« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月27日 (水)

ウェイウェイさん IN 「鎌倉音楽祭」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第196回 ウェイウェイさん IN 「鎌倉音楽祭」
 
 
今回の「マネージャーは見た!」は、やっぱり、24日の日曜日の鎌倉音楽祭の事を書こうと思います。
 
ウェイウェイさんは、毎年、初詣に鎌倉の鶴岡八幡宮に行っています。
その年によって多少違いはありますが、年末年始は上海で過ごし、だいたい10日頃に日本に戻り、その数日後に初詣に行きます。
朝早めに鎌倉に着いて、お参りをし、絵馬に願いを書いて、おみくじを引いて、その後昼食にうなぎを食べて帰るというのが、20年くらい続いている年始の行事です。
 
日本に来て以来、とにかく鎌倉の雰囲気が大好きで、鶴岡八幡宮に行くと、とても心が落ち着いて、清らかな気持ちになると聞いたことがあります。
 
そんな、とても大切に思っていた場所で、演奏することが決まった時のウェイウェイさんは、本当に嬉しそうでした。
 
ーーー
 
出演されたのは、GILLEさん、一青窈さん、そして南こうせつさん。
GILLEさんは今回初めてお会いしたのですが、一青窈さんはとはNHK紅白歌合戦や池上本門寺のコンサートにご一緒した事があり、リハーサルで久しぶりの再開を果たした時には「お久しぶり〜〜〜!」と二人同時に言っていました。
そして、南こうせつさんとは、もうずいぶん前からの知り合いで、何度かラジオの番組でご一緒しました。
2年前のNHKラジオ「こうせつと仲間たち」にゲスト出演した際には、こうせつさんがテレサ・テンさんに書いた「ノスタルジア」という曲を、一緒にウェイウェイさんも歌で(さらに二胡演奏もあり)のコラボをしたこともあります。
その収録後、「今度ぜひ一緒にレコーディングしましょう!」と、残念ながらまだ実現していませんが、固く約束しました。
 
さらに、バンドのメンバーは、アルバム「Back to the・・・」のプロデューサー武部聡さん、そして今回の「Reborn」のプロデューサー鳥山雄司さんも参加していて、ウェイウェイさんにとって「ホーム」な感じで、イベント自体を楽しむことが出来ました。
 
ーーー
 
本番日を迎える前の21日、22日とスタジオでのリハーサルでした。
個人的に面白かったのは、武部さんや鳥山さんの所属する事務所のスタッフの方が、
「なぜ、二胡であれが弾けるの?!」と、「リベルタンゴ」の後半のギターとのユニゾンのフレーズを見てびっくりしていたことでした。
「鳥山さんが、6本の弦があるギターで、あれだけ大変な思いで弾いてるのに、たった2本の弦であれを弾けるのは信じられない」と、凄く感心していました。
 
ーーー
 
本番日当日、「相当混雑が予想されるので、早めに会場入りして下さい」と言われて、通常1時間ちょっとで到着するところを2時間半前に出発しました。
途中、確かに少し渋滞はありましたが、思ったより酷くなく、予定の1時間以上前に無事に到着しました。
幸いにも薄曇りの天気で、夏なので暑いのは当然ですが、「猛暑」という感じはなく、時折通り過ぎる風が心地よく、順調にリハーサルを行いました。
 
ーーー
 
っと、ここで、少しだけ閑話休題を。
本番前に、出演者の控えで待っている時のことです。
 
ウェイウェイさんが、今回音楽監督と進行役を兼ねている武部さんと、そばに居たギターの鳥山さんに、こう言いました。
 
「私の演奏が終わったら、GILLEさんを紹介して、私は凹めばいいんですよね?!」
 
私は少し離れた所に居たので、会話は聞こえてきましたが、敢えて黙っていました。
武部さんも鳥山さんも女性にやさしいジェントルマンなので、何事もなかったように、「そうだよ」と、普通に対応していました。
 
