« 第105回 WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート・コメント」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「早すぎる今年の総括?!」 »

2012年10月28日 (日)

WeiWeiさん IN 「オリジナル・ブレンド・ティー」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第106回 WeiWeiさん IN 「オリジナル・ブレンド・ティー」
 
紅茶にも、日本茶にも、世の中に一体どれくらいの種類の「お茶」があるのかは知りませんが、中国茶ほど種類が多いのは他にないのではないでしょうか。
定かではありませんが、一説によると、英語の「Tea」は「茶(CHA)」から来ていると言われています。
 
いきなり変な書き出しですいません。
 
なぜこんな書き出しをしたかというと、ついに、WeiWei Wuuオリジナル・ブレンド・ティーが発売されるかもしれないからです。
 
以前、ここでもご紹介したことがありますが、WeiWeiさんの淹れるオリジナルのブレンド・ティーは本当に美味しいです。
私は、どちらかと言うと「コーヒー」派なので、普段あまりお茶は飲みません。
正直言って、もちろん嫌いではありませんが、これまであまりお茶を「美味しい」と感じることは少なかったのですが、WeiWeiさんに淹れてもらったお茶を飲んだ時は、びっくりしました。
 
香りが素晴らしく、苦味と甘みが微妙に入り交じっていて、なんとも言えない味わいです。
 
ここで、特別にそのブレンドの割合をご紹介しましょう。
 
◎凍頂烏龍茶 
◎桂花茶
◎苦丁茶 
 
を、5:4:1の割合でブレンドするのだそうです。
 
香りは桂花茶、甘みが凍頂烏龍茶、苦味が苦丁茶。
 
それを、上記の割合でブレンドすると、WeiWei Wuuオリジナル・ブレンドの出来上がりです。
 
興味のある方はぜひトライしてみて下さい。
 
WeiWeiさんは、上海に帰るとその都度お茶を買って帰ってきて、そのブレンドに配合して、もちろん自分でも飲むし、機会のあるごとに以前買ってきた「お茶セット」で淹れてくれます。
 
やはり、中国の人にとって、日本人が日本茶を愛しているように、中国茶を味わうのは自然のことなのでしょうね。
 
ある日、インターネット音楽総合サイトのBARKSの方とそんな中国茶の話になり、「ぜひBARKSの読者の方にプレゼントする企画をお願いしたい」ということになりました。
 
そこで、横浜にある、ある中国茶の専門店の方にご相談したところ、こころよく「ぜひ、WeiWeiさんブランドのオリジナル・ティーを作って、販売しましょう」ということになったのです。
 
上記のブレンドも含めて、現在更に新しい「ブレンド」の相談をしています。
これは、楽しみだと思いませんか?!
 
どこに行けば買えるのか、発売はいつ頃からか、現在相談中です。
 
みなさん、ぜひご期待ください!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪♪♪♪♪
 

 

(2012.10.28)

 

 

« 第105回 WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート・コメント」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「早すぎる今年の総括?!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第105回 WeiWeiさん IN 「10周年記念コンサート・コメント」 | トップページ | WeiWeiさん IN 「早すぎる今年の総括?!」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30