« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

第97回 WeiWeiさん IN 「運転免許」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第97回 WeiWeiさん IN 「運転免許」

少々夏バテ気味のマネージャーですが、皆さんはお元気ですか?
昨日も高崎でのライブでした。
東京からの移動は、ギターの越田さんと3人で、車移動。
いつもの、和気あいあいとした会話が弾み、少々渋滞していたのですが、楽しい時間が過ぎました。

さて、今回のテーマは「運転免許」です。

皆さんは、WeiWeiさんが、運転免許(もちろん、日本の運転免許です)を持っているのをご存知でしたか?

来日してすでに21年。
来日5年目くらいに取得したらしいです。

そして、現在はレッキとした「ペーパードライバー」です(笑)。

なにしろ、免許を取得して暫くの間は運転もしていたようですが、それも数えられる程度。
その後、10年以上はハンドルを握っていないらしいので、もちろん、違反もない、「筋金入り」のゴールド免許のペーパードライバーです。
「身分証明」の役目が主な役割の「運転免許証」です(笑)。

ーーー

今年デビュー10周年を迎え、日本全国精力的にライブで回っていますが、そのほとんどが「車移動」です。
関東はもちろん、東北も北陸も中部も当社の「社有車」で移動しました。
北海道や九州では、東京から現地までは飛行機ですが、最初の場所で「レンタカー」を借りて、北海道内、九州全県を回りました。

機材やCDなどの運搬もあり、車移動のほうが楽だったのが最大の理由ですが、車での移動の方が、電車より多少時間はかかることが多いですが、「自由」だし、何よりメンバーとのいろんな会話ができて、本当に楽しい時間になっています。

そんな「楽しい時間」を多く経験して、WeiWeiさんも、いよいよ「ペーパー・ドライバー」を卒業したいという気持ちになったようです。
さらに、ご両親が日本に滞在している時間も多く、近所や病院などに行くときのために運転ができる方が良い、ということももう一つの大きな理由のようです。

その「運転したい」という「理由」は、とても良く理解できますし、「純粋」な動機だと思うので、私も反対するものではありません。

ただ・・・・

すこぶる心配です・・・。

ーーー

先週も書きましたが、WeiWeiさんはとても「おおらか」な性格です。

「おおらか」を言い換えると、「細かい事を気にしない」という事です。

また、WeiWeiさんは、そんな「おおらか」な性格に加えて、「こだわる所は決して自分の考えを曲げない」という側面も持っています。

「おおらか」も「考えを曲げない」という事も、「主語」が「音楽」の場合は悪いことではありません。
むしろ、とても良い事だと思います。

ただ、「主語」が「運転」になった場合は、必ずしも「良い事」ではありません。

ーーー

昨日の、高崎への移動の時に、WeiWeiさんが言いました。
「タロマさん、私が運転するとしたら、どんな車が良いと思いますか?!」

それを聞いたギターの越田さん、とても良い人なので、私のように「運転するつもりですか?!」などという質問(詰問?!・笑)はしません。

「これはどうですか? これも良いと思いますよ!」と、お得意の「iPhone」で、幾つかの車種を探して、見せていました。
それを見て、WeiWeiさんは、「あ、これ可愛いですね。これ良いですね!」ととても楽しそうに盛り上がっていました。

今にも、「すぐに買いに行きましょう!」というような盛り上がり方。
その会話を聞いていた私としては、正直、「どうしよう・・・」と、「今後の対策」を一生懸命考えていました(苦笑)。


でも、高速道路を降りてすぐにあった「中古車センター」の前で信号待ちの際、そこにあった、まあ正直言って国産車の古臭くて安い小型車を見てWeiWeiさんが言いました。

「でも、最初は小さくて、運転しやすくて、ぶつけても良いような車が良いかもしれませんね〜〜!」

ーーー

さてさて、「ぶつけても良いような車」を買おうとしているWeiWeiさんに今後どう対応したものか、夏バテ気味の脳細胞をフル回転させている私です。


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.8.26)

2012年8月19日 (日)

第96回 WeiWeiさん IN 「プリプロ」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第96回 WeiWeiさん IN 「プリプロ」

ロンドン・オリンピック、終わっちゃいましたね。
史上最高のメダル獲得は素晴らしいことですが、それより懸命に頑張っている選手の姿に感動を覚えました。
やっぱり、スポーツは素晴らしいですね。

