« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe Time In 下呂」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「福岡―その2~PiaNico 3rd」 »

2016年7月27日 (水)

ウェイウェイさん IN 「福岡—その1〜音恵」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第294回 ウェイウェイさん IN 「福岡—その1〜音恵」
 
 
ネタばらしで恐縮ですが、今週もこの原稿はメルマガ配信日の前日、26日の夜に「WeiWei's Cafe」の外のデッキで青島ビールにおつまみをいただきながら書いています(笑)。
今日のおつまみは「裏メニュー」の「ピータン」と「揚げ煎餅」です。
 
あいにくの小雨なのですが、デッキはこの程度の雨なら濡れないので、快適な(ほろ酔い)気分で書いています(笑)。
 
さて、今回は先日行われた、福岡での「音恵」のご報告です。
翌日の「PiaNico 3rd」のご報告は来週までお待ち下さい。
 
ーーー
 
23日の土曜日に福岡に前乗りしました。
 
東京を出発する前に事件が起こりました!
 
羽田にはウェイウェイさんの愛車で、私が運転して行きました。
土曜日の朝、夏休み初日ということは知っていましたよ!
だから、予定の飛行機に乗るために、早めに羽田に出発したのです。
到着したのは、フライト時間の2時間前です。
 
甘かったです!!
 
案の定、駐車場は「満」の文字。
しかも、待ち時間180分!!!!
 
当たり前の話ですが、フライト時間に間に合いません。
私が、駐車場の係員の方に、「なんとかなりませんか?!」と交渉してみましたが「皆さん、そうおっしゃいますが、無理です!」と、当然の回答。
「近隣の駐車場はどこですか?」と聞くと「環八まで戻っていただいて、一般の駐車場に停めて下さい」との答え。
 
それはそうですよね。
 
係員の方の言うとおりにしました。
もちろん、先にウェイウェイさんを空港で降ろして、「最悪、後から追いかけます」と言って、私は大急ぎで環八まで戻り、一般駐車場を探し、駐車して空港に戻りました。
幸い、なんとかギリギリでしたが予定通りの飛行機に乗ることが出来ました。
みなさん、お出かけは時間の余裕を大幅に持って出かけましょう(苦笑)。
 
ーーー
 
出発日の東京は相変わらずの梅雨空で、半袖では肌寒いくらいの天気でしたが、福岡はまさしく「真夏」でした。
福岡空港から、前日リハーサルのためにコンサート会場の「福岡懸護国神社」に直行しました。
 
到着してすぐに、ステージに向かいました。
 
福岡へはもう何度も行っていますが、中心街からさほど離れていないところに、こんなにも広大な神社があるとは知りませんでした。
車の音も届かない、神聖な雰囲気の素晴らしい会場でした。
 
私たちより先に、すでに他のアーティストのリハーサルが始まっていました。
見ると、スタッフもミュージシャンの皆さんもすでに「汗だく」状態で、まるで「今、温泉に入ってきました」という感じでした(笑)。
真夏の野外ならではの光景です。
 
ウェイウェイさんもそうですが、私も「夏の野外公演」が大好きなので、気分が盛り上がります。
 
ウェイウェイさんは、野外用に、いつもの愛用の二胡を丁寧にケアをしてリハーサルに臨みました。
 
二胡はどんなシチュエーションにも似合います。
神社だけではなく、野外コンサートでいつも思うことは、ウェイウェイさんの二胡の音色が響き渡ると、その「世界観」がとてもマッチすということです。
昨年の鎌倉・鶴岡八幡宮でもそうでしたが、静かでメロディアスな曲も、激しい曲も独特の「世界観」に包まれて、聞く人の心に響き渡ります。
 
ウェイウェイさんは、みなさん汗だくなのに、なぜかそれ程汗をかきませんでした。
以前にもここに書いたことがありますが、40℃を超えないとあまり汗をかかないようです。
でも、さすがに、少し顔が赤くなっていました。
 
無事にリハーサルを終えて、その日は出演者の皆さんや主催者の方たちと、前日の顔合わせをし、早めに翌日に備えてお開きとなりました。
 
ーーー
 
翌日、いよいよ本番です。
 
今回、演奏したのは、ピアノの西村さんと一緒に、「PiaNico」の「夢の扉」。
そして、ウェイウェイさんのコーナーで「JIN」と「月光」。
さらに、かねてよりご一緒したことのある大先輩の森山良子さんと「涙そうそう」を演奏しました。
 
幸い、本番当日は曇り空で、湿度は高かったのですが、直射日光が強くない分、前日のリハーサルよりは、過ごしやすかったです。
 
個人的に「鳥肌」が立ったのは、「月光」でした。
神社の荘厳な雰囲気にの中に、ピアノ、パーカッション、ギター、ベース、チェロ、と一緒に奏でられた「月光」は、昼間にもかかわらず、本当に幻想的な「月光」が見えた気がしました。
 
ーーー
 
最後の葉加瀬太郎さんの演奏まで、開演から約4時間のイベントでした。
素晴らしいアーティストが参加した、真夏の饗宴に酔いしれた一日になりました。
 
主催者の方も、全体をプロデュースした葉加瀬さんも、「毎年恒例のイベントにしたい」と言っていました。
また、来年も参加したいと思う、素晴らしいイベントでした。
今回ご参加できなかった方も、ぜひ次回をご期待ください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2016.7.27)  

« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe Time In 下呂」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「福岡―その2~PiaNico 3rd」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/66708326

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「福岡—その1〜音恵」:

« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe Time In 下呂」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「福岡―その2~PiaNico 3rd」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30