« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

ウェイウェイさん IN 「今年の総括3」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第264回 ウェイウェイさん IN 「今年の総括3」
 
 
2015年の総括第3弾です。
今回は9月~12月です。
 
その前に、先日行われた忘年会の一つ、「PiaNico」のメンバーとスタッフによる「打合せ」&「飲み会」のご報告を。
 
今年8月に結成された、「PiaNico」
チェリストの柏木さんの呼びかけで、宇宙戦艦ヤマトの記念アルバムにピアニストの西村由紀江さんと一緒に演奏をしたのが、きっかけでした。
ほぼ同い年の3人が醸しだした音楽はとても芳醇なサウンドとなりました。
特に、西村さんとウェイウェイさんはとても「馬が合う」感覚だったようで、あっという間に「親友」と呼べるような関係になりました。
そして、すぐに「一緒にライブをやりたいですね!」という話に発展し、8月に実施されたのでした。
 
「美熟女(?!)二人が醸す、芳醇な音楽」として第1回目のライブは、とても素晴らしいライブとなりました。
お互いにとても忙しい1年だったので、それ程お会いする機会は多くありませんでしたが、それでも、久しぶりに会っても、いつも会っているような感覚を持ったようです。
 
来年2月にはその第2弾が実施されます。
その打合せと今年の忘年会を兼ねての会合だったのですが、やはり、とても前向きな二人なので、いろんな「やりたいこと」がお互いに多すぎて「はたしてまとまるのか?!」と思うほどの内容でした(笑)。
 
それにしても、その飲み会は焼肉屋さんだったのですが、とにかく二人ともよく食べます(笑)。
やはり、私の個人的感想は、「二人とも男らしい!」というものでした(笑)。
 
ーーー
 
さて、今年の総括第3弾です。
 
9月
ビルボードライブ東京でのライブをはじめ、四国〜中国〜九州でのライブ、沖縄の那覇、石垣でのライブでした。
特に印象的だったのは、やはり、石垣島での台風直撃でした。
まさに「嵐を呼ぶ女」のウェイウェイさん。
残念ながら予定していた会場でのライブは出来ませんでしたが、缶詰になっているホテルでライブを敢行するという快挙も成し遂げました。
 
10月
10月もライブ! ライブ!でした。
恒例となった牛久や豊川でのウェイウェイズ・アンソロジーツアー、神戸では学園祭のゲストで100人の太鼓と共演や、さらに心弦二胡教室の定期演奏会、RoseWoodsのライブ等々だけではなく、ギターの越田さんのライブゲストなど、ほとんど休む事のないほどの1ヶ月でした。
 
11月
越ヶ谷、浜松、富士、でのアンソロジーツアーと、ピアノの森丘さんのライブゲストなど、相変わらずのライブの日々。
もちろん、何と言っても日本橋三井ホールでの「東京ファイナル」のコンサート。
ひとつの節目のコンサートで、今年を象徴するようなライブとなりました。
そして、観光大使を務める白川郷での記念式典出席と、ファンの方たちと一緒にツアーも組み、こちらも忘れられないほどの、印象的な日となりました。
 
12月
今年の最後の月の12月。
恒例の新潟県長岡でのコンサートでは、「嵐を呼ぶ女」ならず「雪を呼ぶ雪女」としての本領を発揮しました。
さらに、銀座SWINGでは、「ウェイウェイズ・オリジナル」として、自分のオリジナル曲ばかりのライブを実施し、こちらも、来年の活動の指針となるようなライブになりました。
 
ーーー
 
さて、駆け足で今年を振り返ってきましたが、やっぱり、ウェイウェイさんの最も似合う場所は「ライブ」だという事を実感した1年でした。
 
今年も残すは今日と明日のみ。
締めくくりはやっぱりライブです。
初のカウントダウンライブ。
しかも、このカウントダウンライブは「曲順」を決めないライブです。
皆さんからのリクエストされる曲を、どんどん弾きまくるライブです!!
二胡を持って今年を締めくくり、二胡を持って新しい年を迎えます。
 
ご参加される方で、二胡を習っている方はぜひ二胡をお持ち下さい。
ウェイウェイさんと一緒に、二胡を手に、新しい年を迎えましょう!
 
