« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

ウェイウェイさん IN 「『ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー』レコーディング=その2」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第219回 ウェイウェイさん IN 「『ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー』レコーディング=その2」
 
 
先週発表した「ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー」の曲目に、多くの方から反響を頂きました。
ありがとうございます。
 
オフィシャルサイトやFacebookでも発表されていますので、先週のメルマガを読み逃した方は、ぜひご確認下さい。
 
http://weiwei-wuu.com/archives/798
 
ーーー
 
昨日もレコーディングでした。
もちろん、今日も明日もレコーディングです!!
 
全容が見え始め、ワクワクドキドキ、何度も言っていますが、新たな二胡の扉を開くアルバム、そして、ウェイウェイさんの別の一面を表現したアルバムになると思います。
 
その期待感と充実感を日々感じることが出来る事は、本当に嬉しい毎日で、朝早くから深夜まで、演奏しているウェイウェイさんやミュージシャンの方々、エンジニアさんには申し訳ありませんが、私はとても「気楽に楽しんで」います(笑)。
 
いやいや、「大変だけれど、感じる充実感」は、きっとウェイウェイさんが一番響いている気がします。
その日の収録が終わった時のウェイウェイさんの表情を見ると、それが伝わってきます。
 
ーーー
 
ここで、このブログを読んでいる方だけのための「ネタバレ」を披露しますね!!(笑)
 
昨日は、まず、ウェイウェイさんの二胡+越田さんのアコースティック・ギター+柏木さんのチェロのトリオで、ある曲を録りました。
(曲目は、敢えて内緒です。ご想像下さい・笑)
 
早速ウェイウェイさんがその3ショット写真をFBにアップしたのですが、
「ニコ(二胡)、チェコ(チェロ)!アコ(アコースティックギター)のトリオ!
イエイ」
と、意味不明の書き込みをしていました(笑)。
 
そして、次にベートーベンのピアノ・ソナタ「月光」の二胡を録音しました。
 
とても有名な曲だし、私には詳しくは分かりませんが、ピアノ奏者の方にとってかなりの難曲だということは分かります。
そして、「月光」を知っている方、「月光」が好きな方はこう思うかもしれません。
「第1楽章〜第2楽章は二胡でもある程度表現できるかもしれないし、二胡に似合うけれど、第3楽章は無理でしょう!?」
 
実際、You Tubeでも、ピアノ以外の楽器で「月光」を演奏しているのは、ほとんどが第1楽章のみで、第3楽章を演奏している映像はあまり見当たりません。
でも、その「二胡で表現するのは不可能なのでは?!」というような第3楽章にトライすることこそがウェイウェイさんなのです!!(笑)
 
ご存じの方も多いと思いますが、二胡は、音域が2オクターブと少ししか無く、和音も出せない楽器です。
それに比べて7オクターブ以上あり、一度に10音以上の和音を出せるピアノ。
楽器に「優劣」はありませんが、単純に比較すると凄い「ハンデ」です(笑)。
 
今回、そんな「構造上のハンデ」を気にせず、この曲にトライしたのは、二胡の可能性、もっと大げさに言えば音楽の可能性にトライしたいという気持ちで、「月光の第3楽章」にトライしたウェイウェイさんです。
もちろん、原曲のままの演奏は出来ません。
第1楽章から第3楽章までを、ウェイウェイさんならではの感性で、森丘さんのアレンジで完成させました。
 
「月」が大好きで、この「月光」は「月」の持っている神秘性や表情をとても素晴らしく表現していて、ウェイウェイさんの大好きな曲です。
だからこそ、ウェイウェイさんが感じる「月の光」を二胡で表現するために選ばれました。
同時に、もしかしたら「二胡でやる必要はないのでは?!」というご意見を貰いたいという気持ちもあるようです。
二胡の可能性、二胡だから出来る、「ピアノのための曲」をウェイウェイさんなりに表現しています。
 
