« WeiWeiさん IN 「豊川」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 »

2013年10月 6日 (日)

WeiWeiさん IN 「由布院」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」

第153回 WeiWeiさん IN 「由布院」

 

 

 

昨日は日本でも有数の温泉地「大分・由布院」でのライブでした。

 

一昨日、福岡入りし、NHKでの番組出演、そして昨日が由布院でのライブでした。

昨年も九州は全県でライブを実施したのですが、今日の佐賀、明日の福岡で、今年も九州全県ライブ完成です。

 

昨年の大分では、大分市内のライブハウスでのライブでしたが、今年は大分県の誇る、「別府」に並ぶ温泉地「由布院」でのライブとなりました。

 

ーーー

 

以前にも書きましたが、WeiWeiさんは温泉が大好きです。

日本に来て、初めて体験した温泉が混浴だったという、「大変な思い出」(笑)があるにも関わらず、それが「トラウマ」になることもなく、温泉の魅力を堪能しているWeiWeiさんです。

なにしろ、連日のライブで疲れていても、「温泉」と聞くだけで、「居ても立ってもいられない」(WeiWei語で言うと「立っても寝てもいられない」)WeiWeiさんなので、今年のツアーの企画の際に「絶対に由布院でライブしたいです」という気持ちと、由布院に「アルテジオ美術館」という素晴らしいライブ会場があるという情報を元に、昨日のライブは実施されました。

 

結果として、由布院でライブを実施できたことは、とても印象に残る素晴らしいライブになりました。

今日の佐賀でのライブの開演が早いので、残念ながらせっかくの由布院での温泉に入ることが出来ずに、ライブの終演後に佐賀へ前乗りになってしまい、少々悔いが残ってしまいましたが、美術館の雰囲気と素晴らしいお客様との交流ができ、大切な宝物が一つ増えました。

 

ーーー

 

通常のコンサート会場やライブハウスは勿論ですが、野外でのコンサートや神社仏閣など、二胡の音色はどんな会場でもその場所に似合います。

 

昨年、金沢の21世紀美術館の時にも感じたのですが、絵画という「アート」と二胡の音色は、違う「芸術」ですが、共通点があると思います。

 

そこに共通するのは「言葉」では表せない、心に直接届く「感情」のような気がします。

 

ーーー

 

私の個人的な感想なのですが、昨日のライブで一番感動したのは「瑶族舞曲」でした。

 

美術館に展示されているアートと、中国の少数民族である「瑶族」のメロディ。

 

一見、共通点は無いように思いますが、どう説明すれば伝わるのか、上手く説明できないのですが、「人の心の原点」のようなものを感じました。

「二胡の奏でる音色」が「景色」となって、音楽なのですが、そこに「風景」が浮かび上がったのです。

私は「絵画」や「彫刻」に詳しくないのですが、何故か、「瑶族舞曲」を聞いていた時に、「絵画」の世界が浮かんできて、思わず泣きそうになってしまい、自分で驚いてしまいました。

 

ーーー

 

こうして、いろんな会場でWeiWeiさんのライブに立ち会っていると、毎回違う「表情」を見ることができるので、本当に「役得」です。

 

一緒に演奏しているギターの越田さん、ピアノの森丘さん、そしてもちろんWeiWeiさん。

多分、演奏しているアーティストも各会場によって、違う感情で演奏していると思います。

それがダイレクトにお客さんに伝わると感じた時が、もっとも幸せで、贅沢な時間です。

 

ーーー

 

さて、今日のライブも明日のライブも違う表情を見せてくれると思うと、楽しみで仕方ありません。

 

ぜひ、この「感動」を共有しにライブ会場に足を運んで下さい。

そして、一緒に感動しましょう!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.10.6)

 

« WeiWeiさん IN 「豊川」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「豊川」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「嵐のような・・・」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31