« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

WeiWeiさん IN 「QVCマリンフィールド」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第136回 WeiWeiさん IN 「QVCマリンフィールド」
 
 
今回は、やっぱり先日(23日)のQVCマリンフィールドでのファーストピッチセレモニーの話ですよね?!
 
ファーストピッチの前に、「JIN」を演奏し、素晴らしい雰囲気の中、最高のセレモニーになりました!
 
当日の模様を時間を追ってご報告します。
 
ーーー
 
朝、9時にWeiWeiさん宅を出て、一路、車で千葉へ向かいました。
なぜそんなに早く出たかというと、ロッテと阪神の選手たちの練習が始まる前に「生演奏」用のリハーサルをするためです。
 
10時に球場に到着しました。
駐車場は球場のすぐ脇。
車を停めたら、すでに球場のスタッフが準備していたのでしょう、二胡の音(CD)が聞こえて来ました。
 
快晴で、暑くも寒くもない、とても快適な天気でした。
 
球場スタッフの方と、今回のお話を決めていただいた「くすりの福太郎」の方に迎えられて、関係者入り口から球場内に入りました。
 
荷物を控え室に置いて、すぐに二胡とマイクを持ってグラウンドへ行きました。
 
前回の下見の際に、グラウンドには入っていたので、緊張もせず、広々とした球場を堪能。
すでに、マイク用の回線や、伴奏音源と二胡を聞くモニターなど準備されていて、早速リハーサル開始でした。
 
ギターの越田さんの演奏してくれた音源のイントロが流れ始めて、「JIN」を演奏しました。
 
反響した音が、ずいぶん遅れて演奏しているWeiWeiさんの所に降ってきます。
正直、自分の演奏も伴奏音源もモニターの音を中心に聞かないと、とても演奏しづらい状況でした。
 
球場独特の、反響、天然のリバーブ。
とても心地良いので、つい耳がそちらの音を聞いてしまうのですが、そちらに合わせてしまったら、完璧にずれてしまうので、演奏者であるWeiWeiさんは、モニターの音に集中です。
私は、演奏しているWeiWeiさんから離れて、会場の音を味わいました。
ご存じのように、QVCマリンフィールドは海のそばにあります。
WeiWeiさんには申し訳ないのですが、心地良い風に、ほんの少し潮の香りがする中、会場の音を堪能しました。
 
二胡と伴奏音源のバランスを取りつつ、2回演奏しました。
もう、「バッチリ」でした。
 
ーーー
 
演奏が問題ないとなると、気になるのは「ピッチング」です。
 
マウンドとバッターボックス周辺はシートがかかっていて、入ることができませんでしたが、WeiWeiさんがピッチャーマウンド周辺に行き、私がキャッチャーの位置にいました。
 
その時のWeiWeiさんの一言。
とても大きな声で、
「え〜〜〜〜!! こんなに遠いんですか〜〜?!」
 
球場のスタッフが笑いながら、
「そうなんですよ。実際に立ってみると意外に遠いでしょう?!」
と言いました。
 
ーーー
 
リハーサルを終えて控え室に戻ると、球場スタッフの方が、ユニフォームとグローブを持ってきてくれました。
 
それを見た瞬間、WeiWeiさんの喜びようは「ハンパない」感じでした(笑)。
 
ユニフォームの背番号は「2525」。
そうです、「ニコニコ」「二胡二胡」です。
もちろん、「WeiWei Wuu」の文字も。
ユニフォームだけではなく、グローブにも「WeiWei Wuu」と刺繍されていました。
 
早速フィッティングして、グローブもはめて、シャドウピッチング!
テンション最高潮という感じで、子供のように、はしゃいでいました。
 
ピッチングの時にはユニフォームを着る予定でしたが、演奏の時には「衣装」を着て演奏する予定だったのですが、テンション上がりまくりのWeiWeiさんは、
「演奏の時もユニフォームでやります!」
と宣言しました(笑)。
 
ーーー
 
その後、本番の段取り等を打ち合わせしましたが、なにしろ11時過ぎには終わってしまったので、本番までどうしようか、、、という感じでしたが、近所にアウトレットがあるのを知って、WeiWeiさんはショッピングに行きました。
 
ーーー
 
16:30に球場に戻り、本番(18:00)の準備・・・と言っても、化粧を直してユニフォームを着てお終いでしたが、くすりの福太郎の社長たちと歓談しながら、選手たちの練習を見ていました。
ほどなくして、WeiWeiさんのお母さんが到着、その後熱烈なロッテファンで、地元千葉在住の越田さん到着、さらに以前から交流があり、しかも越田さん同様ロッテファンのピアニストの榊原大さんも到着して、野球談義、音楽談義に花が咲きました。
 