みなさんがどう感じるかは分かりませんが、ウェイウェイさんはこの曲にトライして、新しい二胡の魅力をより感じることができ、二胡で初めて「Spain」を弾いた時のような、「新鮮な好奇心」を感じているようです。
 
ーーー
 
収録後、ウェイウェイさんの一言。
 
「左手がツリそうです!!(笑)」
 
「Back to the・・・」や「リベルタンゴ」などなど、「二胡で演奏する」という前提ではなく、より「自分の気持ちを奏でる事」のために作曲し、「どんな音楽でも二胡で表現する」ためにトライすることが、ウェイウェイさんのウェイウェイさんならではだと思います。
 
どの曲も、素晴らしい出来栄えです。
他の曲もすべて細かくお伝えしたいところですが、それでは「聞く前の情報」が多すぎてしまうので、今回の「ネタばらし」はこの辺で(笑)。
 
ーーー
 
今週で、ほぼすべてレコーディングは完了します。
 
「ウェイウェイさん IN 「『ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー』レコーディング=その3」があるかどうかは現時点で未定ですが、「どうしても『ネタばらし』をしたい」と思ったら、次回も書くかもしれません(笑)。
 
それは、やはり「予定は未定で決定ではありません・笑」。
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.1.28)

2015年1月21日 (水)

ウェイウェイさん IN 「『ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー』レコーディング」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第218回 ウェイウェイさん IN 「『ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー』レコーディング」
 
 
メルマガにて、新しいアルバム「ウェイウェイ・ウー プレイズ・アンソロジー」の収録曲目が発表になりました。
曲目を見て、みなさん、どう思いましたか?!
そして、どんなアレンジで披露すると思いますか?!
 
おそらく、「予想通り!」と思う曲、「これは意外!!」と思う曲、みなさんの感想はいろいろだと思います。
※ぜひ、曲目を見た感想をコメント下さい!
 
そして、気の早い話ですが、今回のアルバムの企画は「シリーズ化」しようという話も出ています。
だからこそ、最初の「プレイズ・アンソロジー」の選曲は、膨大な量の名曲から、いろんな要素を考えて選曲されました。
 
一番大切に考えられたのは「ウェイウェイ・ウーらしい選曲」、ということでした。
 
誰もが「ウェイウェイ・ウーの二胡で聞いてみたい曲」、二胡の愛好家の方たちが「自分も弾いてみたい」という曲や、「えっ?!」と驚かれるような曲、などなどから、選曲しました。
 
葉加瀬太郎さんの「Asian Roses」も選曲されました。
これは、曲の良さももちろんありますが、昨年サントリーホールでの葉加瀬さんのコンサートにお誘いを受け、見に行った時にこの曲の話になり、レコード会社のみなさんと
「「Asian Roses」はウェイウェイ・ウーにタイトルも曲もピッタリだ」
という会話になり、ウェイウェイさんも「自他ともに認められる「Asian Roses」になりたいですね〜(笑)」と言っていました。
 
しかも、葉加瀬さんの曲は2曲とも、葉加瀬さんのコンサートで「音楽監督」を務めている、チェロの柏木広樹さんにお願いし、快く引き受けて頂きました。
 
どうです?
それだけでも「聞いてみたい!」と思いませんか?!
 
ーーー
 
先日、レコーディング・スタジオに入り、本格的なレコーディングがスタートしました。
 
ミュージシャンの皆さんとの、何も無いところから作り出し、紡がれていく曲たち。
相変わらず「役得」の私です。
 
午前中、早めの時間からスタジオ入りして、一番最初にレコーディングしたのは、ジャズの名曲「Misty」でした。
本番のレコーディングに入って、朝の10時から「Misty」!!
曲をご存じの方は分かると思いますが、とても素敵なジャズの名曲です。
しかも、どちらかと言うと、朝の清々しい時間というより、深夜にウイスキーでも飲みながら聞きたい曲を、朝一でレコーディングしました!(笑)
 
その時のウェイウェイさんの一言!
 