ーーー
 
最後になりましたが、ご愛読いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
全国各地で、「メルマガ読んでます」「ブログ、毎回楽しみにしています」というお言葉をいただき、とても嬉しく、励みになりました。
 
来年も頑張って書き続けるつもりです。
末永く、お付き合いいただければとても嬉しいです。
 
皆さま!
良いお年を!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.12.30)  

2015年12月24日 (木)

ウェイウェイさん IN 「今年の総括2」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第263回 ウェイウェイさん IN 「今年の総括2」
 
2015年の総括第2弾です。
今回は5月〜8月です。
 
その前に、先日の長岡と銀座SWINGの報告を少しだけ。
 
毎年恒例となった新潟県長岡でのライブ。
今年も盛り上がりました。
「雪女」のウェイウェイさんは「本領発揮」して、見事に初雪も降らせました!(笑)
 
長岡のお客様は、リピーターの方もとても多く、毎回「今年はどんな曲を?」と楽しみにしていただいています。
特に今回は、本当に今年の「ウェイウェイズ・アンソロジー」を締めくくるライブだっただけに、その集大成だったと言えるような内容になりました。
 
翌日のセミナーも、毎年楽しみにご参加される方が多く、毎回真剣に且つ和気藹々とした雰囲気でのセミナーとなりました。
 
銀座SWINGでは「ウェイウェイズ・オリジナル」と称して、1曲を除いて、全曲ウェイウェイ・ウー作曲の曲ばかりで構成されました。
その1曲も、ウェイウェイさんのお父様の作曲された「回家」でした。
TALKで、「この曲の印税は私のところに入ります(笑)」と、冗談なのか本当なのか、、、微妙な感じで言っていました。
 
とても好評で、お客様から「またこの企画を演って下さい」と言われ、本人も「自分の歴史をたどるようで楽しかった」と言っていました。
何となく、来年の「来日25周年」を予感させるようなライブとなりました。
 
ーーー
 
さて、今年の総括第2弾です。
 
5月
本格的に「ウェイウェイズ・アンソロジー ツアー」がスタートしました。
大阪と名古屋でのライブには、チェロの柏木さんが参加されてとても贅沢なライブでした。
ライブと同時に、「イマージュ」のCDへの参加や、ある企業からの依頼での音源制作など、相変わらずの忙しい日々でした。
 
6月
鎌倉での恒例の「あじさいライブ」の他、ウェイウェイさんの地元の「武蔵小山」での「武蔵小山イメージソング」の「笑顔の住む街」発表ライブや、上海でのライブなど、ライブざんまいの月でした。
 
7月
北海道のでライブと同時に、チェロの柏木さんのCDへの参加、さらに、ピアノの西村由紀江さんとのユニット「PiaNico」が本格的にスタートしました。
 
8月
代々木上原のムジカーザで「PiaNico」のファーストライブ実施!
美熟女(?!)二人の織りなす新しい音楽の始まりです。
下旬には自身が観光大使を務める白川郷での、同じく世界遺産の「美濃和紙」とのコラボイベントが実施されました。
 
ーーー
 
今年一年を通してそうでしたが、ライブと教室でのレッスンを中心に、多くのレコーディングやユニット活動など、いろんな活動に意欲を燃やし、来年以降の方向性にトライし、試行錯誤を繰り返していた気がします。
すべてが、「二胡をメジャーに」というテーマに、活動しました。
 
きっと、来年はもっといろんなことにトライすると思います。
何と言っても、「来日25周年」のアニバーサリーイヤーなのですから!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.12.24)  

2015年12月16日 (水)

ウェイウェイさん IN 「今年の総括1」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第262回 ウェイウェイさん IN 「今年の総括1」
 
 
2015年、皆さんはどんな年でしたか?
私事で恐縮ですが、私は今年、年男でした。
さらに、本厄!(苦笑)
まあ、それなりにいろんなことがありました(笑)。
 
でも、こうして年末を迎えて、「今年はどんな年でしたか?」と聞かれたら、「楽しく1年を過ごせました」と答えると思います。
一つ一つ、印象に残った出来事を振り返ると、もちろん誰もがそうであるように、楽しいことばかりではありませんが、「ちょっと嬉しい」と思えることのほうが「ちょっと嫌だ」と思えることより多かった気がします。
その「ちょっと」の繰り返しがたくさんあって、その都度喜怒哀楽を感じて、だから毎日頑張ろうと思うような気がします。
 
変な書き出しですいません(笑)。
 
毎週水曜日に更新しているこのブログ。
今年も残り3回。
3週連続で今年を振り返ります。
 
ーーー
 
今年のスケジュール帳をひっくり返して、ウェイウェイさんの今年を振り返ってみましょう。
今回は1月〜4月までです。
 
1月
年末年始を上海で過ごしたウェイウェイさんは、1月5日に戻って、すぐにレコーディングでした。
私個人的にも今年の最も印象に残った事。
それは「ウェイウェイズ・アンソロジー」をリリースしたことでした。
 
