« ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホールリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「白川郷ツアー」 »

2015年11月25日 (水)

ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホール」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第259回 ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホール」
 
 
今年の「ウェイウェイズ・アンソロジー ツアー」の節目、「東京ファイナル」が、先日の21日無事に終了しました。
と言うか、「もう終わってしまった・・・」という感じで、少し寂しい気持ちになっています(苦笑)。
 
毎回のことなのですが、本番日を迎える前までは、「ああしよう、こうしよう」「これはどうなる?」「あれの準備をしなくては」などと、準備が大変でもあり、楽しくもあるのですが、「本番日」は、たいていバタバタとしていて、入り時間からリハーサル、そして本番から撤収、と、あっという間にその一日が過ぎてしまい、ゆっくり味わうことが出来ません。
それでも、じわじわと、ちょっとした達成感の様な感覚が、今になって湧いてきています(笑)。
 
ーーー
 
今回のコンサートのテーマは、当然ですが「ウェイウェイズ・アンソロジー」です。
ウェイウェイさんの演奏する「名曲集」でした。
 
でも、実は「裏テーマ」がウェイウェイさんにはありました。
 
それは、「これからのウェイウェイ・ウーのライブの方向性」と「来日25周年の来年への始まり」でした。
 
今回の「ウェイウェイズ・アンソロジー」は「二胡をメジャーに」というテーマで作られたアルバムです。
「二胡」は「伝統楽器」というだけではなく、「限りない可能性」を秘めていると知ってほしいと、ウェイウェイさんは思っています。
 
いつも「月光」を演奏する際にウェイウェイさんは言います。
「2オクターブという『限りある音域』で、『限りのない表現』にトライできたことを嬉しく思っています」
その言葉が、今回のライブでもテーマとしてありました。
 
ーーー
 
オープニングは、お世話になっている五感プロデューサーの大高さんに作っていただいた映像から始まりました。
ピアノの森丘さんがオープニングSEを作り、その「映像」と「音楽」がマッチして、ライブの期待感を煽ります。
※下記にオープニング映像がアップされていますので、ぜひご覧ください!
 
https://youtu.be/ftSnl-Z1psc
 
そして、ウェイウェイさんはステージではなく、客席から登場し、1曲目の「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」を客席を練り歩きながら演奏しました。
しかも、その衣装はまるで「ウェディングドレス」のよう。
 
どうです?
これだけ聞いても、これまでの「二胡のコンサート」の「一般認識」を超越していますよね?!(笑)
 
その後、「ウェイウェイズ・アンソロジー」からの曲を中心に演奏されたのですが、詳しい内容は後日、当日の写真とともにオフィシャルHPにてご報告しますので、少しお待ち下さい。
 
ーーー
 
何が言いたいかというと、「二胡の可能性」と同時に、ウェイウェイさんは自分の可能性を模索しているということかもしれません。
「二胡だから」では無く、「自分の表現したい音楽」を「二胡を通して」表現しているのだと思います。
だから、二胡を座って演奏するだけではなく、立って演奏し、いろんなジャンルの音楽にトライし、「音楽って楽しいよね〜!?」って言っているのだと思います。
 
ーーー
 
個人的に鳥肌が立つほど感動したのは、やはり「月光」でした。
本当に「月光」を二胡で演奏するのは、二胡を知っている人には「非常識」だと思います(笑)。
それを、森丘さんが見事にアレンジしてくれて、ピアノで演奏する「本家」とは違う形で見事に表現してくれたと思います。
 
ピアノとのデュオで演奏される「月光」も絶品ですが、ギター、ベース、ドラム、さらに今回はアコーディオンも加わって、ロックテイストな「月光」でした。
 
アンコールでは「情熱大陸」を演奏しました。
こちらも、「本家」の葉加瀬太郎さんのコンサートで演奏される「情熱大陸」とは違った「名曲」になったと思います。
上記のメンバーに、今回は更に「心弦二胡アンサンブル」も参加し、本当に贅沢で芳醇な「情熱大陸」でした。
 
ーーー
 
毎回思うことは、こういうコンサートを全国で実施できないもどかしさです。
一日も早く、全国ツアーでこのようなコンサートを実施したいという思いでいっぱいです。
 
ーーー
 
ひとまずの一区切りの節目のコンサートでした。
 
でも、ウェイウェイさんの歴史はこれからも続きます。
もちろん、今週の白川郷、12月の長岡や銀座SWINGでも、常に新しいウェイウェイ・ウーを目指すと思います。
 
そして、来年は「来日25周年」の年。
 
また新しい、ウェイウェイさんを見せることと思います。
 
「伝統を大切にして、常に未来を目指す」
 
まさしく、ウェイウェイさんの生き様だと思ったコンサートでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.11.25)  

« ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホールリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「白川郷ツアー」 »

コメント

素敵なライブを楽しめて、幸せでした。ありがとうございました。
わたしの周りでは、二胡は地味、二胡のライブは眠くなる、というイメージを持ってる人が多いです。
いや、違うんだと伝えていきたいですね。

コメントありがとうございます!
いただいたお言葉がすべてを表現していると思います。
本当にその通りですね。
より楽しいライブを目指したいと思います。
これからも、よろしくお願い致します。

21日のコンサートは本当に素晴らしかったです。会場に入った時から立ちこめるアロマの香り、007のようなカッコイイオープニング、そして純白ドレスで登場のウェイウェイさん!
のっけからトルコ行進曲だなんて、意外すぎます!「月光」では呼吸をするのを忘れてしまいそうでした。「悠久」というイメージが強い二胡ですが、今回のコンサートは「aggressive」そのもの。駆け出しの二胡弾きの私にやる気を100倍いただきました!ありがとうございます!

コメントありがとうございます!
ウェイウェイさんは日頃から「二胡は私の分身です」と言っています。
楽器の持っている「個性」は、それぞれで、いろんな人がいるように、いろんな楽器があります。
その楽器の「個性」をどう表現するかは、演奏する人の感性によって変わって来ますね。
アグレッシブと感じられたということは、きっとウェイウェイさんがアグレッシブな人だからだと思います(笑)。
それも、嬉しいご感想です。
これからも、感じたままを教えていただければ嬉しく思います。
想いのままに二胡を弾いて下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/62671092

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホール」:

« ウェイウェイさん IN 「日本橋三井ホールリハーサル」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「白川郷ツアー」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31