ーーー
 
いよいよ時間になりました。
 
10分ほど前にグラウンドへ。
記念写真を撮ったり、榊原大さんを相手にピッチングの肩ならしをしたり、WeiWeiさんのテンションは最高潮に達していました。
 
ちなみに、翌日Twitterで、榊原さんに「大さん、肩ながしのキャッチボールに付き合ってくれて本当にありがとう」と送ったWeiWeiさん。
大さんから「WeiWeiさん、肩ならしね!」と突っ込まれて、「すいません、私、外タレなんで」と最近の定番でやり取りしていました(笑)。
 
ーーー
 
演奏は、リハーサル以上に素晴らしいかったです。
球場に二胡の音が流れた時、お客さんたちが聞き入っているのが分かりました。
野球場と二胡がこれほどマッチするとは、正直驚きです。
演奏後、とても大きな拍手をいただき、感動です。
 
さて、いよいよピッチングです。
 
球団マスコットのリーンちゃんと一緒にピッチャーマウンドへ。
 
満面の笑顔で、マウンドに立ったWeiWeiさん。
緊張している雰囲気は全くありませんでした。
とにかく楽しんでいる様子でした。
そして、豪快に振りかぶって「エイッ!」という感じで投げました。
 
「フワッ」っと投げられたボールは、残念ながらキャッチャーの1メートルほど手前で失速してバウンドしてしまいましたが、無事にキャッチャーまで届きました。
考えてみれば、ほとんど野球の経験もないのに、初めての大舞台でのピッチング。
素晴らしいことだと思います。
 
そして、また満面の笑顔。
お客さんたちに手を振って、お辞儀をして、堂々とマウンドを降りたWeiWeiさんの顔には、満足感でいっぱいでした!
 
ーーー
 
その後、みんなで記念撮影をし、控え室に戻り、試合を最後まで観戦しました。
 
残念ながらロッテは負けてしまいましたが、とにかく充実感いっぱいの一日でした。
 
何人もの野球ファンの方がWeiWeiさんに気付き、手を振られて、WeiWeiさんも手を振り返し、帰路につきました。
 
ーーー
 
とにかく貴重な体験ができた一日でした。
いつの日か、またやりたい、そして、いつの日か、球場でコンサートを開きたいですね、と帰りながら話をしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.5.26)

 

2013年5月19日 (日)

WeiWeiさん IN 「ライブツアーにゲストを招いて・・・」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第135回 WeiWeiさん IN 「ライブツアーにゲストを招いて・・・」
 
 
 
変なタイトルで申し訳ありません(笑)。
 
主題に入る前に「閑話休題」です。
 
メルマガにもありますが、今週23日(木)、QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)で開催される、「くすりの福太郎スペシャルナイター」、千葉ロッテマリーンズVS阪神タイガースのセパ交流戦にて、ファーストピッチセレモニー(始球式)に登場します。
 
Facebookをご覧の方はご存じだと思いますが、先日WeiWeiさんは野球の硬球を買ってきて、ピッチングの練習をしました。
 
以前も書きましたが、正直言って、そのピッチングフォームは、「いかがなものか」という感じで、どう見ても「砲丸投げ」のフォームです。
 
私も、それほど野球が得意というわけではないので、越田さんのように上手に教えられませんが、少しだけ「こうですよ」とWeiWeiさんに教えたのですが、WeiWeiさんいわく、
「よく分からないので、これでいいでしょう?!」
と、相変わらず「砲丸投げ」フォームで練習していました(笑)。
 
まあ、フォームはともかく、というか、砲丸投げのフォームの割りには意外とちゃんと投げていたので、私としては、
「一球だけだし、WeiWeiさんが投げやすいように投げて下さい」
と、野球のボールではなく、サジを投げました(苦笑)。
 
しかし、そのフォームのせいもあってか、案の定翌日「筋肉痛です」と嘆いていました。
 
はてさて、当日、すこぶる心配ではありますが、とにかく盛り上がっているマウンドで盛り上がりすぎて、転んで怪我をしないようにと祈るばかりです。
 
ーーー
 
本題です。
いよいよ来週から「WeiWei Wuu アコースティックトリオ」のツアー「上海ルンバ」が本格的に始まります。
 
今年のツアーの特徴は、もちろん5月8日に発売された「上海ルンバ」から曲を中心に演奏するのですが、それ以外に、「なるべく各地で活躍されている方をゲストに迎えてライブをやりましょう」という企画です。
 
「地元で活躍」ということとは少し違いますが、ツアー初日の4/2六本木STBではバイオリニストのNAOTOさんをゲストに迎えました。
NAOTOさんは、と6/10のビルボー大阪にもご出演頂きます。
 