もちろん、スポーツに負けないほど音楽も素晴らしいですよね。
音楽に「勝ちや負け」はありません。
自分の好きな音楽を好きなだけ聞いて、それが心のスパイスになります。

まだまだ暑い日々ですが、芸術の秋に向かって、日々準備中です。

ーーー

その準備の一つとして、WeiWeiさんは今新曲を作っています。
まだ発表できないのですが、その新曲をみなさんにお届けできる日もそう遠くありません。
ぜひご期待ください。

今回は、新曲を作る時に必要な「プリプロ」のレポートです。

ーーー

「プリプロ」というのは「プリプロダクション」の略で、ウィキペディアでは、こう説明されています。
→音楽制作においては、本番のレコーディング前に、曲構成やアレンジ、keyなどの確認をするための「簡易的なレコーディング」を行うことを意味する。

今回は、ギターの越田さんとピアノの森丘さんと3人でプリプロを行いました。

ーーー

閑話休題に近いのですが、WeiWeiさんのtwitterやFaceBookをご覧の方は知ってると思いますが、そのプリプロについて、WeiWeiさんが呟きました。
8月14日に書かれた、原文をそのまま掲載しますね(笑)。

『おはようございます♪ 昨日のニューアルバムのポリポロ、すごく良かったo(^▽^)o新曲たちの姿が徐々に見えてくる過程、やはり興奮しますね♪メンバーに感謝ですね♡ さて、今日はまず譜面作りから頑張ります!』

『ポリポロ』って、何でしょうね?!(笑)

その日もプリプロだったので、WeiWeiさんに会った瞬間に突っ込みました。
「WeiWeiさん、『ポリポロ』って何ですか?!(笑)」
と言ったら、WeiWeiさんは、
「あれ?! 違ってました?! 何でしたっけ?!」
「プリプロですよ!」
例によって「あはっははっははは〜!」と、豪快に笑ってWeiWeiさんはこう言いました。
「私は、その辺がアバウトなんですよね〜!」

アバウトという問題でしょうか?!

さらに驚いたことに、その後、こう言ったのです!

「私は本当に『おこっちょこい』ですよね!」

一瞬何を言っているのかわかりませんでしたが、
「それって、『おっちょこちょい』じゃないですか?!」
というと、またもや豪快に「あははははあははっははは〜〜!」と笑って、
「私は外タレなんで!」
と、言われてしまいました。

最近のWeiWeiさんは、日本語を間違えると必ず「私は外タレなんで!」といってごまかす傾向があります(笑)。

それにしても、WeiWeiさんのファンのかたは皆さん優しいですね。
twitterでもFaceBookでも、誰も「ポリポロ」について突っ込みませんでした(笑)。

これからも、私が責任を持って、みなさんの代わりに突っ込んでいこうと思います(笑)。

ーーー

さて、「閑話休題」が長くなってしまいました。
「プリプロ」のレポートでしたよね。

実は、今ある企画が進んでいて、そのためのプリプロをやっています。
その「企画」の詳細は、近々発表しますので、もうしばらくお待ち下さい。

いろんな曲にトライしているのですが、その中でも『セピア色の2022』というオリジナル曲がほぼ出来上がりました。

素晴らしい曲です。

どう説明していいのか、難しいのですが、とても哀愁があって、その中に希望を感じる曲です。
いつも感心することですが、相変わらず「タイトル」の決め方が素晴らしいです。

『セピア色の2022』

詳しい説明は敢えてしません。
みなさんが自由に想像して下さい。
いろんな想像をして、初めて曲を聞いた時に、ご自分の想像が正しかったかどうかを、ご自分で判断して下さい。

ーーー

今回のプリプロでは、越田さんと森丘さんに協力してもらっています。
と言うより、一緒に「創りあげている」感じで進めています。

WeiWeiさんの織り成したメロディ、そして、そこに二胡とギターとピアノが色を付けていくのです。

以前にも書きましたが、音楽業界に従事している私にとって、最高に贅沢で楽しい時間です。

曲の構成、コード、二胡・ギター・ピアノのアプローチ・・・。
演奏するたびに曲の表情が変わり、どんな表情がその曲を一番素晴らしく表現しているのか、言葉で、音で、演奏中の顔の表情でメンバーが「相談」しながらプリプロは進んでいきます。

