« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

第69回 WeiWeiさん IN 「和を奏でる」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第69回 WeiWeiさん IN 「和を奏でる」

今回は、先日東京・新宿で実施された、「WeiWei Wuu『和』を奏でる」の模様のレポートです。

ご参加いただいた方、WeiWeiさんのブログを読んだ方、「きもの姿」のWeiWeiさんはどうでしたか?
私は、とても似合っていると思いました!

ライブに登場した瞬間、会場内から「可愛い〜〜〜〜!!」という声が沢山聞こえてきました。
お客さんから「成人式みたいですね!」と言われて、
「そうです〜! はたちになりました〜!」と、とても嬉しそう。
実は、私は楽屋でWeiWeiさんに「七五三みたいですね」と言って顰蹙を買っていたので、お客さんに救われました(笑)。

本人もとても気に入っていて、終わってすぐに「また着たい〜〜!!!」と言っていました。

ーーー
すごく「お淑やか(おしとやか)」な感じで、ステージに登場し、まず、「さくらさくら〜SAKURA/17」をメドレーで演奏しました。
きもの姿で弾く「さくらメドレー」は、とても似合っていました。
「着物」と「桜」。
まさしく『和』ですね。

それにしても、そのメドレー演奏後の最初のTALK!

「こんばんは、『MeiMei Muu』です!」

いつものWeiWeiさんとは違って(失礼・笑)、すごく丁寧で、お淑やかな感じで話し出しました。

この「マネージャーは見た!」を初期からお読みの方はご存知かもしれませんが、WeiWeiさんは、「変身」すると「MeiMei Muu」になるようです!(笑)

その、最初のTALK、正確には覚えていませんが、
「WeiWeiさんは、ちょっと用事があって、出かけているのでこの第1部は、WeiWeiさんの親戚の、わたくし・MeiMei Muuが代わりにおおくりします。
2部はWeiWeiさんが登場しますので、少しお待ちくださいね〜。
『和』を奏でるには、やっぱり着物ですよね。
そして、着物で登場したからには、この曲を聞いて下さい」
と、本人はあくまで「MeiMei Muu」さんになりきって、しゃべっていました(笑)。
そして、なんと、
『天城越え』を歌い始めたのでした!!

たっぷり、1コーラス半(いわゆるTVサイズ)で、歌いきった後、また喋りだしたのですが、さすがに「MeiMei Muu」で1部全部を通すのは無理だと分かったようで、ギターの越田さんに助けを求めるように
「タロマさん、もうWeiWeiに戻っていいですか?」
と言って、いつものWeiWeiさんに戻りました(笑)。

ひとしきり、「きもの」についての感想を話した後は、ちゃんと「二胡」の演奏に戻りました(笑)。

第1部の曲順です。
1.さくらさくら〜SAKURA/17
2.天城越え(歌)
3.神田川〜精霊流し〜いい日旅立ち<フォークソング>
4.崖の上のポニョ〜もののけ姫〜風の通り道<ジブリ>
5.童神〜涙そうそう〜島唄<沖縄>
6.悲しい酒〜また君に恋してる〜川の流れのように〜真っ赤な太陽<昭和歌謡>

曲目の後の<>内にあるように、WeiWeiさんにとっての「日本の名曲」の一部を、ジャンルごとにメドレーで演奏しました。

どの曲も皆さんが知っている曲で、それをあらためて「二胡」で弾くと、新しい趣があって、それぞれのジャンルに対するWeiWeiさんの「思い」をTALKし、とても楽しい時間が過ぎて行きました。

ーーー
第2部になって、衣装替え。
なんと、真っ赤な、ミニのチャイナ!