先日の柏WUUでは、柏でも二胡を教えている心弦二胡教室の講師の横関剛さんがゲストでした。
 
今決まっている、今後の各地でのゲストですが、
◆5/31(金)名古屋:ト善祥さん(「ト」は「さんずい」に「余」という字です:中国琵琶)
◆6/2(日)岐阜:久保さりーさん(二胡) 
◆6/8(土)広島:姜暁艶さん(二胡)
◆6/10(月)大阪:NAOTOさん(ヴァイオリン)
◆6/30(日)横浜:寺嶋級江さん(二胡・心弦二胡教室講師)
◆7/6(土)那覇:上地恵里紗さん(二胡) 
◆7/11(木)〜7/15(月)九州のどこかで:劉福君さん(二胡)
です。
 
この他にも、現在企画中で、今後発表していく予定です。
 
ーーー
 
昨年もそうでしたが、全国各地を回っていて、こうして地元の方とお会いして、交流を深めていくことが楽しみの一つです。
二胡の未来、WeiWei Wuuの音楽の今後、それだけではなく、心の交流こそが日中友好の意味も含めて、人生をふくよかにしてくれることだと思います。
 
ライブ会場でお会いしたら、気軽にお声がけください。
お待ちしています。
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.5.19)

 

2013年5月12日 (日)

WeiWeiさん IN 「WUU」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第134回 WeiWeiさん IN 「WUU」
 
 
 
 
昨日は、千葉県柏市にある「Studio WUU」でのライブでした。
昨年のデビュー10周年記念ライブツアーでも実施した会場です。
 
もちろん、会場名は「WUU」ですが、WeiWeiさんが経営している会場というわけではありません(笑)。
会場名の由来は、真偽の程は分かりませんが、「WUU」のオーナーの方が会場名を考えている時に、良い名前が思いつかずに困っていて「う〜〜〜!」と唸って、「あっ! 『WUU』にしよう!」と思いついたそうです。
 
もちろん、WeiWeiさんの場合の「Wuu」は本名の「巫」の発音が「Wu」なので、唸ったわけではありません(念のため・笑)。
 
ーーー
 
昼間は、去年も実施した「二胡セミナー」が実施されました。
 
毎回、セミナーの際のWeiWeiさんの教え方を見ていると、本当に上手で感心してしまいます。
 
今回のセミナーでの内容の一つは「何日君再来」をテーマに教えていました。
二胡を習っている方は、必ず弾きたくなる曲の一つです。
 
その時に、私が思ったのは、WeiWeiさんが教えているのは「技術」ではなく、「気持ち」だと分かりました。
「何日君再来」の歌詞にある、「次はいつ来ますか?」という気持ちを、二胡でどう表現するか、ということを教えていました。
単純にメロディを奏でるのではなく、「気持ちを表現する」ことを説明していました。
 
「気持ち」を表現するために、強弱があったり、記号としての「音符」ではなく同じ4分音符でも表現が変わってくるということを伝えていました。
だから、ひとつの音を大切に、「気持ち」を込めて、どう表現するのか、ということを説明していきます。
だから、受講している人たちも、一つ一つの音符を大切に奏で始めて、だからとても上手に聞こえてきます。
 
それが、単純な「演奏」ではなく、「音楽」に変わっていくのだと分かりました。
 
二胡を習っている方は、伝統とかジャンル関係なく、「表現の仕方」という意味で、ぜひセミナーに参加してみて下さい。
とても参考になると思います。
 
ーーー
 
そして、夜のライブでした。
 
ここで、閑話休題です。
 
CD「上海ルンバ」にはライブ・バージョンの「JIN」と「ボイジャーズ」が収録されているのですが、WeiWeiさんは昨日のライブで、その曲目紹介の時にこう言いました。
 
「この2曲はライブ・バージョンですが、スタジオで録音したのと同じくらいの素晴らしい『おでき』です」
 
そう言った直後、自分で気がついて
「『おでき』は変ですね〜!」
と勝手に笑い出しました。
 
聞いているお客さんたちは、もちろん優しい方たちばかりなので、「素晴らしいおでき」は「素晴らしい演奏」という意味だと理解し、WeiWeiさんは「素晴らしい出来」を丁寧に言いたかっただけ、と理解してくれていたと思います(笑)。
 
ーーー
 
話を戻します。
 
ライブは、とても盛り上がりました。
敢えて曲順や演奏曲目リストは発表しません。
でも、個人的な感想で恐縮ですが、私は「紫陽花」が一番感動しました。
 
CDにある、WeiWeiさんの曲目解説に「紫陽花」はこう書かれています。
「紫陽花の花言葉は「移り気」。でも私には、紫陽花は一人の女性の一生のような気がしています。時間の経過の中で、その「色」を変えながら、常に美しくありたいと思う、一人の女性をイメージして曲を書きました。」
 