「ワインもらえます?!」
 
さすがに、朝一でワインは用意していません(笑)。
なので、スタジオの照明を暗くして、雰囲気を作り、後は「精神統一」して(笑)、気分を盛り上げます。
 
何度か演奏し、最初は実際の時間通りの「朝の雰囲気」の「Misty」が、徐々に昼〜夕方〜夜〜深夜と、変化していきました。
 
最終的に、「夜」と「深夜」の2バージョンで、どちらにするか、どちらも良いTAKEだったので、現段階では決定せずに、後日決めることになりました。
 
ーーー
 
こんな感じで、他の曲もレコーディングされていきます。
 
一発録りで、ミュージシャンと同時に録る曲もありますが、先にミュージシャンたちの演奏を録り、後日ウェイウェイさんの二胡を録るという曲も多く、どちらかと言うと、今はまだウェイウェさんの出番は「仮二胡」という曲が多いです。
来週が、ウェイウェイさんの本番の日々です!
 
ーーー
 
引き続き、レコーディングの模様をご報告する予定です(予定は未定で決定ではありません・笑)。
 
次週をお待ちください!
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.1.21)

2015年1月14日 (水)

ウェイウェイさん IN 「『プレイズ・アンソロジー』プリプロ」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第217回 ウェイウェイさん IN 「『プレイズ・アンソロジー』プリプロ」
 
 
成人の日も終わり、今度は「年度末」に向かって忙しくなる方も多いと思います。
それにしても、毎日寒いし、インフルエンザも凄いし、太平洋側は空気が乾燥し、日本海側は大雪!
新年早々、大変なことも多いと思いますが、今年が良い年になるように、スタートダッシュで頑張りましょう。
 
ーーー
 
まさしく、「スタートダッシュ」はウェイウェイさんです(笑)。
 
日本に戻って、すぐにレッスン、そして、すぐにレコーディングのためのプリプロの日々です。
そんな中、恒例の、鎌倉「鶴岡八幡宮」での初詣&うなぎの「儀式」も済ませました。
さらに今日は、ジャケットの撮影です!
 
まだ、みなさんに「どんな曲」を収録して、どんなジャケットになるのかをお知らせできないのが、申し訳ないと思うと同時に、同時進行で全部知っている、例によって「役得」の私です、申し訳ありません(笑)。
 
少しだけ、すでに発表している曲目で言うと、A.ピアソラの名曲「オブリビオン」を収録します。
そうです。
「知る人知るぞう」のあの名曲です!
(「『知る人知るぞう』?! 『知る人ぞ知る』だろう?!」と、疑問に思った方は、過去の記事をお読み下さい・笑)
ピアソラといえば「リベルタンゴ」が有名ですが、この「オブリビオン」も、とても素晴らしい曲です。
「リベルタンゴ」をお好きな方はもちろん、きっと多くの方が本当に「知る人知るぞうの名曲」だと思われると思います。
 
さらに、以前にメルマガでお知らせしたように、ウェイウェイさんの「地元」の「武蔵小山商店街」のテーマ曲も収録されますよ。
ジャケットは、「アンソロジー」(名曲)とタイトルするこのアルバムにふさわしい写真を撮ります!
アルバム全体に溢れる「名曲の数々」。
これは、まさしくアカデミー賞のような世界ですよね?!
 
おっと、今の段階ではこれ以上は言えません(笑)。
 
ーーー
 
先日、今回アレンジで参加して頂いている、ギターの越田さん、ピアノの森丘さんと丸一日プリプロでした。
 
アレンジしていただいた「プリプロ音源」を元に、構成や編成の確認、二胡での「歌い方」や「表情の付け方」、さらに変更点などを、1曲1曲細かくチェックし、修正を加えていきます。
 
「画竜点睛」
 
プリプロの音源にウェイウェイさんの二胡が加わると、曲の表情が一変します。
それによって、修正が必要になったり、新たな展開が生まれます。
 
ーーー
 
実は今回、ある意味で「二胡の新たな世界」を目指した曲があります。
これまでも、皆さんご存じのように「Spain」から始まり、ずっと「新たな二胡の世界」を追求してきたウェイウェイさんですから、当然の流れです。
 