なんとも、すごいギャップです(笑)。


第2部の曲順です。
1.冬
(若林さん呼び込み)
2.宵待草(with若林さん)
3.若林さんのコーナー
4.若林さんのコーナー
5.荒城の月〜月の砂漠(with若林さん)
(若林さん送り出し)
6.Voyagers〜JIN
7.Back to the…


ついに、二胡と胡弓のコラボです。
「宵待草」「荒城の月」「月の砂漠」。
そして、アンコールでは「花」をコラボしました。

初めてコラボしたのですが、とてもマッチしていて、独特の雰囲気に酔いしれました。

私は「胡弓」の「現物」を初めて「生」で見たのですが、正直に言うと、
「なぜ、『二胡』が『胡弓』と呼ばれた(呼ばれている)のか不思議」
というのが個人的な感想でした。

確かに楽器を立てて、座って、弓で弾くという共通点はありますが、胡弓の形は三味線を小さくした感じ。
音色も、もちろんピアノやギターと比べたら二胡に似ていますが、実はかなり違います。

私見ですが、最初に「二胡」を「胡弓」と呼んだ人は、単純に「胡弓」という漢字と、読みの響きが「中国っぽい」気がしていたのではないでしょうか?!
「胡弓」という名前の「中華料理」のお店を何軒か見たことがあります(笑)。

もしかしたら、二胡の説明をする時に、「胡弓みたいに立てて弾く」という表現をしたのが最初かもしれませんね。

話が逸れてしまいました、すいません。


似て非なる「二胡」と「胡弓」。
でも、その二つの楽器が合わさると、日本でも中国でもない、でも「オリエンタル」な調和が出来上がって、上手く表現できませんが「浮遊感」のようなものを感じました。
「音楽に国境は無い」ということでしょう。

考えてみれば、「着物」で「帯にホルダー」を取り付けて「立って」「二胡」を弾く、中国出身のWeiWei Wuu、、、っていうのは、ある意味、とても不思議ですよね。
まさしく、「日中友好」ということでしょうか。
「二胡」と「胡弓」のコラボもまさしく「日中友好」ですね!!

今年は日中国交正常化40周年の記念イヤー。

ぜひ今回のこの企画を、いろんな所でやってみたいと思いました。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.1.29)


2012年1月22日 (日)

第68回 WeiWeiさん IN 「謝々 City」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第68回 WeiWeiさん IN 「謝々 City」

今回は、先日実施された、Swing Cityでのラスト・ライブ「謝々 City」のレポートです。

WeiWeiさんが、デビュー前からずっとお世話になってきた、銀座のSwing City。
本当に惜しまれながらも、今月一杯でクローズすることになってしまいました。

WeiWeiさんにとっての「銀座Swing City」は、ある意味で、「育ての親」という感じでしょうか。

日本に来て、いろいろと「音楽活動」はしていたものの、いわゆる「ジャズクラブ」で演奏したことは無かったそうです。
それが、いきなり「老舗」での演奏。
最初は相当戸惑ったようです。

しかし、演奏を始めて少しすると、すぐに「馴染んだ」と言っています。
それは、やはり生まれ故郷の「上海」そして「バンスキング」を思い起こさせる雰囲気のおかげだったようですね。
それと、きっと「お客さん」の「暖かさ」のおかげだと思います。

銀座Swingも同様ですが、Swing Cityには「和気あいあいとした雰囲気の中で、おとなが、お酒を楽しみながら、上質の音楽を味わう」という雰囲気があります。
だから、程良い緊張感と、程良い浮遊感の中で演奏できるのだと思います。

これを、WeiWeiさん風に言うと「程酔い」ということになります(笑)。

ーーー

今回ご一緒したのは、ピアノが進藤陽悟さん、ベースが佐藤慎一さん、そしてパーカッションに岡部洋一さんでした。
みなさん、初出演当時からの、気心の知れたメンバーです。

WeiWeiさんが本当にたくさんのミュージシャンと知り合ったのも、ここでした。
なにしろ、8年間近く、ほぼ毎月いろんなミュージシャンと演奏してきたのです。
WeiWeiさんのブログにこうあります。
「ずっと毎月のように、ここで演奏してきました。
数えきれないほどの素晴らしい出会いがここで始まりました。」

ーーー

セットリストをご紹介します。

WeiWei Wuu Live IN Swing City
謝々 City
SET LIST
1st
1.よう族舞曲(雲南省の民謡)
2.何日君再来
3.上海メドレー
(夜来香〜蘇州夜曲〜上海ブギウギ)
4.甜蜜蜜(歌)
5.Soul Moon(PfとDuo)
6.Memories of the future
7.雪蓮
8.I will wait for you
9.Spain

