« ウェイウェイさん IN 「関ジャニの仕分け∞」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「RoseWoodsリハーサル&西村さんラジオ」 »

2015年3月11日 (水)

ウェイウェイさん IN 「中国大使館」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第225回 ウェイウェイさん IN 「中国大使館」
 
 
先週の金曜日(6日)、ウェイウェイさんは中国大使館でミニ・ライブを行いました。
これは、8日の「国際婦人デー」を前に、中国大使館主催のパーティがあり、そこで「ぜひ演奏して下さい」という依頼を受け、実施されたものでした。
パーティに出席した方々は、総理夫人を始め、中国大使館が正式にご招待した方々。
もちろん、中国側のメインの方は中国大使夫人です。
 
このお話を最初にいただいた時、ウェイウェイさんはとても嬉しそうでした。
生まれ育った中国、そして20年以上住み、愛してやまない日本。
「ふたつのふるさと」を持つウェイウェイさんにとって、嬉しくないはずがありませんよね。
 
ーーー
 
話のきっかけは、昨年の12月に実施された「Reborn」のツアー・ファイナルに、ウェイウェイさんの知り合いの方が、中国大使館の文化振興担当の方をご招待したことでした。
コンサートを見て、その方がとても感動し、「ぜひこの催しで演奏して欲しい」と思ったとのことでした。
 
そういえば昨年、横浜で実施された、日中韓友好イベントで演奏した時もウェイウェイさんは嬉しそうでした。
とても光栄に思い、しかも自分の音楽が友好の一つの助けになるというのは、誇りだと思います。
 
良く「音楽に国境はない」と言われますが、私もこのような機会に恵まれると、本当にそう思います。
 
ーーー
 
中国の代表的な楽器、二胡。
テレビの中国関連の番組では、必ずその音色がBGMとして流れます。
 
しかし、中国関連だけではなく、どんなシチュエーションでも、二胡の音色を聞いた瞬間に、悠久の時間を感じますよね!?
同時に、心の何処か奥深くに届く「何か」を感じる人はとても多いと思います。
 
今回の「ウェイウェイズ・アンソロジー」では、その二胡で世界各国の「名曲」を演奏しています。
このアルバムを作ろうと思ったきっかけは、二胡の持っている音色が、どんなジャンルでも可能だということを表現したい、という気持ちからでした。
国や地域に関係なく、その音色こそが、大げさな表現ですが、世界中の人たちの心に響くことを伝えたかったからです。
 
ーーー
 
昨年就任した、「世界遺産白川郷」の「ふるさと観光大使」。
そしてそのイメージソングを作曲した時もそうでしたが、ウェイウェイさんは、とてもシンプルに「感動」し、その気持ちを音楽で表現したいと思い、自分が愛している楽器「二胡」で奏でました。
やはり、そこには、国境は無く、ただ単に「素晴らしい感動」を表現したかっただけでした。
 
いろんな出来事や、日々の思いがありますが、「感動」に国境はなく、周辺の事情とは関係のない「心の安らぎ」があると思います。
 
これからも、ウェイウェイさんの奏でる二胡の音が、いろんな人たちの心に届けばと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.3.11)

« ウェイウェイさん IN 「関ジャニの仕分け∞」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「RoseWoodsリハーサル&西村さんラジオ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/59225044

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイウェイさん IN 「中国大使館」:

« ウェイウェイさん IN 「関ジャニの仕分け∞」 | トップページ | ウェイウェイさん IN 「RoseWoodsリハーサル&西村さんラジオ」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30