« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe プレオープン企画ライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafeいよいよオープン!」 »

2016年6月29日 (水)

ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第290回 ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」
 
 
今年も紫陽花の季節に恒例の、鎌倉・歐林洞でのあじさいライブが実施されました。
5年連続でのライブです。
(ウェイウェイさんのTALKでは4回目と言っていましたが、後で確認したら5回目でした)
 
ウェイウェイさんにとって、鎌倉は大好きな場所で、毎年の「初詣で+うなぎ」は欠かせない大事な行事です。
初詣でとあじさいライブで最低でも2回は訪れる場所になっています。
 
ーーー
 
ここで、久しぶりの軽めの閑話休題です。
本当に、最近のウェイウェイさんはこのブログネタの「閑話休題ネタ」が少なくて、筆者としては困っています(苦笑)。
 
ライブのTALKで、ウェイウェイさんが言いました。
 
「毎年、この時期の浅草は・・・・・・・・・・・・・・・・」
 
思わず「浅草」と言ってしまい、すぐに自分で気づいたのでしょう。
完璧に固まっていました(笑)。
 
固まっているウェイウェイさんを見て、客席は大爆笑。
私は、単純に「鎌倉」と「浅草」を言い間違えたと思ったのですが、やはりそこはウェイウェイさん。
 
「すいません、言い間違えました〜。
『あじさいが綺麗』と言おうと思ったのですが、思わず『あさくさ』と言ってしまいました〜〜〜」
 
正直、私は、「え?! そこ?!」と思いました。
多分、お客さんの殆どが私同様「鎌倉と浅草」の間違いだと思っていたと思います(笑)。
これこそが、「ウェイウェイさんならではの感性」と思わず妙に感心してしまった私でした。
 
ーーー
 
歐林洞の会場は、音の響きが美しく、ピアノの音と二胡の音が調和して独特の世界を創りだしてくれます。
実際、『郷音』を演奏した時には、マイクを使わず生音で演奏しました。
ピアノの音量と二胡の音量では大きな差があるのですが、それを感じさせない、まさしく『郷音』を表現する「素朴さ」がありました。
 
それだけではなく、この会場では、ウェイウェイさんは毎回のように「ヴァイオリン」を弾きたがります。
 
今回は、一般発売されてはいないのですが、ある企画アルバムでレコーディングされた、レナード・コーエンの「Dance me to the end of love」とウェイウェイさんのオリジナルの「From Beethoven to Mao」を演奏しました。
 
やはり、ヴァイオリンはウェイウェイさんのルーツですね。
ウェイウェイさんがいつも言っていることですが、
「子どもの頃からヴァイオリンを勉強したからこそ、今の二胡のスタイルがあります」
ということを、実感します。
 
ーーー
 
その他にも「二泉胡」での「二泉映月」、もちろん、久しぶりのまさしく鎌倉での「紫陽花」の演奏など、あっという間の2時間強でした。
 
来年も開催する予定なので、ぜひまたご来場下さい。
お待ちしています!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2016.6.29)  

« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe プレオープン企画ライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafeいよいよオープン!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/66261436

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「鎌倉歐林洞ライブ」:

« ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafe プレオープン企画ライブ」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「WeiWei's Cafeいよいよオープン!」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31