« 第87回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第89回 WeiWeiさん IN 「九州」 »

2012年6月24日 (日)

第88回 WeiWeiさん IN 「宮崎」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第88回 WeiWeiさん IN 「宮崎」

10泊11日の九州ツアー、いよいよスタートしました!
一昨日が宮崎アイザック・スターン・ホールでのコンサート、そして昨日は二胡セミナーでした。
多くの方から「二胡の音を、初めて生で聞きました」「WeiWei Wuuさんの二胡の音を聞いて涙が出ました」「二胡を習いたくなりました!」との声を聞き、ほんとうに嬉しく思っています。

全国各地を回っていて、終演後に聞く言葉は、やはり「二胡に対するイメージが変わりました」という声がとても多いです。
中国の伝統の素晴らしさと、新しい二胡の世界。
まさしく「伝統と革新」。
二胡の将来がとても明るいことを実感しています。

ーーー

アイザック・スターン・ホールでは、ヴァイオリンの演奏もしました。
ご存知の方も多いと思いますが、WeiWeiさんが幼少の頃から親しんできたヴァイオリン。
文化大革命が終わって最初の、上海音楽学院(上海に於ける東京藝術大学のような存在)附属小学校に入学し、「徹底的な英才教育」を受けていたWeiWeiさん。
その上海音楽学院に初めて訪れた世界的なヴァイオリニストのアイザック・スターンさん。
実際にヴァイオリンの練習をしているWeiWeiさんをアイザック・スターンさんが見ているのです。
その名前の付いているホールで、WeiWeiさんは、「絶対にヴァイオリンを弾きたい!」と言い出して、実現しました。

演奏した曲は「From Beethoven to Mao」。
とても壮大な曲です。
アイザック・スターンさんがWeiWeiさんを見た時に練習していた曲がまさしく「Beethoven」の曲だったのです。
「ベートーヴェンから毛沢東へ」。

すごいタイトルですよね?!

WeiWeiさんならでは、WeiWei Wuuのみが付けられるタイトルだと思います。

演奏を終えたWeiWeiさんは、感無量。
今にも泣き出しそうでした。
ホールの素晴らしい響きの中で、ベートーヴェンのメロディをモチーフにし、1曲の中でヴァイオリンを演奏し、続けて二胡を演奏する。
まさしく「From Beethoven to Mao」。
皆さんに書いていただいたアンケートでも、多くの方がこの曲を「とても感動しました」と記入されていました。

さらに、アンコールではゲスト・プレイヤーのSax奏者と二胡の名曲「賽馬」を演奏したのですが、なんとヴァイオリンで演奏しました。
もちろん、途中で二胡に持ち替えたのですが、同じルーツを持つ「ヴァイオリンと二胡」の「共演」となりました。
しかも、Saxとの共演。

伝統楽器である「二胡」ですが、西洋楽器とのコラボは新しい二胡の世界を感じさせてくれました。

ーーー

宮崎でのコンサートを終えて、WeiWeiさんの一言。

「せっかくヴァイオリンを持ってきているので、今日だけではなく、この後も弾きたいな!」

さてさて、鹿児島〜熊本〜長崎〜佐賀〜福岡〜大分でのライブで、ヴァイオリンの演奏はあるのでしょうか?!

ご期待ください!!

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.6.24)

« 第87回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第89回 WeiWeiさん IN 「九州」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第87回 WeiWeiさん IN 「プラネタリウム」 | トップページ | 第89回 WeiWeiさん IN 「九州」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30