せっかく、武部さんと鳥山さんが「聞かなかったこと」にして、「普通に」対応してくれたのだから、ウェイウェイさんもそのまま「流せば」いいのに自分で、
 
「あっ! 
今、私『凹めば』って言いましたよね?!
『引っ込めば』の間違いです!」
 
本番直前だというのに、控え場所は大爆笑!
武部さんも鳥山さんも大いにリラックスした瞬間でした(笑)。
 
ーーー
 
話を戻します。
 
さて、定刻になり、本番です。
 
ウェイウェイさんはトップバッターとして登場しました。
 
武部さんに紹介されて、あの「静御前が源義経を慕って舞を納めた」という「舞殿」を舞台に、夕暮れ時の蝉しぐれの中、二胡独奏の「花」の演奏を始めました。
 
鳥肌がたちました。
 
鶴岡八幡宮の舞殿から、正面には本殿へと向かう階段の見える屋外の会場、蝉しぐれ、夕暮れ時、夏の終わり。
ウェイウェイさんの奏でる二胡の音が流れた瞬間、会場全体が一つの「別空間」に変わった気がしました。
3,000人近い、超満員のお客さんも、全員が感動しているのが伝わってきました。
そして、「花」の後、鳥山さんのギターが寄り添ってきて、「秋桜〜時の流れに身をまかせ」を二人で演奏しました。
 
演奏後は、大拍手。
 
そしてTALK。
 
「タジャワンシャハオ!」(皆さんこんばんは!)
「ウェイウェイ・ウーです! 日本語喋れます!!」
と、
さっきまでの、とても荘厳な雰囲気とは打って変わっての元気な声で言い、お客さんから大きな笑いと拍手をもらっていました(笑)。
そして、まじめに鶴岡八幡宮や鎌倉に対する大切な思いを話した後、二胡の説明。
「これだけは覚えて帰ってくださいね!
これは、一個でも二胡で〜す!」
 
お客さんの「微妙な反応&笑い声」にウェイウェイさんも
「ちょっと微妙な反応ですね〜〜〜!」と、それでも、終始楽しそうに話した後、
「それでは、この二胡で、情緒的だけではなく、情熱的な演奏を聞いて下さい!」
と言って、「リベルタンゴ」を演奏しました。
 
私はこれまで、リハーサルやレコーディングを含めると、おそらく100回以上ウェイウェイさんの生演奏する「リベルタンゴ」を聞いていると思いますが、その中でも1〜2を争うほどの迫力ある名演奏でした。
 
ーーー
 
さらに、南こうせつさんのコーナーでは、コラボで、「夢一夜」を演奏しました。
 
こうせつさんが「舞殿」にまつわる、義経や頼朝、静御前の逸話を楽しく紹介して、ウェイウェイさんを呼び込み、一緒に演奏した「夢一夜」は、本当に夢のような時間でした。
こうせつさんのハイトーンヴォイスと二胡の音が絡みあい、より情緒を深めていきます。
 
そして最後には、出演者全員で、2010年に倒木した大銀杏へ捧げる「千枚の手のひらを」、最後の最後に、サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」を演奏して、夢の饗宴は終了しました。
 
ーーー
 
ちょうど、来日しているウェイウェイさんのご両親にも見ていただき、おふたりともとても喜んでいました。
 
終演後の打ち上げ会場で、こうせつさんがご両親を打ち上げ会場いる皆さんにご紹介したり、それぞれがその日の感動を伝え合って、とても素晴らしいイベントは全て終了しました。
ウェイウェイさんは八幡宮の宮司さんとも楽しく会話させていただきました。
 
また、来年もこのイベントに参加できることを願いつつ、素晴らしい、2014年夏の思い出になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.8.27)

2014年8月20日 (水)

ウェイウェイさん IN 「上海ツアー・レポート」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第195回 ウェイウェイさん IN 「上海ツアー・レポート」
 
 
Face Bookをご覧の方はご存じだと思いますが、ウェイウェイさんは先日「短い夏休み」=一日だけの完全OFFを取って、海に行きました。
早朝、暗い時間に家を出て、日の出を見て、素晴らしい「朝焼け」を楽しみました。
 
いわゆる日本的な「海水浴」は経験が無かったようで、「海の家」の利用の仕方が分からず、パラソルだけ借りて、午前中いっぱい海岸に居たようですが、太陽が真上に登る時間になると、あまりの暑さに早々に避難して、帰宅したそうです。
40度を超えないと汗をかかないウェイウェイさん。
猛暑といえど、さすがに気温40度にはならないので、「熱」が体内にこもってしまったのでしょう。
それでも、かき氷や唐揚げを楽しんだと、嬉しそうに話していました。
 