「二胡」という楽器を、改めて考えなおして、これからの可能性を追求したアルバムになりました。
ウェイウェイさんにとって、自分の分身である「二胡」が、これからどんな道を歩んでいくのか、その一つの指標となるようなアルバムになったと思います。
 
2月
2月の一番の出来事はテレビ朝日系の「関ジャニ∞の仕分け」に出たことでしょうか!(笑)
「二胡をメジャーに」という事を伝えるために、「二胡でカラオケ」という「ムチャぶり」に挑みました。
 
3月
3月は、中国大使館でのミニライブがありました。
国際婦人デーを記念しての、中国大使館主催のイベントで、日中友好の代表として演奏したことは、とても光栄な事です。
ライブ終了後、日本の首相夫人との2ショット写真を撮ったり、ご両親も来場されて、とても印象に残る一日となりました。
 
4月
1日にアルバムがリリースされ、いよいよ本格的にライブ三昧の日々の始まりでした。
とても感動的で幻想的だった平安神宮でのコンサート。
そして、もちろん渋谷プレジャープレジャーでの、ツアー初日。
オープニングで、マイクのケーブルが外れてしまい、音が出なかったというハプニングも有りましたが、それをものともせずに最後まで演奏しきったウェイウェイさんはさすがでした。
その後、上海でのライブ、戻ってすぐに鎌取イオンでの即売イベントがあり4月末から東北ツアーの開始と、本当に怒涛の4月でした。
 
ーーー
 
こうして、今年の初めから3分の1を簡単に振り返っただけでも、やっぱり、今年は「ウェイウェイズ・アンソロジー」の年だと思います。
(次回も同じことを言うかもしれませんが・笑)
 
他にも、いろんなことがあったのですが、その全てにおいて、「二胡をメジャーに」という目標がブレること無く、ウェイウェイさんの今年の活動の中心だったことは間違いありません。
 
常に、自分の気持ちを「二胡」を通じて表現しているウェイウェイさん。
それは、オリジナル曲だけではなく、名曲を奏でる時も同じです。
そうして、さらに「二胡」を愛してくれる人がもっと増えることを、いつも思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.12.16)  

2015年12月 9日 (水)

ウェイウェイさん IN 「Birthday」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第261回 ウェイウェイさん IN 「Birthday」
 
 
12月に入って、いよいよ寒くなってきましたね。
皆さん、風邪ひいていませんか?
私は不覚にも、昨日から風邪気味で、葛根湯を飲みました。
 
「葛根湯」という言葉を聞くと、どうしてもウェイウェイさんの言葉を思い出してしまいます。
 
以前ここに書きましたが、ある人の話になった時に、ウェイウェイさんが言いました。
「○○さんは、以前『かっこんとう』をやっていたらしいですよ」
これは、日本語として非常にわかりづらい表現ですよね?!
 
「格闘技」+「テコンドー」=「葛根湯」
 
そうです。
その「○○さん」は、格闘技とテコンドーをやっていた人でした(笑)。
 
ーーー
 
さて、12月6日はウェイウェイさんの誕生日でした!
来日して24回目の誕生日。
ウェイウェイさん風に言うと、
「上海で過ごした時間より、日本で過ごしている時間の方が長くなりました。
何歳の時に来日したか、聞かないで下さい。
足し算もしないで下さい。
すっごく若い時に来ました」
という感じです(笑)。
 
私がマネージャーになってからほぼ毎年、誕生日にはライブが有り、サプライズ演出のバースデイケーキがステージに登場していたのですが、今年はライブはなく、ご家族で過ごされました。
ライブで多くのファンの方からお祝いしていただくのもとても嬉しいですが、最愛のご家族にお祝いしてもらっての誕生日も格別のようでした。
 
ーーー
 
そしてもう一つ、ウェイウェイさんには「Birthday」があります。
それは、ご存じ、5月3日。
「来日記念日」が、日本での「Birthday」です。
 
特に来年は来日25周年の特別な節目です。
 
来日20周年の時は、渋谷の「伝承ホール」で2daysのコンサートを実施し、DVDに収められていますので、ご覧になった方も多いと思います。
 
来日して20週年を迎える少し前に、自分のアイデンティティに悩み、将来、自分はどこに帰るのかを思った時に出来た曲、「Back to the ・・・」そして「空〜Kuu」。
その後起こった「大震災」を経て、その悩みに対する答えを自分の中に見つけ出し、そのコンサートではアンコールに「For You〜この愛を」を演奏する前に言いました。
「私の故郷は、上海、そして日本。
二つとも私の大切な故郷です」
 