2nd
1.日本の曲メドレー
(いい日旅立ち〜もののけ姫〜川の流れのように〜真っ赤な太陽)
2.SAKURA/17
3.炎の靴
4.再会の記憶(PfとDuo)
5.新天地
6.衡山ネオン
7.空〜Kuu
8. Back to the…

アンコール
1.賽馬(全員)
2.草原情歌(PfとDuo)

ーーー

当時からずっと演奏してきた曲と最近の曲をミックスし、「昔話」を交えながら、淡々と、でも1曲1曲、丁寧にそして情熱的に演奏されました。

私が一番印象に残ったのは、「Memories of the future」でした。
ご存知のようにデビューアルバムのタイトル・チューンです。
当時の演奏そのままに奏でられたのだと思います。
今も、まったく錆びることなく、逆に私にとってはとても新鮮で、鮮烈な印象でした。
きっと、当時から聞いているお客さんにとっても、「久しぶり!」という気持ちと同時に、「新鮮」な感覚だったと思います。

ーーー

今のWeiWeiさんを見ていて、いつも感心するのは「対応力」の凄さです。
それは、音楽だけのことではありませんが、常に「その場」の雰囲気と状況に合わせて、いろんなアイディアを出し、より素晴らしいものを創りだしていく力を持っています。

音楽に関して言えば、このSwing Cityで、8年以上、毎月いろいろなミュージシャンと、「新しい挑戦」をしてきた結果だと思います。
きっと、「新曲の披露」や、「新しジャンルの音楽」にトライし続けてきたことでしょう。

ーーー

この「伝統」は、場所を「銀座Swing」に変えて、毎月ということはできませんが、今も続いています。
これからも、きっと、「程酔い」の中で、新曲などを紹介していくと思います。

次回、3/14(水)の銀座Swingもお楽しみに!!


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.1.22)

2012年1月15日 (日)

第67回 WeiWeiさん IN 「こうせつと仲間たち」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第67回 WeiWeiさん IN 「こうせつと仲間たち」

今年最初の「本番」は、NHKラジオ第1の「こうせつと仲間たち」の出演でした。
今回はそのご報告を。

っと、その前に久しぶりの「閑話休題」です。


先日のことです。
その日も寒く、WeiWeiさんにしては珍しく、自動販売機で、温かい、缶入りの「しるこ」を買いました。

一口飲んで、「甘くて美味しい」と言った後、缶を見ながらこう言いました。
「この『だいのうげん』ってなんですか?」

見ると「大納言しるこ」と書いてありました。

これは知らなくても仕方ないですよね?

なので、私が
「それは『だいなごん』と読むんですよ。
昔の身分、位のことですね」
(実際は「大納言小豆」のことですが・・・)
というと、「へ〜、そうなんですか〜」と、缶をしげしげと見ながら、特に感心する様子でもなく、そう言った後、こう言いました。

「でも、なんで『な』なんですか?
この字は『なっとう』の、『のう』ですよね?!」

私は思わず、吹き出してしまいました(笑)。

「『納豆(なっとう)の、納(のう)』は、すでに変でしょう!?」
と言うと、例によって、一瞬「え?!」という顔をして、自分で気がついて、「あははははは〜」と豪快に笑い飛ばして誤魔化しました。

そして、今度は、
「あ、『良く振ってお飲み下さい』って書いてあるけれど、振らないで飲んでしまいました〜。
お腹を良く振ったほうがいいですか〜?!」
と、訳のわからないことを言い出しました(笑)。

これは明らかにさっきの「誤魔化し」だと思ったのです、スルーしました(笑)。

そして、さらにその後です。

前方から、この季節にもかかわらず、かなり肌を露出した服装の妙齢の女性が歩いて来ました。
その女性とすれ違うと、すれ違いざまにかなり強烈な香水の匂いが・・・。

WeiWeiさんが小声で言いました。
「今の人、すごい、ホルモンたっぷりですね」

一瞬私は、WeiWeiさんが何を言いたいのか分からなかったのですが、さすがにこれだけ「WeiWeiさんの変な日本語」に付き合っていると、「類推」する能力が付いているようです(笑)。
WeiWeiさんに
「それは、『ホルモン』じゃなくて『フェロモン』じゃないですか?」

