、バイタリティの塊のウェイウェイさんは、「ちょっと美容院を探して髪の毛をセットしてもらってきます」と、ひとり香港の街並みに消えていきました。
森丘さんと私は、ホールの楽屋で、うたた寝をしながら時間を潰しました。
 
そして、やっと本番時間になり、いざステージへ!
 
っと思ったところで、事件が!!
 
出番直前になって何さんが、「譜面が無い!!」と言い出しました。
なんと、リハーサル終了後何さんは宿泊しているホテルは近かったので、一旦戻り、譜面をそのまま忘れてきてしまったのでした。
 
出番までほんの数分です。
主催者と何さん、そこにウェイウェイさんも加わって、中国語での会話なので、何を言っているのか分かりませんでしたが、結局、何さんはホテルに戻り譜面を持ってくるので、順番を変更して次の出演者に先に出ていただくことで決着したようでした。
 
結果としては、無事に演奏できました!
 
「菊花台」を先に演奏しました。
この曲は中国ではとても有名な曲。
そして、さらに「月光」はとても迫力があり、終演後は盛大な拍手で会はとても盛り上がりました。
 
ーーー
 
演奏後、ウェイウェイさんはみなさんに挨拶して、いろんな方と記念撮影をし、会場を後にしてホテルに到着しました。
 
さすがのウェイウェイさんも疲れていたようですが、「せっかくなので」と、ホテルの近所のオープンバーでウェイウェイさん、森丘さんと3人で軽く乾杯をし、長い長い一日が終了しました。
 
 
翌日は、3人でホテル周辺の香港の一番の繁華街を観光し、夕方から音楽節会場の下見(オープニングセレモニーは音楽節会場とは別会場)をし、その後ウェウカムパーティに出席し、多くの主催者の方たちとご挨拶。
中国式の乾杯やら、ご挨拶やら、ウェイウェイさんも終始にこやかにいろんな方と色んな話をしていました。
もちろん、森丘さんと私は中国語が分からないのでそばで「微笑」しているだけでしたが(汗)。
 
昨日は完全OFF日。
ウェイウェイさんのご両親も前日夜に合流したので、少し久しぶりの再会を楽しんでいました。
 
さあ、いよいよ今日は「本番」です。
 
続きは次回をご期待ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2016.8.24)  

« ウェイウェイさん IN 「二胡自由セッション」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「香港行その2」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/67158841

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「香港行その1」:

« ウェイウェイさん IN 「二胡自由セッション」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「香港行その2」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30