« 第92回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第94回 WeiWeiさん IN 「奈良」 »

2012年7月29日 (日)

第93回 WeiWeiさん IN 「Spain」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第93回 WeiWeiさん IN 「Spain」

ロンドン・オリンピックが始まりました。
開会式はご覧になりましたか?
個人的には、ポール・マッカートニーの健在ぶりを見て、思わず感動の涙を流してしまいました。

そういえば、ここ最近のライブでは、ピアノの森丘さんがいつもしている眼鏡を外して演奏していて、もっぱら「水泳の北島康介」さんに似ていると、言われ、本人もまんざらでは無いようで、
WeiWeiさんから、「何か一言どうぞ!」と言われ
「何も言えね〜」と答えていました(笑)。

ぜひ、本物の北島さんに頑張ってもらって、3連覇を達成してほしいものです。

ーーー

さて、今回の「マネージャーは見た!」は、「WeiWeiさん IN Spain」。
WeiWeiさんは、実は、この夏休みを利用して、スペインに旅行に行っている、、、
ということではありません(笑)。

ジャズの名曲「Spain」のことです。

最近、11/17に予定されている「WeiWei Wuuが来た!〜二胡新伝説」の「ツアー・ファイナル IN 東京」の曲目や構成、アレンジ等の打合せをしています。

そんな中で、「Spain」は、WeiWeiさんの「二胡プレイヤー」としての歴史、特にデビューしてからのこの10年の中でも特別な1曲です。

ベストアルバムの「華胡蝶」には収録されていませんが、デビュー・アルバムの「メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー」に収録されていて、この10年間で、おそらく最も多くライブで演奏した曲の一つです。
もしかしたら、オリジナル曲以外では一番多く演奏してきた曲かもしれません。

ネタバレになってしまいますが、ツアー・ファイナルのステージでも演奏すると思います。

ーーー

二胡という楽器の持っている、音色、音域、構造、歴史、その他にもいろいろな条件の中で、WeiWeiさんの演奏はとても革新的です。

その二胡でいろんなジャンルの曲を演奏するのは、大変な苦労だと思います。
でも、だからこそ、二胡の未来を感じさせてくれることができます。

それを、WeiWeiさんが強く感じることが出来たのが「Spain」です。
この「Spain」を、いろんなミュージシャンとコラボしてきました。

最近のライブでは、この「Spain」の事を「二胡の未来、可能性を感じさせてくれた曲です」と、言っています。

ジャズの曲で、「ソロ回し」「アドリブ」等、もちろん、五線譜やコード進行等、さらに、立って演奏する。
伝統的な二胡とはかけ離れた世界です。

ーーー

「伝統と革新」
音楽だけの話しではないと思いますが、両方共とても大切なことだと思います。

「WeiWei Wuuが来た!〜二胡新伝説〜ツアー・ファイナル IN 東京」では、その両方をお楽しみいただけると思います。

ご来場をお待ちしております。


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.7.29)

« 第92回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第94回 WeiWeiさん IN 「奈良」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第92回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第94回 WeiWeiさん IN 「奈良」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31