« WeiWeiさん IN 「曲集レコーディング」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「鎌ヶ谷 MT Milly's」 »

2014年3月27日 (木)

WeiWeiさん IN 「震災の流木で作られた二胡」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」 

第175回 WeiWeiさん IN 「震災の流木で作られた二胡」
 
 
先日の3月21日、東京新聞に「日中結ぶ音色」と題して、「震災の流木で作られた二胡」の話題が大きく掲載されました。
※ご覧になっていない方は、ぜひこちらにアクセスの上、ご覧ください。
https://ja-jp.facebook.com/weiwei.wuu.erhu
 
 
全くの偶然なのですが、その二胡の制作に当たられたのが、WeiWeiさんが懇意にさせて頂いてる、武楽群さんという方で、二胡の制作段階からそのお話を聞き、お借りして今回のアルバム「Reborn」に、その二胡で「花」をア・カペラで収録しました。
 
ーーー
 
震災のあった年、ちょうど今の時期、余震が続く中、満開の桜を見て、WeiWeiさんは涙していました。
何度かここでもご紹介しましたが、あの震災はWeiWeiさんにとって、とても大きな出来事でした。
日本中の人々が大きな衝撃を受け、実際に被災された方は言うに及ばず、誰もが「言葉を失う」ほどのショックを受けたのは、まだまだ記憶に新しいと思います。
 
上海で生まれ育ったWeiWeiさんですが、その気持ちは、我々日本人と同じでした。   
ーーー
 
中国は、欧米同様に、卒業・新入学は9月です。
そのせいなのか、日本人のように「春は別れと出会いの季節」という感覚は、WeiWeiさんには無かったそうです。
 
しかし、日本に来て日本を愛し、いつの間にか、日本人同様に桜の咲くこの時期に、出会いと別れがあり、その象徴のように美しく咲く桜に感動し、「SAKURA/17」という曲も出来ました。
今回のアルバムには、歌詞をつけて「歌」として収録もしました。
 
ーーー
 
「震災の流木で作られた二胡」の話を知るもっと前から、今回のアルバムのタイトル、コンセプトを「Reborn」として、「生まれ変わるということより、変化すること」と、これから始まる新しい10年の幕開けとしてのアルバム制作に臨みました。
 
そこに、セルフカバーとして「SAKURA/17」を収録すると決めたことは、言葉にはしなくても、「日本」という国の象徴的な花であり、「出会いと別れ」の象徴でもあるからだと思います。
 
そして、そのアルバムの制作過程の中で、「ア・カペラ」で、「日本と中国」の中間に位置する「沖縄」のメロディを入れようと思った時に、今回の二胡の事を知ったのです。
 
ーーー
 
今回の「Reborn」、さらに「SAKURA」、そして「震災の流木で作られた二胡」。
それは、WeiWeiさんのこれからのアーティスト活動、もっと言うとしたら、WeiWeiさんのこれからも作られていく作品と、深く繋がっていくような気がします。
 
「縁之詩」もそうですが、「繋がり」「絆」という言葉が、今のWeiWeiさんの活動の原点のような気がしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.3.27)

« WeiWeiさん IN 「曲集レコーディング」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「鎌ヶ谷 MT Milly's」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「曲集レコーディング」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「鎌ヶ谷 MT Milly's」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30