一日も早く皆さんにお届けしたい気持ちでいっぱいなのですが、もうしばらくお待ちください。


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.8.19)

2012年8月12日 (日)

第95回 WeiWeiさん IN 「日中国交正常化40周年」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第95回 WeiWeiさん IN 「日中国交正常化40周年」

ロンドン・オリンピックの熱戦、さらに全米プロゴルフ選手権の石川選手、さらに高校野球!
24時間、スポーツ観戦という感じですね(笑)。

電車に乗ると、爆睡している人が多いように感じます(笑)。
爆睡している人を見ると、「あの人も朝までオリンピックを見てたんだな〜」なんて、思ったりしています。
かく言う私も、座るとすぐに寝てしまいます(笑)。

ーーー

スポーツは良いですね!
決められたルールの中で、熱戦を繰り広げて、戦いを終えてお互いに讃え合う姿はとても美しいと思います。

ーーー

さて、今年は日中国交正常化40周年。
両国で、いろいろなイベントが開催されていて、そのイベントのどれもがお互いの国との友好を願っています。

歴史上では、いろいろと不幸なこともあった日本と中国。
でも、同じアジアにあって、「近くて遠い国」ではなく、お互いに手を取り合って協力しあえる関係を続けられれば、とても素晴らしいことだと思います。

ーーー

少し前のことですが、WeiWeiさんがある媒体の方から、言われました。

「あるアンケートでは、日本人の7割以上が中国を嫌いだと言っていますが、この結果についてどう思いますか?」

こんな質問をすること自体が、とても悲しいことだし、無意味なことだと思います。その時WeiWeiさんはこう答えました。

「幸いなことに、私のまわりの日本人は残りの3割の人がほとんどです」

ーーー

WeiWeiさんが言っていた言葉をいろいろ思い出します。

「上海で生まれて、東京に長く住んでいる私だからこそ、私にしかできないことがあると思います。」
「私にとって、『故郷』がどこなのかということは、もう考えないようにしました。
大切なことは、その土地の人を愛することができるのか、そして愛されているのか、ということだと思います」
「私は、生まれ変わるとしたら、中国人? 日本人? フランス人?
いいえ、私は、生まれ変わるとしたら『宇宙人』に生まれ変わりたいです」

ーーー

このブログをお読みの方は、中国に行ったことのある方も多いと思います。
私も、WeiWeiさんのマネージャーになって、何度か中国を訪れました。

その時に思ったことがあります。

中国の方は、とてもフレンドリーで、気さくだということです。

「お国柄」が違うので、「日本人」としての常識が通用しないことも多く、驚いたり、苛ついたりすることも確かにあります(笑)。
でも、国が違えば、言葉も違うし、生活習慣も、考え方も全部違って当たり前ですよね。
疲れていると、そんな「当たり前」のことを忘れてしまうこともありますが、基本的に同じ「地球人」です。

アルバム『Back to the・・・』のジャケット撮影で上海に行った時、「共同住宅」で、外で料理をしている主婦の方が、「食べてみる?!」と気さくに言っていた(もちろん、私は中国語が分からないので、WeiWeiさんに通訳してもらったのですが・苦笑)のが、強く印象に残っています。

まるで、私の子供の頃に、近所のおばさんから言われたことと一緒でした(笑)。

ーーー

10月上旬に東京で、そして、11/3には上海で「日中国交正常化40周年」の記念イベントに参加します。

「国交正常化」ではなく、「日中友好」、もっと大げさに言ってしまえば「国際平和」に少しでも貢献できれば、嬉しく思います。

今週、15日は「終戦記念日」です。

「国と国」ではなく、「人と人」という単位で、世界中の人が会話できると良いですね。


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.8.12)

2012年8月 5日 (日)

第94回 WeiWeiさん IN 「奈良」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第94回 WeiWeiさん IN 「奈良」

ロンドン・オリンピックの熱戦が続いています。
みなさん、寝不足になっていませんか?!
私は寝不足です(苦笑)。
しかも、軽い夏風邪をひいてしまいました。
クーラーをつけたまま眠ってしまい、朝起きたら咳と微熱。
「あ〜風邪気味だ!」と思い、翌日はクーラーをつけずに眠ったら翌朝は軽い熱中症になってしまいました。
両方共軽い感じだったのですが、一応病院に行ったところ、結構私と同じ症状の方が多いようです。
みなさんも、くれぐれもご自愛下さい。