そして、昨日は27日に実施される「RoseWoods」のリハーサルでした。
久しぶりにお会いしたSINSKEさんと固く握手して、今回サポートで参加してくれる越田さんとも固い握手。
その後、早速いろんな曲をトライしました。
休むこと無く、お昼すぎから夕方まで、みっちりと「音合せ」しました。
何度か書いた事ですが、私にとっての「至福の時間」です。
ライブの本番では、当然「完成形」が演奏されますが、完成形に至るまで、いろんな試行錯誤があって、徐々に仕上がっていく「曲」たち。
その過程を皆さんにご披露できないのが、残念です。
 
チケットの残りが僅かですので、もしもお迷いでしたら、とても響きの良い「ムジカーザ」に、ぜひご来場下さい。
とても「レア」な曲が皆さんをお待ちします!
 
ーーー
 
さて、タイトルの「上海ツアー・レポート」です。
 
遅くなってしまいましたが、今年5月下旬に実施された「上海ツアー」のレポートが完成しました。
と言っても、現在オフィシャルHPにUPされているのは、いわば「Vol.0版」で、最終的に出来上がったレポートは、印刷して、九州からの各地でのライブ会場で配布することにしました。
 
写真をウェイウェイさんが自身で選んで、そこにコメントを添えています。
まだ3ヶ月しか経っていませんが、なんだか凄く懐かしくて、いろんなシーンが思い出されて、デザインが完成して、私も、とても嬉しく思っています。
 
「散策篇」
「お料理篇」
「笑顔篇」
「コンサート篇」
と題されて、ウェイウェイさんはもちろん、越田さんや森丘さん、そしてもちろん参加された皆さんの楽しそうな笑顔満載で、ご参加できなかった皆さんも、ご覧頂ければ、ツアーの楽しさを垣間見ることが出来るレポートになっています。
 
とにかく「これでもか!」というくらいの「つめ込み観光」(笑)有り、さらに「これでもか〜〜!!」というくらいの通常のツアーでは絶対に味わうことのできない豪華な食事。
そしてそして、おそらく一生忘れることの出来ないコンサート。
いろんな出来事があって、苦労も多かったツアー&コンサートでしたが、だからこその感動もたくさんありました。
 
ーーー
 
「Butterfly」
 
上海に居た頃、ウェイウェイさんの大好きな「Butterfly Lovers」のメロディが冒頭に有り、そして日本に渡り、また中国に戻る物語。
 
ウェイウェイさんが「近い将来、上海に戻る」という意味ではありません(笑)。
生まれ育った中国のメロディが、日本に来たことによって、変化し、いろんな気持ちや思いが加わって、そして、中国でまた演奏される。
 
まさしく、母校である上海音楽学院でコンサートをすることは、その具現化です。
それは、たった一人で日本に渡り、その後いろんな経験をして、自分一人ではなく、多くの日本で知り合った「仲間」と一緒に上海へ戻り、自分に縁のあるいろんな場所へ行き、そして最後に一緒に同じステージに上がる。
 
その思いも、今回のツアーを「特別」なものにしています。
 
ぜひ、ライブ会場でそんな思いの詰まった「ツアー・レポート」を受け取って下さい。
 
レポートのデザインが上がった時に、ウェイウェイさんの言った言葉。
 
「私がコンサートで言ったことを思い出しました。」
 
「もう、ひとりではない。」
「私にはみんながいる・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.8.20)

2014年8月13日 (水)

ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第194回 ウェイウェイさん IN 「プレイズ・アンソロジー」
 
 
お盆ですね。
夏休みの方も多いと思いますが、いかがお過ごしですか?
メルマガにもありますが、ウェイウェイさんは、今年は帰省することもなく、相変わらず忙しい毎日です。
 
何が「忙しい」かというと、準備、準備、準備です(笑)。
 
まずは、来週24日に迫った「鎌倉音楽祭」。
自分のコーナーはもちろん、スペシャルなコラボも予定されているので、抽選に当たった方はお楽しみに!
また、11月22日に予定されている定期演奏会に参加される心弦二胡教室の生徒さんのための「模範演奏」のレコーディング、そして打ち合わせ。
そしてさらに、27日の「RoseWoods」のライブの選曲とリハーサル。
 
