« WeiWeiさん IN 「『Reborn』のジャケット写真」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ジャケ写&記者会見」 »

2014年1月29日 (水)

WeiWeiさん IN 「レコーディング&レコーディング&音合せ」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第167回 WeiWeiさん IN 「レコーディング&レコーディング&音合せ」
 
 
 
最近のWeiWeiさんは、ひたすらレコーディング、そしてレコーディングです。
プリプロをし、プロデューサーの鳥山さんと曲の構想を練り、出来上がった仮のオケ音源を元に、二胡の「歌い方」を考え、実際に弾いてみて、さらに工夫を重ねて、スタジオに入って、「仮二胡」を録音し、それを持ち帰り、さらに表現方法をいろいろと試して、その後またスタジオに入り「本二胡」を入れる、という作業を続けています。
 
もちろん、実際に演奏するだけでなく、鳥山さんとの「イメージ」の更にすり合わせや、エンジニアさんとの「音色」の話、もちろん、以前にご報告したジャケットの件等々、やること、やらなければならないことは山ほどあります。
その一つ一つを、WeiWeiさんは時々「難しい顔」になることもありますが、本当に楽しそうにやっています。
 
ーーー
 
昨日もレコーディングでした。
昨日は、本番前の「仮二胡」をレコーディングしました。
これは、本番のためにとても大切な作業で、そのまま収録しても良いくらいのクォリティなのですが、それを元に、更に良い物を作るための作業です。
「仮二胡」を弾いたのは、WeiWeiさんのオリジナル曲とカバー曲を各1曲ずつでした。
 
先にカバー曲をレコーディングしたのですが、もう、鳥肌が立つほどの演奏でした。
本当に、「そのまま発表しても良いのでは?!」という感じなのですが、あくまでも「仮」です(笑)。
曲目は、まだ発表出来ませんが、WeiWeiさんの、とにかく「カッコイイ曲を二胡で弾きたい」という気持ちで選曲された曲です。
もちろん、相当な「テクニック」と「パッション」がないと表現できないような曲です。
情熱的で、鳥山さんの弾くスパニッシュなギターが、二胡の演奏と交差し、素晴らしい出来でした。
(おっと、これ以上は秘密です・笑)
 
次に収録したのは、WeiWeiさんのオリジナル曲。
これまでのWeiWeiさんの曲にはない、新しいタイプの曲です。
ヒントは「海南島」。
中国のリゾート地です。
このヒントだけでは想像できないかもしれませんね。
もう一つのヒントは「風」です。
中国のハワイといわれる「海南島」の「風」。
イメージ出来ますか?!
 
 
さらに、明日は二胡だけではなく、「歌」も収録します。
しかも、明日のレコーディングは両方共「本番」です。
 
さてさて、徐々に明らかになっていくNewAlbum。
ご期待ください!!
 
ーーー
 
そんなレコーディング三昧な日々のWeiWeiさんですが、ご縁があって、先日マリンバの第一人者「SINSKE」さんとの「音合せ」がありました。
 
今の段階では、一緒に「何か」をやるという事ではなく、昨年のムサコでの「上海ルンバ・ツアー」の最終日にSINSKEさんにご来場いただき、「なにかご一緒出来ればいいですね」という、二人の気持ちが合致して、「じゃあ、まずは『楽器で会話』してみましょう」ということになり、「音合せ」が実現しました。
 
本物の「フルサイズのマリンバ」をWeiWeiさんも初めて間近で見て、びっくりしていました。
私も、フルサイズのマリンバを実際に初めて「組み立てる」ところから見たので、その大きさにびっくりしました。
話には聞いていたのですが、フルサイズのピアノに匹敵する大きさです!
 
しかも、運搬用に各パーツを分解して持ち運べるようになっていて、それを組み立てるだけでとても大変そうでした。
 
WeiWeiさんもその組立風景を見ていて、感心していたのですが、突然、「これは何の木ですか?!」と大きな声を出しました。
WeiWeiさんの指さしていたのは、ピアノで言うところの鍵盤(マリンバでは『音盤』というようですが)でした。
 
SINSKEさんが、「これはローズウッドです」と言うと、WeiWeiさんがとても嬉しそうに言いました。
「そうですよね!
そうだと思いました!!
木の色と木目を見てそう思いました!!!
実は、私の二胡もローズウッドです!」
 
本当にそれが嬉しかったようで、WeiWeiさんがSINSKEさんにお会いするのはまだ2度目だったのですが、一気に「仲間意識」が生まれたようです。
以前、沖縄の三線奏者の方とお会いした時も「ニシキヘビの皮仲間」と分かった時も本当に嬉しそうで、一気に「仲間意識」になったのと同じでした。
 
それを聞いたSINSKEさんも嬉しかった様子。
その後も会話が盛り上がり、じゃあ、二人でユニットを組むとしたら「ローズウッズ」ですね、と言っていました。
さらに、それを受けて、
Wei:私がローズで・・・
SINSKE:僕がウッズ・・・
Wei+SINSKE:二人合わせて、ローズウッズ!!
と、まるで長年一緒にやっている夫婦漫才のような、冗談のような本当のやり取りもあり、大笑いしながら、和気あいあいとお互いの楽器の特性や、演奏方法など話しながら、実際に「楽器での会話」をしました。
 
スタンダード曲やお互いのオリジナル曲など、「譜面」という「共通言語」で「会話」しました。
最後には「本当に近々一緒にライブをやりましょう!」と握手を交わし、第1回目の「音合せ」は終了しました。
 
まだ、なんとも言えませんが、私の予想としては、本当に近日中に「ローズウッズ」のライブが実現すると思います。
 
二胡の音とマリンバの音。
どう響き合い、どのような音楽の世界が出来上がるのか、ご期待ください!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2014.1.29)

 

« WeiWeiさん IN 「『Reborn』のジャケット写真」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ジャケ写&記者会見」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「『Reborn』のジャケット写真」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ジャケ写&記者会見」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31