« WeiWeiさん IN 「定期演奏会&銀座SWING」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「上海ルンバツアー」 »

2013年11月20日 (水)

WeiWeiさん IN 「縁之詩」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第158回 WeiWeiさん IN 「縁之詩」
 
 
 
「縁之詩(えにしのうた)」という曲が出来ました。
 
今年の心弦二胡教室の第17回定期演奏会のオープニングを飾る「大合奏」で初演奏され、先日の銀座SWINGでは、いつものバンドのメンバーと一緒に演奏しました。
 
「縁之詩」
これは、昨年の心弦二胡教室の第16回定期演奏会のタイトルです。
WeiWeiさんが、日本に来て、日本で感じた「縁」を大切にしたいという気持ちからタイトルが付けられました。
 
そして、今年の夏、WeiWeiさんが心弦二胡教室の壁にある大きな五線紙に、自分の思い描いた「テーマ」としてのメロディを8小節分書いて、その壁に
「このメロディの続きを募集したいと思います」
と書き、応募された数々のメロディをWeiWeiさんが繋ぎあわせ、ピアニストの村上由紀さんが、毎年の定期演奏会同様、この曲をバンド・アレンジしてくれました。
 
まさしく「縁之詩」です。
 
人と人との繋がり。
人と人との「縁」。
WeiWeiさんがいつも言っている、とても大切な宝物です。
 
ーーー
 
まだ決定ではありませんが、もしかしたらこの「縁之詩」が、来年発売されるWeiWeiさんのオリジナルアルバムに収録されるかもしれません!!
(まだ「決定」ではありませんので、万が一収録されないことになってもお許し下さい!)
 
これも「フライング」気味の話ですが、次回のアルバムのテーマは「Reborn」です(これも予定ですので、お含みおき下さい)。
そこには、色んな意味が込められています。
 
昨年、デビュー10周年が過ぎ、WeiWeiさんにとって、今年から始まった10年間は、きっと新しいことへの挑戦と、回帰と、復活、飛翔・・・いろんなテーマがWeiWeiさんの中に渦巻いているようです。
 
でも、変わらないことは、「感動」することであり、「感謝」であり、「愛」であり、「縁」を大切にすることです。
 
自分のオリジナル曲はもちろん、大好きな曲のカバーなど、次のアルバムの選曲をしているのですが、自分一人ではない「合作」の「オリジナル曲」は、とても大きな意味があります。
もちろん、新しい曲を作る過程は、自分の作ったメロディを膨らませる「アレンジ」という作業、そしてレコーディングの際のミュージシャンたちのとコラボ、さらにエンジニアによる最終的なミキシング作業など、色々なことがありますが、やはりその中心は、メロディです。
その中心を、「縁」を大切にした仲間と一緒に作った「合作」。
WeiWeiさんだからこそ可能なことだと思います。
 
まだ新しいCDに入るとは限りませんが、この「縁之詩」は、これからもずっと演奏し続けられる曲になることは間違いないと思います。
 
私個人的にも、新しい楽しみが増えました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.11.20)

 

« WeiWeiさん IN 「定期演奏会&銀座SWING」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「上海ルンバツアー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「定期演奏会&銀座SWING」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「上海ルンバツアー」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30