まあ、要するに、何事もそうだと思いますが、「本番」のために「やるべきこと」はとてもたくさんあって、「準備」とたった二つの漢字ですが、「そこでどれだけ頑張れるか」が来るべき「本番」で生きてくるので、手を抜くことは出来ません。
 
ーーー
 
話は少し変わりますが、今年の4月、ウェイウェイさんはビルボードライブ東京でバート・バカラックさんのライブを観ました。
アルバム発売、その記念ライブ、さらに上海でのコンサート、心弦二胡教室メンバーとのコラボライブなどなど、今年の4月〜6月は壮絶な忙しさだったのですが、そんな中、時間を作って(なにしろウェイウェイさんは「時間を作る名人」なので・笑)観に行ったライブで、とにかく感動して、終演後すぐに私に連絡してきて、「すぐに『名曲ライブ』をやりたい!」と言ってきました。
 
これには、さすがに「この状況でいくらなんでも難しいですよ」と、言ったのですが、そこは「時間を作る名人」のウェイウェイさん。
「何とかなるし、絶対にやりたい!」と言い、なんと、5月21日にライブを決めました。
「せっかくなので、通常のライブではなく、料金は高くなってしまうかもしれないけれど、リッチな食事とセットで『贅沢な時間』にしましょう」、ということになり、ある会場を設定し実施に向かって、もろもろ詳細を詰め始めました。
結果、会場側の問題が告知開始予定の前日に発覚し、その企画は残念ながら「延期」となってしまいました。
 
まあ、今から考えれば、予定日の翌日22日が大阪、さらに23日から上海という、スケジュールの直前にそのライブを実施出来なかったのは、かえって良かったのかもしれませんが・・・(苦笑)。
 
ーーー
 
先週のメルマガから発表になりましたが、その延期になった企画「プレイズ・アンソロジー」が遂に決定しました。
10月15日(水)、東京・六本木のクラップスという会場で実施されます。
「ウェイウェイ・ウーの二胡で奏でる名曲集」
もちろん、当初の予定通り「リッチな食事」付きです。
初秋の宵、コース・ディナーをお楽しみいただき、ウェイウェイさんならではの演奏で聞く名曲の数々。
以前より多くの方からのご要望もあり、やっと実現することになりました。
 
そこで、ウェイウェイさんより提案があり、「ぜひ、マネージャーのブログの愛読者の方たちにリクエストを頂いて下さい」と言われました。
 
ーーー
 
ウェイウェイさんの奏でる二胡は、オリジナルはもちろん、カバー曲も「ウェイウェイ・ウーならでは」の演奏になります。
ある意味、二胡の古典曲もカバーですよね?!
でも、ウェイウェイさんの場合、それだけではなく、ジャズやクラッシック、ポップスなど、あらゆるジャンルをウェイウェイ・ウー・スタイルに仕上げ、演奏される名曲集は、本当に楽しみです。
 
ぜひ、皆さんの「ぜひ聞きたいこの1曲」のリクエストをお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.8.13)

 

2014年8月 6日 (水)

ウェイウェイさん IN 「中部ツアー」

「マネージャーは見た! いつものウェイウェイさん」
第193回 ウェイウェイさん IN 「中部ツアー」
 
 
私は、毎日の暑さ・熱さに辟易としつつも、なんとか頑張っています(笑)。
皆さんはいかがお過ごしですか?
先週、「40度以下では汗をかかないウェイウェイさん」について書きましたが、私は毎日溶けてしまうのでは無いかと思うほど大汗をかいて、自分で呆れています(笑)。
 
さて、今回は名古屋〜伊勢〜豊川でのライブの報告です。
各会場、多くのお客様にご来場いただき、とても盛り上がりました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
 
思いつくままにご報告します。
 
ーーー
 
今回のツアーは、例によって車移動でした。
新幹線の移動の方が楽な気もしますが、手持ちする荷物や「自由度」を考えると、少々時間はかかりますが車のほうが気が楽で、ウェイウェイさんも苦痛ではなく、むしろ車移動を楽しんでいるようです。
 
今回、名古屋までの移動はモリゴンこと、ピアノの森丘さんとの3人の移動でした。
 
「余裕を見て」早めに出たつもりが大誤算!
まず、都内を抜けるまでが大渋滞!
さらに、東名高速に乗ったら横浜を過ぎた辺りから、渋滞で有名な「綾瀬バス停」付近までも有名な通りの大渋滞!!
途中、休憩を殆ど取らずに走ったのですが、結果、予定を大幅にオーバーして、到着が2時間以上も遅れてしまいました。
 
