« ウェイウェイさん IN 「RoseWoods-Vol.2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 »

2015年4月 1日 (水)

ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」

第228回 ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー」

 
 
みなさん、「ウェイウェイズ・アンソロジー」はお聞きいただきましたでしょうか?  
今日はエイプリル・フールですが、今現在、まだ私は嘘をついていません(笑)。
もちろん、この文章に書いてあることも、嘘ではありません(笑)。
 
もう一度聞きますが、「ウェイウェイズ・アンソロジー」はお聞きいただきましたか?(笑)
 
先日、ある音楽業界の先輩の方にサンプル盤をお渡しし、聞いていただいたところ、翌日、すぐにご電話を頂きました。
とても、興奮気味な声のトーンで、
「いやあ、素晴らしいアルバムだよ!!
選曲も、アレンジも演奏も、とにかく素晴らしい!!
ジャケットも、今までで一番いいと思う。」
と、絶賛していただきました。
嬉しい限りです。
 
今までも何度かここに書いてきましたが、今日は発売日なので、「ウェイウェイズ・アンソロジー」と、そのリリース記念ライブの初日、4/16のライブについて書こうと思います。
 
ーーー
 
その前に、少し先週のご報告を。
 
ウェイウェイさんは、今日から始まる怒涛の2015年を前に、先週少しOFFを頂きました(なにしろ、4月以降年内、土日祝はほとんど一日もお休みがありません)。  
OFFを過ごしたのは世界遺産の白川郷。
ご両親と妹のアミンさんも一緒に、行ってきました。
白川郷は、ご存じの通り素晴らしいところで、特に台湾や中国の方たちには「童話の世界」と映る憧れの場所です。
そこの観光大使として正式に任命されているのですから、ご両親が誇りに思うのもうなずけます。
 
合掌造り集落、平瀬温泉はもちろん、いろいろな場所をゆっくり観光し、同時に「飛騨牛」「すったて鍋」「朴葉みそ」「山菜とそば」などの食べ物も満喫し、良い親孝行が出来たようです。
 
白川村役場にもお邪魔して、副村長さんとお会いし(村長さんが出張のため不在)、この秋に実施される世界遺産決定20周年のイベント参加を正式に依頼されました。
 
白川郷とのご縁のきっかけとなった方がアテンドしてくれました。
何度も言っていますが、その一人のファンのかたの熱意が、これほどまで深いお付き合いに発展して、それこそ「日中友好」にまで及んでいることは、とても嬉しいし、感謝です。
 
帰りには、ウェイウェイさんの来日当初からご縁のあった下呂温泉にも立ち寄り、旧交を深めて戻ってきました。
 
ーーー
 
さて、話を戻します。
 
今回の「ウェイウェイズ・アンソロジー」は、これまで発表してきたアルバムと違います。
これまでは、オリジナルを中心としたアルバムでした。
1枚だけ「プレイズ・バカラック」という、尊敬する「バート・バカラック」さんのカバーアルバムを発売していますが、今回の「アンソロジー」とは、趣旨が少し違いました。
 
「アンソロジー」というのは、「コレクション」に近い意味で、今回収録した名曲の数々は、ウェイウェイさんのオリジナル同様、ウェイウェイさんがとても大切に、大事に思っている曲ばかりです。
そんな曲ばかりを集め、しかも、自分だけではなく、多くの人たちに愛されている名曲。
 
ウェイウェイさんの中で、多くの葛藤があり、どう演奏すれば良いのか、とても悩みました。
その名曲のオリジナルが持っている良さを、自分が二胡で演奏する時にどう表現すべきなのか、また、どう解釈して自分らしさを出していくのか。
単純に「音符」を追いかけるのではなく、自分の感性をメロディに託して演奏することの難しさを、痛感したようでした。
語弊がありますが、自分の作ったオリジナル曲は、どんな演奏でも自分の曲なので、その解釈に疑問を挟む余地はありませんが、多くの人が知っている名曲は、自分の感性で演奏することは、それを好ましく思わない人がいるかもしれません。
だからこその難しさがあります。
 
レコーディングの際、それでも、ウェイウェイさんは自分の感性を信じて演奏しました。
言葉がない分、その感性を表現することはとても難しいことです。
 
でも、ウェイウェイさんがいつも言うように、言葉がないからこそ伝えられるものがあります。
 
ーーー
 
さて、いよいよ今月16日には、ツアーの初日を迎えます。
CDと違い、ライブはその場での一発勝負です。
昨年の選曲から、今日の発売日まで約半年かけて出来上がったCDのライブです。
気合が入らないわけがありません。
 
昨日、スタッフで会場に打合せに行ってきました。
演出上の確認や、立ち位置の確認など、もろもろ話してきました。
今回のライブは、今まで以上にイメージが伝わるような構成演出になりそうです。
 
4月は、みなさん特にお忙しいと思いますが、絶対に見に来て下さい。
間違いなく、出演者もスタッフも、そしてご来場いただいたみなさんにとっても、一生忘れられない素晴らしいコンサートになる予感でいっぱいです。
 
お待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.4.1)

« ウェイウェイさん IN 「RoseWoods-Vol.2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 »

コメント

マネージャー様

お疲れさまです。この度は贅沢すぎる程のアルバムを
聴かせて頂きました♪

あちこちでコメントしてるので(笑)どう表現したら良いのか…
思い付いた言葉が「贅沢すぎる」でした。
音楽関係は素人の自分にはこれがピッタリの表現です。

ここに至る迄のウェイウェイさんの苦労と努力は私達には計り知れない
事が有ったのはわかるつもりです。

このアルバムに出会う為ウェイウェイさんと出逢ったと思います。
(ちょっとキザですかね~)

改めて ひとりでも多くの方に宣伝して行きます♪

あ! 私らしき人物を今回のメルマガに紹介して頂きありがとうございます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/59484319

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー」:

« ウェイウェイさん IN 「RoseWoods-Vol.2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30