« WeiWeiさん IN 「チャルダッシュ」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「由布院」 »

2013年9月29日 (日)

WeiWeiさん IN 「豊川」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第152回 WeiWeiさん IN 「豊川」
 
 
 
昨日は二胡セミナー、そして今日はコンサートが愛知県豊川市で開催です。
一昨年に初めて豊川で二胡セミナーを開催し、昨年は豊川稲荷でのコンサートとセミナーでした。
今年が3年目です。
 
「なぜ豊川?!」とお思いになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
それは、豊川に住んでいらっしゃる、ある方からの1通のメールがきっかけでした。
一昨年の名古屋でのコンサートの少し前にメールが届きました。
 
「こんにちは。私は愛知県の豊川市で二胡の講師をしているAという者です。
最近のレッスンでウェイウェイさんの弾かれている中国神秘紀行(美しい曲ですよね~)をCDから楽譜を起こしてレッスンで練習をしていました。
ウェイウェイさんのコンサートが名古屋であると知り、生徒さんにも紹介したところ、希望者が31人集まりました。
私もコンサートに伺うのは初めてで、生徒さん以上に楽しみにしています。
豊川市から名古屋へは電車で1時間半くらいですが、31人で伺いますね。」
 
という内容でした。
(ご本人の許可は頂いていますが、敢えて匿名にさせて頂きました。お許し下さい)
 
このメールを読んで、凄く嬉しかったのを良く覚えています。
そこで、早速WeiWeiさん本人にその話をした所、WeiWeiさんもとても喜んで、「もしも良かったらセミナーをやらない?!」と言われました。
 
今では、各地でセミナーを実施するようになりましたが、その頃はまだ、ほとんど実施していませんでした。
 
そのメールを頂いた頃、ちょうどWeiWeiさんから
「各地でコンサートの後のサイン会で二胡の愛好家の多くの方から『WeiWeiさん、この曲のこの部分はどう弾くんですか?』というお問い合わせが多いので、各地でコンサートに行った時にセミナーを開きたい」
という企画を聞いていた時期なので、まさにピッタリのタイミングだったのです。
 
その提案を聞いて、正直言って、まだ全く面識もなく、いきなり私から連絡したらとても驚かれてしまうのではないか、迷惑なのではないか、などと思いましたが、WeiWeiさんの次の言葉で連絡することにしました。
 
「私の曲を練習してくれてるのはとても嬉しいし、サイン会の時にちょっとだけ話すだけでは伝えきれないので、迷惑じゃなかったらぜひ実施したいです」
 
そして数日後、私がメールでその旨の返信をした所、案の定とても驚かれたようですが、そこからやり取りがスタートし、結果として名古屋のコンサートの翌日に豊川での第1回目のセミナーが実施されることになりました。
結果として、大成功で、受講者の方にも大変喜んでいただき、WeiWeiさん本人もとても喜んでいました。
 
後日譚ですが、豊川でAさんに初めてお会いした時に、「最初はとても不安で、騙されてるんじゃないかって思ったほどでした」と笑って話したことを良く覚えています(笑)。
 
そこから交流が始まり、Aさんだけではなく、豊川の皆さんのご尽力で、翌年の豊川稲荷でのコンサートや今日のハートフルホールでのコンサートに繋がったのです。
もちろん、その都度セミナーも実施しました。
 
ここにも何度も紹介していますが、日頃からWeiWeiさんは良くこう言っています。
 
「『二胡』という楽器が、ヴァイオリンやギターやピアノのように、誰もが知っている楽器になって欲しい。
日本中にいる二胡の愛好家の方に、もっと『二胡』を楽しんで欲しい。
その為だったら、私はどこでも飛んでいく。」
 
この原稿を書くために、その当時Aさんとやり取りしていたメールを読み返してみたのですが、とても面白かったです(笑)。
Aさんはもちろん、私もセミナー自体がそれほど実施されていなかった頃なので、準備段階の事や、音響のことなど、頻繁にやり取りしていて、かなり大変な思いをさせてしまったと、今となっては良い経験でした。
 
ーーー
 
まだ今年を締めくくるには早いですが、全国で、「コンサート」や「セミナー」を「仕事」としているわけではなく、言ってみれば「素人さん」なのに、皆さんすごく頑張ってWeiWeiさんの音楽、二胡、そして人柄を愛してくれているのを実感します。
 
ーーー
 
WeiWeiさんの「二胡行脚」は、これからもずっと続いていきます。
これからもきっと、まだお会いしていない方々や、もちろん、越田さんや森丘さんを始めミュージシャンやスタッフも含めて、「単なるお仕事」としてではなく、一緒に「何か」を作っていくと思います。
 
「何か」は「喜び」や「楽しさ」そして「感動」に繋がっていくと思います。
 
これからも「一緒に」頑張って行きたいと思っています。
ありがとうございます。
そして、よろしくお願いします!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.9.29)

 

« WeiWeiさん IN 「チャルダッシュ」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「由布院」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「チャルダッシュ」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「由布院」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30