« 第81回 WeiWeiさん IN 「二胡新伝説」 | トップページ | 第83回 WeiWeiさん IN 「和歌山〜大阪〜広島〜松山ツアー」 »

2012年4月29日 (日)

第82回 WeiWeiさん IN 「媒体出演」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第82回 WeiWeiさん IN 「媒体出演」

ゴールデン・ウィークですね!
GWと言えば、5/3はWeiWeiさんの来日記念日です。
21年前の5/3、WeiWeiさんは上海から東京へ来ました。
東長崎の駅前の電話ボックスで、涙をこらえながら上海のご両親に「無事に到着した」報告をしました。
その時には、こんなにも長い間日本にいるとは思ってもいなかったことでしょう。
同時に、まさか自分が「二胡奏者」としてデビューし、10周年記念に日本全国を巡っているなんて、想像できなかったと思います。

今年の5/3は和歌山でのライブです。
21歳の記念日に、どんなライブになるのか、とても楽しみです!

ーーー

WeiWei Wuuデビュー10周年記念ライブツアー「WeiWei Wuuが来た!~二胡新伝説~」真っ最中!
そのツアーに伴って、多くの媒体に出演しています。
今月は生放送・収録を含めて、テレビ7本、ラジオ15本、雑誌取材3誌、新聞取材3紙、ネット取材1本という状態でした。
地下鉄の車内吊りもあり、いろんな所で「WeiWeiさんを見たよ」と言われています(笑)。

ーーー

そんな「媒体出演」の際、ほとんど「最愛の二胡ちゃん」がWeiWeiさんのそばにいます。
今回の「華胡蝶」に収録された「JIN—仁—Main Title」のアレンジをしていただいた鳥山雄司さんが以前こう言っていました。
「テレビとかに出る時、ギターを持っていないと落ち着かない」
WeiWeiさんもまさしく同じで、二胡がそばに「居る」時とそうでない時とでは、ぜんぜん「雰囲気」が違います。
二胡を持たずにインタビューを受けたりすると、妙にそわそわした感じで、落ち着きがありません(笑)。

WeiWeiさんにとって、二胡はまさしく「分身」なんですね。
二胡がそばに「居ない」ということは、「自分の『一部』が欠けた状態」なのだと思います。

ーーー

「私にとって、『女性の声に最も近い』と言われるこの楽器は、私の分身だと思っています。
女性は、優しいだけではなく、時に怒ったり、時に笑ったり、時に攻撃的だったりもします(笑)。
私は、この『二胡』で、自分の気持ちを表現したいと思っています」

インタビューを受けると、WeiWeiさんは必ずそう言います。

確かに、WeiWeiさんの奏でる二胡の音は、「癒し」だけではありません。
悲しい時にWeiWeiさんの二胡の音色を聞くと、「癒し」と同時に更に悲しさが増すこともあります。
元気な時に聞くと、更に元気になると同時に、「まあまあ、そんなに張り切り過ぎないで・・・」と言われているような気がすることもあります(笑)。

ーーー

そういえば、先日の宮崎キャンペーンの時の「閑話休題」。

「わけもん」という番組の収録の時でした。
「わけもん」というのは「若い者」という意味のようですが、宮崎に来た著名人に「若い人に一言」というコーナーがあり、基本的に「吠えて下さい」と言われました(笑)。
要するに、若者に向かって「励まし」の一言をお願いします、ということなのですが、WeiWeiさんは、さすがに「吠える」ことは出来ませんでした(笑)。
まだOA前なので「ネタバレ」になってしまいますが、WeiWeiさんはカメラに向かって「日々感謝と、笑顔で!」という感じで話していました。
その時に、
「いつも笑顔で、ニコニコと!
(二胡を指さして)これも、ニコです!
二胡なのに一個です!」
と言ってしまいました(笑)。

もちろんNGです。

最終的に「一個だけれどニコです」と、いつものセリフでOKが出ました(笑)。

ーーー

話がとっちらかってすいません(笑)。

先週書きましたが、
「二胡という楽器の可能性は、まだまだこれからです。
今はまだ『二胡は中国の伝統楽器』と思われていますが、いつかは、ピアノやヴァイオリンやギターのように、『国籍』にとらわれない、いろんなジャンルの音楽を奏でられる楽器として、誰もが知っている楽器になれると思っています」
という言葉。

応援しくれるファンの皆さんや媒体の方々が確実に増えているのを実感しています。
各地でのライブ、そして、媒体出演することで、その言葉が現実になる日はそう遠くないという気がしています。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.4.29)

« 第81回 WeiWeiさん IN 「二胡新伝説」 | トップページ | 第83回 WeiWeiさん IN 「和歌山〜大阪〜広島〜松山ツアー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第81回 WeiWeiさん IN 「二胡新伝説」 | トップページ | 第83回 WeiWeiさん IN 「和歌山〜大阪〜広島〜松山ツアー」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31