ーーー

さて、今回の「マネージャーは見た!」は、昨日の奈良でのコンサートのレポートです。

奈良でのコンサート、WeiWeiさんの記憶では「初めて!」との事でした。
ただ、WeiWeiさんの場合、都道府県をあまり意識していないので、本当に初めてかどうかは微妙です(笑)。
これまでも「初めてです!」と言うと、ファンの方から「◯年前に来てますよ!」と指摘されることも多いです。
まあ、その辺は「大陸的」な人なので、あまり厳密に指摘しないで、優しく教えて下さい(笑)。

ーーー

昨日の会場は、奈良県明日香村「万葉文化館 石のステージ」でのライブでした。
旧暦の七夕のお祭りです。

京都で新幹線を降りて、近鉄特急で奈良に向かいました。
途中、「大和○○」という地名や駅名が多く、WeiWeiさんが言いました。
「なぜダイワと書いて、ヤマトなんですか?!」
私も、一緒に居たギターの越田さんもその質問には答えられませんでした。
考えてみれば、なぜ「大和」と書いて「ヤマト」と読むのかは不思議ですね。

私も奈良は本当に久しぶりに行ったのですが、確かに「日本人でも読めない」という地名が多い気がします。
越田さんと、「あれ読めますか?!」「読めないですね!」という会話をしていました。

ーーー

橿原神宮前に降りて、タクシーで会場に向かいました。
会場は、自然に囲まれて、とても素晴らしい会場でした。

着いてすぐにリハーサルだったのですが、ステージは「石舞台」。
リハーサルの開始時間は夕方の5時。
太陽はだいぶ傾いていましたが、まだまだ暑さが残っている時間帯です。
しかも、「石舞台」。
昼間の、強力な太陽のエネルギーをしっかり溜め込んでいました(笑)。

上からは相変わらずの太陽光線、下からは溜め込まれた太陽エネルギー。
まるで「トースター」です。
二胡もギターも熱さに強い楽器ではないので、リハーサル中、すぐにチューニングが狂うし、楽器だけではなく、演奏しているWeiWeiさんも越田さんも汗だくです。

それでも、モニターをチェックして、外の音をチェックして、本番に備えました。


本番の開始時間は午後7時。
リハーサル時間に比べればずいぶんと楽になりました。
微風が心地よく、しかも、とても多くのお客様が来場していて、1曲目の「新天地」から、テンション上がりまくりの、盛り上がったライブになりました。

「新天地」が終わって、司会の方が登場。
WeiWeiさんにインタビューしました。

司会の方が「WeiWeiさんは『万葉集』はご存知でしたか?」
と聞くと、
「日本に来たばかりの時に知り合いから『万葉集』と言われて、分かりませんでした。
初めて聞いた時は『紹興酒』をイメージしてしまって、『お酒』だと思いました」
と答えて、会場全体が爆笑。

まあ、確かに、中国から日本に来たばかりで、今のように日本語を話せなかった頃だったら仕方ないですよね?!(笑)

ーーー

いつもの「JIN」や「ダーウィン」、そして、「荒城の月」や「たなばたさま」などの曲を演奏し、野外ならではの「風」「蝉の声」「星空」「月」等の雰囲気の中、デビュー10周年の夏にふさわしいライブになりました。

もちろんオリジナルの「空〜Kuu」や「Back to the…」も演奏しました。

終演後のCD即売サイン会では、多くの方が「最後の曲が入っているCDはどれですか?!」と聞かれました。

とても嬉しい瞬間です。

「JIN」や「ダーウィン」の「Voyagers」を好きになってくれる、また「チャルダッシュ」や「賽馬」、さらに「荒城の月」や「たなばたさま」を聞いて感動してもらうのはとても嬉しいことです。
でも、「オリジナル曲」の「空〜Kuu」や「Back to the…」が一番印象に残って、その曲をもう一度聞きたくてCDを買って貰えるのは、本当に一番嬉しく思います。

ーーー

終演後、京都まで戻って宿泊。
打ち上げで、ギターの越田さんと次の企画を真剣に話し、とても有意義な一日になりました。

さて、今日は「心弦二胡教室」の演奏会のためのリハーサルです。
越田さんも参加です。

今日も長い一日になりますが、とても充実しているデビュー10周年夏です。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.8.5)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30