到着してすぐに大慌てで機材をセッティングして、リハーサル、そしてすぐに開場!
車での移動は、時間にとらわれずに気が楽な反面、一度渋滞すると、どうしようもないですね。
 
なんとか無事に開演することが出来ましたが、「夏休み渋滞」を計算していなかったことに大反省でした。
 
ライブは、モリゴンとのデュオライブで、阿吽の呼吸でのライブは「さすが!」と思えるライブでした。
しかも、会場は河合楽器の会場で、カワイの誇るグランドピアノと二胡の音がマッチして、会場の響きを中心にして、とても贅沢な時間になりました。
 
そして、終演後、そのまま翌日の会場のある伊勢へ移動して、初日が終了しました。
 
ーーー
 
翌2日は伊勢でのセミナー&ライブでした。
昨年のライブ以来2年連続の伊勢。
今年も、昨年同様ウェイウェイさんの音楽をこよなく愛してくれている方にお世話になり、とても素晴らしいセミナー&ライブになりました。
 
熱心な二胡愛好家とのセミナー、そしてライブのお客さん。
とても盛り上がりました。
伊勢には、ギターの太郎丸さんも参加(太郎丸さんは電車で伊勢入りでした)。
デュオのライブの素晴らしさとは一味違う素晴らしさが、この3人ならではのライブです。
演奏はもちろんですが、3人の軽妙かつ楽しいおしゃべりも格別で、更に今回はお客様からの「ツッコミ」もあり(笑)、昨年以上に楽しいライブになりました!
終演後、モリゴンは翌日の別件があり東京へ移動。
帰る途中、電車が1時間も止まってしまい、大変だったようですが、無事に東京に戻りました。
そんなモリゴンに、ウェイウェイさんは打ち上げでの地元の美味しい食事の写真を送り続けたのでした(笑)。
 
もちろん、神宮にも参拝しました。
昨年は内宮、今年は外宮に参拝し、昨年食べられなかった「朝粥」も堪能しました。
 
唯一大変だったのは、泊まったホテルに蚊が居て、朝、集合時間にロビーでのウェイウェイさんの開口一番は、「身体中蚊に刺されました!」でした(苦笑)。
 
ーーー
 
翌3日は、入れ替わって太郎丸さんとの3人で豊川へ移動。
車中は、太郎丸さん得意の「南方面」の話題を織り込みつつ、移動。
「日曜日なので混むかもしれない」と聞いていたので、早めに出発したのですが、とても順調で、逆に1時間近く早く到着してしまいました。
 
豊川は、初年度のセミナーのみを入れると4年連続となります。
以前、ここにも書きましたが、地元で二胡教室を開いている方からの1通のメールがきっかけで、最初のセミナーの翌年がセミナー&豊川稲荷でのコンサート、昨年がセミナー&ホールコンサート、そして今年は「長慶寺」というお寺でのコンサート開催になりました(今年は残念ながらセミナーの時間が取れませんでした)。
 
会場となったお寺のご住職がとても協力してくれて、今回のためにいろいろとご用意いただき、なんとコンサート用の照明器具までご自分で購入してステージに彩りを付けてくれました。
 
本堂に入りきれないほどのお客様で、かなり広い敷地なのですが、開場時間になると車が溢れかえっていました。
もちろん、ライブは大盛り上がり!
二胡の音が会場の雰囲気にぴったりと合い、とても幻想的なコンサートになりました。
 
終演後、主催してくれた方と少しお話しましたが、「1通のメールで、こんなお付き合いになるとは思わなかったですね」と言い、「来年は野外コンサートですね?!」などと盛り上がり、早速「あの会場はどうだろう?!」と、本当に実現するかもしれませんよ!!
 
その後、そのまま東京へ移動。
深夜に無事帰宅しました。
 
ーーー
 
長くなってしまいましたが、駆け足で3日間を振り返ってみました。
3日とも、気の合った仲間との「手作り感」のあるコンサートでした。
ライブの楽しみの一つは、こうやってそれぞれの地元のお客様や手伝っていただいた方々と触れ合い、協力して作り上げることだと、改めて実感した、素晴らしいツアーとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.8.6)

 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30