« 第80回 WeiWeiさん IN 「ツアー、スタート!!」 | トップページ | 第82回 WeiWeiさん IN 「媒体出演」 »

2012年4月22日 (日)

第81回 WeiWeiさん IN 「二胡新伝説」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第81回 WeiWeiさん IN 「二胡新伝説」

いよいよスタートしたWeiWei Wuuデビュー10周年記念ライブツアー「WeiWei Wuuが来た!~二胡新伝説~」。
初日の東京ビルボード、さらに去年の震災以来念願だった東北でのツアーを終えて、昨日は上海にも通じる、異国情緒豊かな「横須賀」でのセミナー&ライブも無事終了しました。
今年いっぱいかけて、日本全県を巡ることを目標にしています。
まだまだ始まったばかりです。
お近くにお邪魔した際には、ぜひご来場下さい。
絶対に「見て損はない!」というより「見ないと損!」というライブの内容です。

ーーー

そのライブのたびにWeiWeiさんが言っている言葉があります。

「二胡という楽器の可能性は、まだまだこれからです。
今はまだ『二胡は中国の伝統楽器』と思われていますが、いつかは、ピアノやヴァイオリンやギターのように、『国籍』にとらわれない、いろんなジャンルの音楽を奏でられる楽器として、誰もが知っている楽器になれると思っています」

この言葉は、「伝統音楽」を否定しているのではなく、可能性を追求している言葉です。

例えば、ギター。
スペインの民族音楽や、クラシックの名曲を奏でてもそれは素晴らしい音楽です。
でも、今やギターはそれだけではないのは、誰もが認めるところです。
どんなジャンルの音楽にも、ピアノやヴァイオリン同様、ギターは欠かせない楽器です。

ーーー

以前、三味線の上妻宏光さんや、尺八の藤原道山さん、バンドネオンの小松亮太さんたちと共演した時、とても共感できる会話をしていました。

それぞれの楽器の持っている「特性」や「歴史」。
それは、とても大切だし、大事に守っていくことは必要なこと。
特に「伝統を守る」事は、とても「尊重」していくべき事だけれど、だからと言って「新しいことにチャレンジすること」を否定してはいけないと思う。
もちろん、同様に「伝統」を否定する必要もない。

ーーー

以前から、そして最近も、テレビやラジオに出演するたびに、「二胡の音色を聞かせて下さい」と言われます。
WeiWeiさんは、その都度、決して嫌がること無く、楽しんで演奏しています。
そして、その都度パーソナリティの方から賞賛されています。

それは決して悪いことだと思っていませんし、今まで以上にお伝えしたいと思っています。
ただ、それは、同時に「二胡は、一般的にまだまだ知られていない楽器」と思われている証拠だということを、いつも感じています。

ギターやヴァイオリンやピアノ奏者が「どんな音がするか聞かせて下さい」と、番組で言われることはありません。

ーーー

ご存じない方も多いかもしれませんが、伝統的な二胡の楽譜は、いわゆる「数字譜」です。
音楽の世界の「共通語」である「五線譜」を読めない二胡奏者の方が多くいます。
「読めない」ということが悪いという意味ではありません。
実際、「数字譜」は素晴らしい「表現方法」だと感心することも多くあります。

20周年記念DVDに収録されている「おまけ」をご覧頂いた方はご存知だと思いますが、「数字譜」と「五線譜」では、同じ曲を演奏しても表現が違っています。
「日本語」と「英語」が同じ意味の言葉でも「ニュアンス」が違うのと似ているかもしれません。

ーーー

WeiWeiさんが最近強く思っているのは、そういうことだと思います。
「日本語の持つ素晴らしさ」を否定しているわけではありません。
「日本語には日本語の持つ美しさ」があります。
でも、その「日本語」だけに捕らわれているのではなく、「日本語も話せるけれど英語も話せる」ようになったほうが、「世界が広がる」ということのような気がします。

ーーー

先日、ある番組に出演した後にこんな会話をしました。
「番組に出るたびに、二胡の説明や音色を聞かせる、というのは、まだまだ『二胡という楽器』の認知度が低いということですよね?!」
「そうです!
だからこそ、私たちが頑張って、新しい二胡の世界を作って行かなければいけないのです」

ーーー

「二胡新伝説」

6年間お世話になったNHKの「ダーウィンが来た!」のサブタイトルにあやかって付けた、今回のツアーのサブタイトルですが、まさしく、今のWeiWeiさんにとっての一つの目標となったようです。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.4.22)

« 第80回 WeiWeiさん IN 「ツアー、スタート!!」 | トップページ | 第82回 WeiWeiさん IN 「媒体出演」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第80回 WeiWeiさん IN 「ツアー、スタート!!」 | トップページ | 第82回 WeiWeiさん IN 「媒体出演」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30