« WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「船橋きららホール&二胡を習い始めたきっかけ」 »

2013年10月20日 (日)

WeiWeiさん IN 「二胡・広・光」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第154回 WeiWeiさん IN 「二胡・広・光」
 
 
 
音楽って、本当に素晴らしいですね!
 
突然の少し変な書き出しですいません(苦笑)。
長年、音楽の仕事に従事していますが、時々、「音楽って本当に良いな!」と、強く思うことがあります。
そんな時は、この仕事に従事できていることをとても幸せに感じます。
 
先週は「二胡・広・光」のセミナー&ライブ、そして昨日はWeiWeiさんの主宰する「心弦二胡教室」の今年の演奏会(11/9土・於:大井町きゅりあん)用の「大合奏」のリハーサルに立会いました。
 
多くの人達が楽しそうに二胡を弾いていました。
単なる「趣味」の人。
今すでに二胡を教えている人、そして将来二胡を教えたいと思っている人。
誰かの前で二胡を演奏したいと思っている人。
 
二胡を弾いている目的は人それぞれですが、皆さん、楽しそうに弾いています。
WeiWeiさんも、二胡を弾いている時が一番楽しそうな表情をしています。
 
そんな、楽しそうな表情を見ると、「音楽って良いな!」と思います。
 
ーーー
 
少しだけ、軽い閑話休題です。
 
昨日のWeiWeiさんは、前述にあるように、主宰している「心弦二胡教室」のレッスン+定例演奏会用の大合奏のリハーサルでした。
それこそ、お昼を食べる時間もないほどの過密スケジュールでした。
 
昨日の朝10時過ぎに、打合わせ事項が有り電話で話しました。
打合わせを終えた時に、WeiWeiさんがこう言いました。
「今日は11時過ぎから、超過密スケジュールで、ヒル、ハケないですね!」
 
私は「???」でした。
なので、「ごめんなさい、どういう意味ですか?」と聞いたのです。
すると、WeiWeiさんはこう言いました。
「マネージャーさんは私の日本語の先生なのですから、何が言いたいのか分かって下さい!」
過密スケジュールが待っていたので、さすがのWeiWeiさんも余裕がなかったのか、声に少し険がありました(苦笑)。
 
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、私は男性です。
「ヒル」と言われたらそれはイコール「昼」です。
男性じゃなくても、ほとんどの方は「ヒル」は「昼」かせいぜい「蛭」くらいしか想像できないと思います。
 
絶句している私にWeiWeiさんがこう言いました。
「だから、ずっと立っているので、ヒルのある靴は履けないでしょう?」
 
やっと分かった私が「『ヒール』ですね?!」
と言うと、ほんの少し間が開いて、いつもの笑い声が電話から響きました。
 
相変わらず、「—」や「ッ」の苦手なWeiWeiさんです(苦笑)。
 
ーーー
 
WeiWeiさんが日頃から言っている「二胡をもっと身近な楽器に!」という言葉。
先日の「二胡・広・光 ダブルセミナー」は、まさしくその気持がとても良くあらわれたものでした。
 
まずは、「二胡講師を目指す方のためのセミナー」、その後行われたのが「二胡演奏家を目指す方のセミナー」、さらに翌日には恵比寿のライブハウスでの「演奏家志望の方たちとWeiWei Wuuジョイントライブ」でした。
 
WeiWeiさんは、二胡を本当に自分の「分身」のように思っています。
それは、自分の表現したい音楽を一番伝えてくる楽器だからです。
だからこそ、大事に思っているし、もっと多くの人に二胡に触れて欲しいと思っているのです。
 
「二胡・広・光 ダブルセミナー」に参加された方も、二胡教室に通っている方も、二胡の音色に惹かれ、二胡でいろんなメロディを奏で、自分の気持ちを代弁したいのだと思います。
 
ーーー
 
現在、WeiWeiさんは次のアルバムのための準備をしています。
これまで、「二胡が世界に通用する楽器として」広めたいと思い、いろんなジャンルの音楽にトライし続けているWeiWeiさんですが、次のアルバムでは、それを更に一歩進めていこうと考えています。
詳細は、決まり次第発表しますので、ご期待ください。
 
中国人だけではなく、もちろん日本人だけでもなく、世界中の人に二胡の存在を知ってもらいたいと考えて、二胡を「広めて」、二胡が「輝いて(光)」行くように、これからもWeiWeiさんの挑戦は続いていくのだと思います。
 
日本中にいる二胡愛好家とWeiWeiさんの音楽を愛している人たちと一緒に!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.10.20)

 

« WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「船橋きららホール&二胡を習い始めたきっかけ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「船橋きららホール&二胡を習い始めたきっかけ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31