« WeiWeiさん IN 「大雪」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「武蔵小山」 »

2013年1月27日 (日)

WeiWeiさん IN 「心弦二胡教室」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」

第119回 WeiWeiさん IN 「心弦二胡教室」

 

 

皆さんご存じのように、WeiWeiさんには、「心弦二胡教室主宰」というアーティスト活動とは別の顔があります。

日本に来てまだ間もない頃、ある会場で二胡を演奏した際にお客様の一人から「私に二胡を教えて下さい」と頼まれたのが、「二胡教室」の始まりだったそうです。

その時のWeiWeiさんは、まだ日本語も今ほど話せるわけではなく(もちろん、最近の、ギターの越田さん直伝の「オヤジギャグ」など、言えなかった頃の話です・笑)、さらに、中国の伝統楽器である「二胡」を日本人が弾くことなど、それこそ「信じられない」という気持ちで、「どうやって教えるか」ということを悩んだそうです。

しかし、私は個人的に、逆に、そうやって一般の日本人に二胡を教えることで、今のWeiWeiさんがあると思っています。

それは、人に教えることで、日本語の勉強にもなったし、自分の演奏法を更に進化させることも出来たし、WeiWeiさん自身の生き方や考え方にも大きな影響を与えられたと思います。

そうやって、自分のアーテイスト活動と同時に教室を主宰し、最初はたった一人の生徒さんが、評判を呼んで、今や200人近い方たちが「心弦二胡教室」に通っています。

昨日も、その心弦二胡教室の有志の方たちによる演奏が、東京・品川区の武蔵小山駅前で実施されました。

そうです、東日本大震災の際にチャリティでWeiWeiさんが教室の方たちと一緒に演奏した場所です。

今回の、演奏会に際してのWeiWeiさんの、心弦二胡教室のみなさんへの言葉。

「「二胡を拡げよう!」ということは、私一人の力ではできません。

みなさんひとり一人の二胡の音色とその感動を、できるだけ、

たくさんの場所で、たくさんの方に聴いていただくことが、

真の意味の広がり、それが私の夢でもあります。」

これは、心弦二胡教室の方たちはもちろんですが、全国にいらっしゃる二胡愛好家の方たちに向けての言葉だと思います。

以前にもここに書いたことがありますが、WeiWeiさんが二胡を教えるとき、いつも言う言葉があります。

「ただ『音を出す』だけでは音楽になりません。逆に、『たった一音』でも、気持ちを込めて弾けば音楽になります」

私は、二胡セミナーに立ち会ったり、何度か教室でのレッスンに立ち会って、その教え方の巧さと同時に、必ず「気持ち」を大切に教えていることに、毎回感心しています。

WeiWeiさんのレッスンでは心弦二胡教室だけではなく、セミナー等で古典曲と同時に「WeiWei Wuuスタイル」の曲を多く練習しています。

スタンディング奏法を考案し、古典だけではなく、二胡の未来を切り開くべく、ジャズやポップスやクラシックやロックに至るまでの多くのジャンルの曲を演奏するWeiWeiさんならではのレッスン。

しかも、音楽の世界共通言語の「五線譜」を使ったレッスンもしています。

(二胡の伝統的な楽譜は「数字譜」です)

それは、何度も言いますが、「二胡の将来」を見据えているからだと思います。

これからの将来、心弦二胡教室の方たちはもちろん、WeiWeiさんのセミナーに参加された方たち、さらにそれだけではなく、二胡を演奏されるプロの方、アマチュアの方、とにかく二胡を愛している多くの方たちすべての方が、いろんな場所で、いろんなジャンルの曲を演奏し、ギターやピアノやヴァイオリンと同じように、二胡が世界に広まっていったら本当に嬉しく思います。

 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

 

 

(2013.1.27)

« WeiWeiさん IN 「大雪」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「武蔵小山」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「大雪」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「武蔵小山」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31