« WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート〜ツアー・ファイナル」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ツアー・ファイナル・レポート2」 »

2012年11月18日 (日)

WeiWeiさん IN 「ツアー・ファイナル・レポート」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第109回 WeiWeiさん IN 「ツアー・ファイナル・レポート」
 
 
「デビュー10周年記念ベストアルバム『華胡蝶〜THE BEST OF WeiWei Wuu』リリース記念コンサート・ツアー「WeiWei Wuuが来た!〜二胡新伝説〜ツアー・ファイナル IN 東京」
 
コンサートの最初のTALKで、「タイトルが長い!」と、文句を言いながらも、なんとか言い切ったWeiWeiさん(笑)。
 
コンサートは無事に終了しました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
 
本当に、「デビュー10周年」に相応しい、これまで発表されてきた数々の曲を、時間軸を追って、当時の事を思い返しながら、今と未来に向かって演奏した、素晴らしいコンサートになりました。
 
残念ながらご来場いただけなかった方々の為に、今回はコンサートを、Set Listをご紹介しつつレポートします。
 
ーーー
 
第1部
 
SE「メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー」
会場が暗くなり、ステージも暗い中メンバー登場。
すると、デビュー・アルバムのタイトル・チューン「メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー」のイントロ。
 
相変わらず暗いままのステージにWeiWeiさん登場して、ステージ上手(かみて:客席から見て、ステージ右手)に置いてあった椅子に座ったところで、SEがフェードアウト。
 
M1「二泉映月」
二胡の名曲中の名曲、二胡愛好家にとって、「二胡といえばこの曲」と言われている「二泉映月」をWeiWeiさんが、伴奏なしのア・カペラで演奏しました。
しかも、いつもの「スタンディング」ではなく、座っての演奏。
二胡も、いつも愛用している二胡ではなく、「二泉映月」用の、少し調弦を変えて、低い音程の二胡での演奏でした。
 
なんと、WeiWeiさんがこの曲をコンサートで演奏したのは、初めて!
ご来場いただいた二胡愛好家の方々も、とても驚いたようでした。
 
M2「Spain」(メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー)
続いて演奏したのが、デビューアルバム『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー』に収録されている「Spain」。
「二泉映月」を弾き終えて、羽織っていた黒を基調のチャイナ風の上着を脱ぐと、明るいピンクの衣装に。
ストリングスの音にのせて、いつもの二胡に持ち替えて「Spain」が始まりました。
 
この曲は、WeiWeiさんがこれまで、多分一番多く演奏してきた曲。
一緒に演奏してくれたメンバー全員のソロもあり、静かに始まったコンサートが一気に「いつものWeiWeiスタイル」に変化しました。
 
TALK
「Spain」が終わって、最初のTALK。
「みなさん、こんばんは〜〜!」と明るく言い放ってから、冒頭に書きました、長ったらしいコンサート・タイトルを、ちょっとだけ途切れながらもきちんと言い終えたWeiWeiさん。
「タイトル長い!」と、文句も言いつつ、一気に会場が和みました(笑)。
 
「二泉映月」は二胡の伝統。
「この「Spain」で、二胡の新しい可能性を感じることができて、そして本当にいろんなミュージシャンの方たちと知り合うことが出来ました。
このコンサートを企画して、すぐに最初に演奏する曲は、この2曲って、決めました。
この2曲を演奏することで、私は「中国の伝統楽器の二胡」から「世界的へ羽ばたく二胡」ということを表現したつもりですけれど、伝わりましたか?」と、話してから、今回のメンバーを紹介しました。
 
いつもの、ギター越田太郎丸さん、ピアノ森丘ヒロキさん、ベース佐藤慎一さん、ドラム河崎真澄さん、そして今回初めて一緒に演奏したアコーディオン佐藤芳明さんを紹介しました。
 
M3「上海セレナーデ」(上海Red)
東洋と西洋の混じった、上海ならではの、そして上海バンスキング時代を思い起こさせるような、メロディ。
この曲の後のTALKでは、
「最初はベストアルバムに入る予定ではなかったけれど、インターネットの投票でこの曲が1位になったので、急遽ベストアルバムに入れました」と紹介しました。
 
M4「バビロンの妖精」(上海Red)
唯一の歌でした。
まるで、本当にフランス語で歌っているような、とても幻想的な雰囲気でした。
最近、どのコンサートでも、歌の評判の高いWeiWeiさん。
今回は、歌はこの曲だけだったので、本当はもっと歌いたかったのかもしれません(笑)。
 
M5「衡山ネオン」(上海Red)
続いて、TALK無しで、いきなりドラムのリズムが「ガツン!」と入って、びっくりしました。
この曲は、アコーディンのcobaさんがアレンジした曲で、CDでも演奏してくれています。
今回は、アコーディオン佐藤芳明さんが素晴らしい演奏をしてくれました。
アコーディオンと二胡の掛け合い。
いつも以上に迫力のある、素晴らしい1曲になりました。
 
TALK
ここで、「上海Red」をリリースした2003年の頃の思い出話。
女子十二楽坊が大ヒットして、その年の紅白歌合戦にはWeiWeiさんも出演して、「胡弓」と呼ばれていた「二胡」がずいぶん有名になったというお話。
「立って弾くスタイルは私のほうが先ですけれどね(笑)。」と、少し「負けず嫌い」な一面も見せました(笑)。
 
M6.「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」(プレイズ・バカラック)
有名な、ご存じ「バート・バカラック」さんの名曲です。
バカラックさんの作品は、本当に今もとても多くの人に愛されていて、私も長く愛される曲を書いて行きたいな〜って思っています、と話していました。
 
M7「スカボロー・フェア」(Nomad)
「私の夢の一つは、この二胡を持って世界中を回るということです」と話して、「54分で世界を回るということをコンセプトに作った」という「Nomad」。
 
「スカボロ・フェア、from England」そして「チャルダッシュ、from Hungary」と言ってから、越田さんのいつものギターにクラビオラで佐藤芳明さんが加わり、素晴らしい演奏でした。
私も大好きな曲なので、個人的に大満足でした。
 
M8「チャルダッシュ」(Nomad)
1部最後の曲は、この曲!
やはり、大満足です。
 
ヴァイオリンの名曲を二胡で、しかもそのテンポの速さは半端ありません。
よく、2本の弦であそこまで速く弾けるものです。
そして、もちろん定番の最後の「お遊び」(本人は「いたずら」と言っています)コーナー。
 
ギター越田さん、ピアノ森丘さん、アコーディオン佐藤芳明さん、ドラム河崎真澄さんと、それぞれソロのコーナーがあったのですが、なぜか、ベースの佐藤慎一さんだけが、ソロ無し。
「あれ?!」という感じですが、そうです。これまでWeiWeiさんのチャルダッシュをライブで聞いたことがある人はご存じだと思いますが、「お遊びコーナー」。
「遊ばれる相手」(笑)が、ベースの佐藤慎一さんでした。
 
久しぶりの佐藤慎一さんとの「お遊び」は、とても楽しい時間でした。
会場も大受け。大きな拍手と笑い声が会場を満たしました。
演奏終了後、大喝采の中第1部が終了しました。
 
ーーー
 
第2部は次回ご報告します。
乞うご期待。
 
 
 
<続く>
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

(2012.11.18)

 

« WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート〜ツアー・ファイナル」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ツアー・ファイナル・レポート2」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート〜ツアー・ファイナル」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「ツアー・ファイナル・レポート2」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31