少しだけヒントを言うと、あるクラッシックの名曲にトライしているのですが、おそらく、「二胡でこの曲をやるの?!」と思われると思います。
もしかしたら、二胡でこの曲を演奏する「必然性」は無いかもしれません。
でも、「どんな曲」でも「二胡」という楽器でトライすることが出来る一つの証明であり、新しいアプローチの始まりだと感じています。
 
ウェイウェイさんが、「ジャズ」を二胡で弾いてみたいという「単純な好奇心」で「Spain」を演奏したように、「二胡のための曲」ではない曲を「二胡で演奏してみる」という「単純な好奇心」です。
 
ーーー
 
クラッシック、ジャズ、映画音楽などなどの名曲たちと、ウェイウェイさんのオリジナル曲でお届けする2015年のNew Album「プレイズ・アンソロジー」。
 
ご期待ください!!
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.1.14)

2015年1月 7日 (水)

ウェイウェイさん IN 「カウントダウンライブ!」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第216回 ウェイウェイさん IN 「カウントダウンライブ!」
 
 
新年明けましておめでとうございます!
2010年に始まったこのブログも、今年2月には丸5年になり、6年目を迎えます。
ご愛読いただき、本当に感謝しています。
各地にライブで伺った際に「メルマガ読んでます!」「ブログ、楽しみにしています」と激励され、とても嬉しく思っています。
今年も、四苦八苦しながら(?!・笑)、書いていきますので、引き続きのご愛読をよろしくお願い致します。
 
ウェイウェイさんは、例年より少し長めのOFFをいただき、先日日本に戻ってきました。
早速、上海&海南島でのOFFの話を聞きつつ、今年の方針、今月のレコーディング、さらには将来への展望などを話しました。
 
ーーー
 
一年の計は元旦にあり!
 
みなさんの今年のお正月はどうでしたか?
私の年末年始は、「いつもの日常」と変りなく仕事をしていましたが、違うのは「毎日お酒!」でした。
そろそろ、「休肝日」を作らないとまずいかな、と思う今日このごろです(笑)。
 
一年の計は元旦にあり。
みなさんは、今年をどんな年にしたいですか?
 
タイトルを見て、どう思いましたか?
「まさか、ウェイウェイさんは内緒で上海でカウントダウンライブをやったのでは?!」
と、思われた方もいると思いますが、違います!(笑)
 
しつこいようですが、
一年の計は元旦にあり。
 
ウェイウェイさんの「一年の計」は、一つではありません(笑)。
これからレコーディングをするCDはもちろん、ライブの内容、教室でのレッスンの仕方、いろんなことを同時進行で考えたようです。
今年のことだけに限らず、将来の夢にも、思いを馳せたようです。
 
もちろん、その全てを聞いたわけではありませんが、一つだけはっきり「今年絶対にやる」と決めたことを言い切られました(笑)。
それは、
「2015年、年末カウントダウンライブをやる!」
ということでした。
 
具体的にどんな会場で、どんな内容でやるというのは、何一つ決まっていません。
それは、日本でやるのか、上海でやるのか、どんな企画で、どんな内容で、、、まったく何も決めていないようですが、とにかく2015年の年末にカウントダウンライブをやることだけは決定しました(笑)。
 
新年の最初の「発表」が、年末の話というのも「いかがなものか」という気がしないでもないですが(笑)、それを聞いてとても「わくわく」したのは、私も「お祭り好き」ということでしょうか!?
 
ーーー
 
さて、具体的にどんな内容になるのかは、もちろんウェイウェイさんの頭の中を、「日々覗かないと」分かりませんが、ぜひ、みなさんにもご協力いただき、「こんなのどう?」というアイディアをいただきたいと思います。
どんなに「実現不可能!」なことでも「バカバカしい」内容でもOKです。
今年が、「楽しい1年」になるように、ぜひご提案下さい。
 
お待ちしております!!
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2015.1.7)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30