« WeiWeiさん IN 「九州ツアー〜その2」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「レコーディング」 »

2013年7月28日 (日)

WeiWeiさん IN 「温泉」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第144回 WeiWeiさん IN 「温泉」
 
 
 
 
最近のこのブログは、ツアーに関するご報告が多かったので、今回は少し内容を変えてみようと思います。
とは言え、ツアー絡みのお話になりますが・・・(苦笑)。
 
ーーー
 
っと、その前に軽めの「閑話休題」です。
 
先日、あるライブのタイトルをどうするかという打合わせをしていた時の事です。
場所は、あるファミレスでした。
 
いろいろと、ライブのタイトルの候補を揚げた後、WeiWeiさんがこう言いました。
「『○○○○』というのはどうですか?」
と言った後です。
 
「あっ、これだと正露丸になってしまいますね!」
 
私はまさしく、目が点でした。
WeiWei語をかなり習得していると自負している私ですが、まったく意味がわかりませんでした。
その、私の表情を見て、自分で気がついたのでしょう。
例によってそのファミレスに居た別のお客さん全員が振り返るほどの大きな笑い声の後、こう言いました。
 
「あっ、間違いました。
正露丸じゃなくて、スローガンです!(笑)」
 
恐るべし、WeiWei Wuu!!(笑)
 
ーーー
 
本題に戻ります。
 
昨年のデビュー10周年記念のツアーの時には、何度か有名な「温泉地」でのライブがあったのですが、今年はこれまで、残念ながらありませんでした。
もちろん、移動の途中などで有名な温泉地は何度も「通過」しましたが、温泉地でのライブは実現していませんでした。
 
実は、WeiWeiさんは、「温泉」が大好きです。
 
以前聞いた話ですが、WeiWeiさんが日本に来ての「初温泉」は相当ショッキングな出来事だったようです。
 
と言うのも、中国では「お湯にゆっくり浸かる」という習慣があまり無く、多くの日本人が感じている、「浴槽にゆっくり浸かって『生き返る』」という感覚はあまり無いようです。
しかも、他人と一緒にお風呂に入るというのも、「あまり考えられない」というのが「当たり前」の感覚のようです。
 
そういう「常識」を持っているWeiWeiさんが、日本に来て間もない頃の話です。
ある和楽器の方の演奏旅行に参加し、そのツアーの一行みんなで、演奏旅行の打ち上げである温泉に立ち寄ったそうです。
 
当然、温泉地の旅館なので、大浴場です。
しかし、WeiWeiさんにとっては、
「え?! みんなで一緒にお風呂に入るの?!」
と、びっくりしたそうです。
でも、せっかくの「「温泉」なので、相当恥ずかしい気持ちでしたが、勇気を振り絞って(笑)、大浴場に入ったそうです。
 
そこで、更にびっくりする出来事が!!
WeiWeiさんにとって、「みんなで入る」事自体が「信じられない」ことなのに、なんとその大浴場は「混浴」だったそうです。
 
びっくりして当たり前ですよね!
同性同士でもほとんど一緒にお風呂に入ったことが無いのに、いきなり「混浴」!!
脱衣所は別だったので、気が付かずに入り、温泉に浸かったら、湯気の向こうに男性の姿が!!
大浴場の習慣に慣れている日本人でも、普通の女性であれば、さすがに混浴は気軽に入れないですよね?!
 
男性の姿に気がついて、びっくりした後、当然のようにお湯から出ることが出来ず、本当に辛く、出るに出られず、完璧にのぼせてしまい、ほとんど「失神」しそうになって、極限状態から「決死の脱出」という感じで温泉を出たようです。
 
ただ、そこはただものではないWeiWeiさん。
その温泉は「露天風呂」だったそうですが、その時の話を聞いた時、こんなふうに言っていました。
 
「月の光りの下で、見えた風景、いまでも忘れません~」
 
「極限状態」でも、月明かりの下の景色に感動するとは、恐るべしWeiWei Wuu(笑)。
 
ーーー
 
そんなトラウマを持つWeiWeiさんですが、今では「温泉大好き女性」です。
体調が今ひとつ優れなかったので、今年の松山では「単独行動」はしませんでしたが、去年のツアーの際には、朝6時過ぎに早起きして、一人で、松山市街のホテルから道後温泉に行ったほどです(笑)。
 
さて、そんなWeiWeiさんにとっての朗報が決まりました。
 
大分県由布院でのライブが決定しました。
会場は「アルテジオ美術館」。
とても素敵な美術館で、天然の響きがあり、「二胡の響きが最高に似合うと思います」と、由布院のFM局の方と相談して決定しました。
 
大分には「別府」という横綱級の温泉地がありますが、「由布院」も別府に負けない温泉です。
しかも、会場は「美術館」。
最高のシチュエーションでのライブになると思います。
 
お近くの方はもちろん、ぜひ、遠方の方も「温泉+二胡の響き」を体験していただければと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.7.28)

 

« WeiWeiさん IN 「九州ツアー〜その2」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「レコーディング」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759106/52832858

この記事へのトラックバック一覧です: WeiWeiさん IN 「温泉」:

« WeiWeiさん IN 「九州ツアー〜その2」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「レコーディング」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31