« ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「渋谷プレイズ・アンソロジー」 »

2015年4月15日 (水)

ウェイウェイさん IN 「平安神宮&プレイズ・アンソロジー3」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第230回 ウェイウェイさん IN 「平安神宮&プレイズ・アンソロジー3」
 
 
いやあ、いよいよ明日ですよ。
「何が?」って、絶対に聞かないで下さいね(笑)。
聞かれたら凹みます(苦笑)。
 
今回のコンサートは、私の中で、いままでと違う感じがしています。
おそらく、ウェイウェイさん自身が一番それを感じていると思います。
もちろん、いままでのどんなコンサートでも、その都度のベストを尽くして、最高のライブをお贈りしていますが、今回のコンサートは、今までと大きく違う点があります。
それは、「ウェイウェイズ・アンソロジー」が「名曲集」だということです。
 
これまでも、いろんな名曲をいろんな場所で、いろんな名演奏を披露してくれたウェイウェイさんです。
もちろん、アルバムにも収録してきました。
でも、「大上段に構えて」(笑)、「名曲集を作りました!」というのは、初めてです。
 
先週も先々週も書きましたが、「名曲集」を作るということは、とてもデリケートで、とても大変なことです。
多くの人が「既に知っている曲」がほとんどなのですから、その曲を聞くみなさんには当然、その人たちがそれぞれ持っている「気持ち」が存在しています。
その上で演奏される曲たちには、すでに聞く人たちそれぞれの「イメージ」が存在している訳です。
 
ーーー
 
今回のアルバムを、ウェイウェイさん本人をはじめ、私たちは「カバー・アルバム」という言い方をしていません。
「名曲」を「カバー」したのではなく、新しい作品として、ウェイウェイ・ウーの感性で作った作品です。
 
昨日、ある人から言われました。
「僕は、今回のアルバムで一番好きなのは「I Dreamed a Dream」です。僕がまだ小さかった頃、両親に連れられて、「レ・ミゼラブル」を見に行って、その時の感動が蘇りました」
 
とても、嬉しい言葉でした。
その方にとっての「思い出深い曲」が、今回のアルバムを聞いて、「感動的に蘇った」わけですから、その方の「大切な想い出」を傷つけず、新たに「感動」してもらえたのは、本当に嬉しいです。
 
ーーー
 
そんな思いで作ったアルバムのツアー初日です。
ウェイウェイさんが、気合が入らないわけがありません。
 
そんな中、この前の日曜日に、京都の平安神宮で「紅しだれコンサート」がありました。
0026_original
 
私の陳腐な言葉では言い表せないほどの、素晴らしいコンサートとなり、何度も鳥肌が立ち、涙が出そうになりました。
 
思い返せば、6年前、私がマネージャーになったばかりの頃、アルバム「Tears」が発売された後でした。
アルバム全体を聞き終えて、最初に印象に残ったのが、「SAKURA/17」や「Tears」などのウェイウェイさんのオリジナル曲が素晴らしい、という感想でした。
それを、素直にウェイウェイさんに伝えた時、ウェイウェイさんに言われました。
 
「満開の桜の下でコンサートを開きたいです」
 
6年もかかってしまいましたが、今回、やっと、そのウェイウェイさんの気持ちを実現することが出来て、私も本当に嬉しいです。
しかも、ロケーションが最高です。
 
関西の人は逆にあまり見ていないかもしれませんが、春を迎える前に関東では「JR東海」のCMで、京都の桜の名所がいくつか映しだされ、「そうだ京都、行こう」が大量に流れました。
そのCMのラストのシーンや、各駅に貼ってあるポスターで、その平安神宮の映像や写真を見た方も多いと思います。
 
あの「幻想的」とも言える会場でのコンサートです。
想像してみてください。
平安神宮の中にある池に映る、ライトアップされた紅枝垂れ桜の中、流れる二胡の音色。
きっと、見ていない方にもその素晴らしさは想像に難くないでしょう。
もちろん、見た方たちは今ごろ「うんうん」と頷いていることでしょう(笑)。
 
私が、鳥肌が立って、同時に涙が出てきたのは、今回のアルバムに収録されている「ジブリメドレー」を演奏している時に、神様のいたずらか、ウェイウェイさんの神通力か(笑)、少しの風が吹いて、さくらの花びらが舞ったのでした。
 
残念ながらそれを、再現するのは不可能なので、ご覧頂いていない方は、ぜひJR東海のHPからそのポスターの掲載されているページに行っていただき、その写真を見ながら「ウェイウェイズ・アンソロジー」を聞いてみてください。
疑似体験が出来ます(笑)。
 
当日、スタッフ、関係者のみなさんから「素晴らしい!」と大絶賛を頂いたので、また平安神宮でのコンサートもできるかもしれません。
ぜひ、その際は、万難を排してご来場下さい。
まさしく、一生の記念になると思います。
 
—ーー
 
そんな感動を間近で体験した私が、同時に思ったのは、明日のコンサートのことでした。
コンサートホールなので、自然の桜や風や池はありませんが、それに負けない「音楽」だけが伝えることのできる「感動」があると思います。
「映像」や「照明」、さらに今回は「香り」もご用意してお贈りします。
 
ウェイウェイ・ウーの「真骨頂」をお楽しみに!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.4.15)

« ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「渋谷プレイズ・アンソロジー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/59649181

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「平安神宮&プレイズ・アンソロジー3」:

« ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー2」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「渋谷プレイズ・アンソロジー」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31