 
まだ、2015年は終わっていませんが、来年の2016年はその「来日25周年」さらに、12月には自身の主宰する「心弦二胡教室」の第20回定期演奏会が予定されています。
 
大事な節目となる2016年に向かって、自身の本当の「Birthday」に思いを新たにしたウェイウェイさんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.12.9)  

2015年12月 2日 (水)

ウェイウェイさん IN 「白川郷ツアー」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第260回 ウェイウェイさん IN 「白川郷ツアー」
 
 
東京での「ウェイウェイズ・アンソロジー」ツアーのファイナルを終え、その翌週末は世界遺産の「白川郷」での、「世界遺産決定20周年」のイベントとライブでした。
 
地元の人からは、「今年は初雪が遅い」と聞いていたのですが、そこはさすがのウェイウェイさん。
ちゃんと雪を呼び込み、とても素敵な雪景色に迎えられました。
石垣島ではちゃんと台風を呼び込んだように、その土地ならではの景色を演出してしまいます(笑)。
 
白川郷でのライブは、今年で4年連続です。
何度かご紹介したことがあるように、白川郷に住む、熱心なウェイウェイさんのファンの方からの、1通の「世界遺産でライブを演って下さい」というメールから始まったご縁。
それが、3年目には「観光大使」となり、公式イメージソングの「時の旋律」も流れ、そして、今年は同じく世界遺産の「美濃和紙」とのコラボイベント、さらに「世界遺産決定20周年」のイベントにまで参加できたことは、本当に奇跡のような嬉しい出来事です。
 
ウェイウェイさんが言っていました。
「以前、自分のアイデンティティに悩み、大震災を経験して、私の故郷は二つだということに気が付き、そして、今は白川郷が第三の故郷だと思います」
 
ーーー
 
しかも、今回は「観光大使ウェイウェイ・ウーと行く世界遺産白川郷ツアー」まで企画して、全国から多くの方に参加していただきました。
 
イベントに出席するために前日から白川郷入りしていたウェイウェイさん。
ツアーのお客様たちを迎えた時の第1声は
「白川郷へようこそ!」
 
「観光大使」としての自覚バリバリです(笑)。
 
和気藹々と、皆さんと写真撮影をし、ライブで盛り上がり、その後の食事会、懇親会、さらに深夜の飲み会まで!
翌日は、白川郷を観光し、初めての方たちに「ここが見どころです!」と観光案内。
合掌集落を背景に、恒例の展望台での記念撮影や、飛騨牛を堪能しました。
 
ーーー
 
ライブは、「特別メニュー」でした。
基本は「ウェイウェイズ・アンソロジー」からの曲ですが、途中、当日に近い誕生日のお客様をステージに上げて、「お品書き」という紙を出してリクエストに応えたり、「情熱大陸」では総立ちのお客さんと一緒に踊り(?!)を披露したり、とにかく楽しいライブになりました。
 
もちろん、白川郷の公式イメージソングの「時の旋律」も演奏しました。
 
食事会の後の懇親会では、多くの二胡を持参いただいた愛好家の方たちと一緒に演奏したり、前述の「ウェイウェイさんを白川郷に呼んだ言い出しっぺ」の方たちの、地元に伝わる踊りが披露されるなど、本当に盛りだくさんで、終始笑顔の絶えない記念すべき日となりました。
 
ーーー
 
思うのですが、ウェイウェイさんにとってやはり大切なのは、人の気持ちなのではないでしょうか。
 
バスツアーを組んだということもあり、東京への戻りはそのツアーに参加された人たちと一緒にバスに乗りました。
バスの中で、ウェイウェイさんは演奏もし、クイズ大会や質問コーナーなど、長時間の移動だったのですがあっという間でした。
その中で、ウェイウェイさんがマイクを持って、自分が初めて日本に来た時のことや、それからの日々の事を、質問に答える形で話しました。
 
ウェイウェイさんが言いました。
 
「姿三四郎や山口百恵さんに憧れて日本に来て、いつの間にか24年以上が過ぎて、こうして世界遺産の白川郷の観光大使になる日が来るとは思っていませんでした。
それも、人と人との繋がりがあって、こうして皆さんと一緒にいられることが、本当に幸せだと思います。
来年は日本に来て25歳になります(笑)。
これからも、人と人の繋がりを大切にして、感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています」
 
ーーー
 
最後になってしまいましたが、この場をお借りして、白川郷に呼んでいただいた宇田さんと鈴口さん、白川村役場の方たち、そしてツアーに参加していただいた皆さん、に感謝をしたいと思います。
 
本当にありがとうございます。
 
そして、これからもよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.12.2)  

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30