« ウェイウェイさん IN 「父の日」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「二胡+チェロ+ピアノ」 »

2015年7月 1日 (水)

ウェイウェイさん IN 「上海」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第241回 ウェイウェイさん IN 「上海」
 
 
このタイトルのブログは、もう何回目でしょうか?!(笑)
 
先週のウェイウェイさんは、上海でパン・リーさんのコンサートのゲスト出演をしてきました。
前半〜中盤はダンスや京劇とのコラボなど、盛りだくさんのコンサートで大いにもりあがりました。
そして、ウェイウェイさんは後半に登場し、パン・リーさんと上海のミュージシャンたちとのコラボで「瑶族舞曲」を演奏した後、同行したピアニストの森丘さんと二人だけで、「上海セレナーデ」と「トルコ行進曲〜ハンガリー舞曲」を演奏。
その後、再度パン・リーさんと一緒に「JIN」「ボイジャーズ」「新天地」「賽馬」と演奏し、地元の方たちから大喝采をいただきました。
 
日本で、新たな「二胡の世界」を追求しているウェイウェイさんのスタイルは、逆に「二胡の本場」である中国の方たちには新鮮で、そのスタイルが着実に「逆輸入」されていく事を感じさせられました。
 
また、当日の昼間には中国のTV局の取材も受けました。
音楽番組の特集として、ウェイウェイさんのインタビューを中心に、その演奏や活動を紹介する番組です。
もしかしたらインターネットでも見ることができるかもしれないので、分かり次第ご報告しますね。
 
ーーー
 
その前々日には、上海にある「日本総領事館」で、総領事の主催による食事会に招かれて、ミニライブを実施しました。
 
総領事が二胡を習っていることもあり、「日中友好」を目的に開かれた食事会のゲストでした。
いらっしゃった方々は、総領事の懇意にしている方たちばかりで、とてもアットホームな会でした。
 
演奏したのは、「蘇州夜曲」「リベルタンゴ」「ジブリメドレー」「JIN」「情熱大陸」と、短かったのですが、ご来場の皆さんに感動をお届けできました。
終演後に食事会だったのですが、皆さんとの懇親の際に、誰もが口々に「素晴らしい」「感動した」「涙が出ました」とお褒めいただき、ウェイウェイさんもとても嬉しそうでした。
 
「日中友好」と言葉で言うのは簡単ですが、なかなか難しい問題も多いですよね?!
でも、「日本総領事」に上海出身のウェイウェイさんが呼ばれ、日中の架け橋として演奏することはとても意義のあることだと思います。
 
ーーー
 
ウェイウェイさんの演奏は、「日本」で築かれたものです。
ウェイウェイさんが、上海にずっと住んでいたのなら、今の演奏スタイルは生まれていないかもしれません。
上海出身で、中国の伝統楽器の二胡を演奏していますが、日本で25年近くかけて育てられたウェイウェイさんの演奏スタイル。
 
「生みの親」は「中国」ですが、「育ての親」は「日本」だと思います。
まさしく「日中の架け橋」ではないでしょうか。
 
まだ企画段階ですが、早速、今年秋には日本総領事館主催のイベントに出演のお話も出ています。
 
音楽に国境は無いという事を実感しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.7.1)

« ウェイウェイさん IN 「父の日」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「二胡+チェロ+ピアノ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/60577231

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「上海」:

« ウェイウェイさん IN 「父の日」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「二胡+チェロ+ピアノ」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31