まさしく、一人の女性の一生を見るような演奏でした。
 
ーーー
 
1部と2部の間の休憩時間に、あるお客様から言われました。
「素晴らしいライブなので、1年に1回では少なすぎます!
もっとたくさん柏に来てください。」
 
とてもうれしいお言葉でした。
そういう声を聞くと、「ありがとうございます」という言葉が素直に出てきます。
とても励みになります。
 
毎回のライブ後にアンケートを読むのが毎回楽しみです。
いろいろなご提案をいただくこともあったり、とても参考になり、次のライブへの指標になります。
 
ーーー
 
最後には、心弦二胡教室で講師をしていて、柏でも教えている横関さんが「シークレットゲスト」として登場し、会場には生徒さんも居たので、大いに盛り上がりました。
 
終演後、WeiWeiさんは会場の方から「Studio WUU」と書かれたTシャツを頂き、とても嬉しそうにしていました。
 
今月末から、本格的なツアーが始まります。
 
各地でご来場頂いた方たちと過ごす時間は宝物です。
「記録」ではない「記憶」に残るライブをこれからもやって行きたいと思います。
 
お近くに伺った際には、ぜひご来場下さい。
お待ちしています。
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.5.12)

 

2013年5月 5日 (日)

WeiWeiさん IN 「立奏」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第133回 WeiWeiさん IN 「立奏」
 
 
 
今回は、以前にも書いたことがありますが、「立奏」について書こうと思います。
 
最近では、多くの二胡奏者の方が、本来座って演奏する二胡を立って演奏する「立奏」をされています。
しかし、ほとんどの方は「基本は座って演奏し、何曲か立奏をする」というスタイルが多いようです。
 
WeiWeiさんといえば、立奏がほとんどで、「ごく希に座って演奏することもある」というほど、WeiWei Wuu=立奏と言ってもいいと思います。
 
ーーー
 
もともとバイオリンを弾いていたことと、日本に来てロックバンドに二胡で参加したことから、「立って二胡を弾きたい」と強く思って、いろいろな工夫をしたという話は、ご存知のWeiWeiさんファンのかたも多いと思います。
 
ただ、先日WeiWeiさんから聞いたのですが、もっと昔は二胡は歩きながら演奏されていたそうです。
 
「どうやって固定してたんですか?」
と、私が聞いたところ、その当時の二胡は竿が胴の下まで突き出していて、その突き出した部分を紐で結び、それを身体に巻きつけて固定していたらしいです。
そういう意味では、日本の「胡弓」と近いかもしれません。
その辺から、日本では二胡が胡弓と呼ばれたのかもしれませんね。
 
ーーー
 
前述しましたが、WeiWeiさんが二胡を立って弾きたいと思った最大の理由は、二胡を中心にしたロックバンド「五星旗」に参加していて、「ロックサウンドなのに、座ってたらロックじゃない!」と思ったからです。
ギターもクラッシックギターは座って弾きますが、エレキギターはあまり座って弾きません。
さすがに、ドラムやピアノは立って弾くのは難しいと思いますが、リズムに合わせて自由に動きながら演奏すると、サウンドも変わると思います。
 
WeiWeiさんがステージで「立奏」の話をする時、東急ハンズに行って針金を買ってきて、「初代ホルダー」を作ったという話は有名です。
しかし、WeiWeiさんの力で曲げられる針金ですから、演奏している間に伸びてしまい、二胡を固定できなくなってしまう。
「そうなってしまっては、台も台無しです!」とダジャレ(?!)を言って笑いを取っています。
(というか、最近ではそのダジャレを言うためにホルダーの話をしている感もあります・笑)
 
ーーー
 
しかし、私の個人的な感想なのですが、もしもWeiWeiさんが立奏していなかったら、現在の「WeiWeiサウンド」は生まれていなかったと思います。
もちろん座ったままでもテンポの速い曲や激しい曲も弾けますが、表現の仕方が変わってくると思うのです。
 
まして、先日の「ムサコ・コンサート」の時に心弦二胡教室のみんなと「MSK48」として、踊りながら二胡を弾くことなどありえません(笑)。
 
そういう意味でも、「立奏」が二胡の可能性を広げてくれていると思います。
 
きっと、まだまだ二胡は改良されて、いろんな表現をしてくれると思います。
ちょうど、リュートがクラシック・ギターになり、フォーク・ギターが出来、エレキ・ギターとなり、さらにエフェクターなどでさらに表現が増えていったように、二胡が伝統楽器からいろいろな形にバリエーションが広がっていくと思います。
 
伝統を大切にし、可能性を広げていくこと。
これからの発展形が楽しみです。
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.5.5)

 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30