« 第72回 WeiWeiさん IN 「SAKURA」 | トップページ | 第74回 WeiWeiさん IN 「もんじゃ」 »

2012年2月26日 (日)

第73回 WeiWeiさん IN 「論理と感性」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第73回 WeiWeiさん IN 「論理と感性」

変な言い方ですが、私は時々、WeiWeiさんの頭の中を覗いてみたくなります(笑)。
というのも、WeiWeiさんはとても勉強家で、ある意味で日本人よりもきちんとした日本語を喋ります。
実際、WeiWeiさんはほとんど「ら抜き言葉」は使いません。
きちんと勉強して、日本語をマスターしたんですよね。
でも、同時にものすごく「感性」の豊かな人なので、いろんな場面やシチュエーションを「映像」のように覚えています。
その二つを同時に持っているので、普段の会話の中で、WeiWeiさんの発言がそのどちらに属しているのかわからない時がよくあります。

このブログで紹介している「閑話休題」。
それもまさしくそんなWeiWeiさんならではの事だと思います。

そのいちばんいい例が、「大納言しるこ」だと思います(笑)。
(1/15のブログをご参照ください)

「大納言」を「だいのうげん」と読んだWeiWeiさん。
それに対して、私が、「だいなごん」と読むんですよ、と言うと

「なんで『な』なんですか?
『なっとう』の『のう』ですよね?!」
と言いました。

多分、「感性」として「納豆」は「なっとう」と読めるのですが、勉強したのは「納」は「のう」だったのでしょう。
だから、「なっとうののう」という、わけわからない発言になってしまうのです(笑)。

「感性」の事でいつも思わず笑ってしまうのですが、毎回銀座SWINGでのライブの時、車で日比谷の交差点を通ります。
その交差点を通る時、(さすがに最近は言わないようになりましたが)必ず、
「私がよく行く漢方のお医者さんがあそこにあります」
と聞かされました。

もちろん、初めての時は「へ〜、そうなんですか」と答えましたが、2度目の時は「そうですか・・・」、3度目の時は「・・・・」、さすがに4度目の時には「前に聞きましたよ」と、つい言ってしまいました(笑)。

さらに、5度目の時には「なんで、ここを通ると必ずそう言うんですか?!」と思わず聞き返してしまいました(笑)。

すると、WeiWeiさんは、
「なんででしょうね〜?!
でも、一つ言えることは、私は『シチュエーション』で覚えているので、その場所を通るとどうしてもその『シチュエーション』を思いだしてしまうんです」
と、私にとっては少々理解が難しい回答が返ってきたのでした。

後から考えたのですが、(もちろん、これは想像ですが)WeiWeiさんの頭の中は、「論理的な思考回路」と「感覚的な思考回路」が他の人よりも明確に別れて、常に同時に動いているような気がするのです。

誰もがそのような2つの思考回路を持っていると思いますが、普通はそのどちらかのほうが強いのだと思うのですが、WeiWeiさんの場合は、両方共が非常に強く混在しているような気がします。
そして、それを表現するときに、同時に発露するので、私のような凡人は時々面食らうのだと思います(笑)。

でも、そんなWeiWeiさんだからこそ、曲作りの時にそのメロディとタイトルがマッチして、素晴らしい作品が出来上がるような気もします。

まだどこにも発表していませんが、WeiWeiさんの新曲で
『気の強い天使とかわいい悪魔』
という作品があります。
まさしく、WeiWeiさんそのものだと思います(笑)。

感性と論理が同居して、ひとつの作品になっていくような気がするのです。

上手く説明できていませんね。
もっと、論理的に考えて、近い将来もう一度このテーマでトライしてみます(笑)。


 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.2.26)

« 第72回 WeiWeiさん IN 「SAKURA」 | トップページ | 第74回 WeiWeiさん IN 「もんじゃ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第72回 WeiWeiさん IN 「SAKURA」 | トップページ | 第74回 WeiWeiさん IN 「もんじゃ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30