WeiWeiさんは、いつものように一瞬「え?!」という顔をして、当然のように「あはっはっははあはは〜!!」と、街中に響くような声で笑って、そのまま何事もなかったように、残りの「だいのうげんしるこ」を飲み干したのでした。

ーーーー

さて、前置きが長くなりました。

先日の「こうせつと仲間たち」の収録のレポートです。

NHKのスタジオに到着し、南こうせつさんと久しぶりに会うと、こうせつさんもWeiWeiさんも、とても嬉しそうに「新年の挨拶」をして、早速「共演」する『ノスタルジア』の打合せに入りました。

「キー」の打合せをして、構成の打ち合わせ、などを簡単にした後、早速リハーサル。

言い忘れましたが、この『ノスタルジア』は、こうせつさんがテレサ・テンさんのために作った曲です。
WeiWeiさんが、まだ上海で「寮生活」をしていた頃、「夜、ベッドで隠れて聞いていた、大好きな、思い出の曲」です。

以前、WeiWeiさんとこうせつさんが食事会をした時に、テレサ・テンさんの話題になり、その時に「僕がテレサに送った曲がある」とこうせつさんが言って、口ずさんだ時、WeiWeiさんが「え〜〜〜!!! その曲は大好きな曲です。寮のベッドで隠れて毎晩聞いていました!!」と、大いに『ノスタルジア』の話題で盛り上がったのです。

そして、こうせつさんが、「もし良かったら、今度歌ってよ!」と言って、それ以来最近ではWeiWeiさんのライブでは「定番」となっている曲です。


1番をWeiWeiさんが中国語で歌い、2番をこうせつさんが日本語で歌いました。
そこに、WeiWeiさんの二胡が絶妙にからんで、とても良い感じです。

リハーサルを終えて、番組の本番になりました。
まずは、「おしゃべり」から開始です。

「今日のゲストは、二胡の『WeiWei Wuu』さんです!」
と、こうせつさんが紹介して、番組が始まりました。

パートナーの「石川ひとみ」さんと3人で、和気あいあいと、上海の話、二胡の話、音楽の話と多いに盛り上がりました。
特にこうせつさんの声が大きくなったのが、「豫園」の「小籠包」の話の時でした(笑)。
やはり、食べ物の話は盛り上がりますね。

収録前、WeiWeiさんが私に「おしゃべりが不安」と言っていたのですが、それは、番組の前回のゲストが「さだまさし」さんで、そのOAを聞いていて、どうやら「さださんみたいに話せない」と、思っていたようです(笑)。
私が、「さださんみたいに話そうと思うのはやめた方がいいです」と言うと、「そうですよね〜!」と、少し気が楽になったようです(笑)。

番組では、さださんほどではないにしても、WeiWeiさんもかなりたくさんしゃべっていました。
やはり、去年から「しゃべりに目覚めた」だけのことはありました(笑)。

そして、いよいよ『ノスタルジア』の本番です。

これは、絶対に聞き逃せませんよ!!
WeiWeiさんの歌声+こうせつさんの歌声+二胡の音色
とても贅沢な時間でした。
ぜひ、実際にOAを聞いてみてください。
聞けば分かります(笑)。

演奏後、こうせつさんから「これからはもっと歌ったほうが良い。アルバムも半分くらいは歌ったほうが良い」と言われ、まんざらでもない感じでした。


気がつけば、あっという間に番組終了の時間でした。

収録を終えて、一足お先にスタジオを後にしました。


そういえば、今回の番組出演は、今年最初の「本番」でした。
帰り際、こうせつさんから、
「今度はぜひライブで一緒に歌いましょう!」
とおっしゃって頂きました。


今年、ぜひ叶うと良いですね。
私も、ぜひ叶えられるよう、頑張りたいと思いました。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.1.15)

2012年1月 8日 (日)

第66回 WeiWeiさん IN 「コラボレーション」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第66回 WeiWeiさん IN 「コラボレーション」

前回は、「今年の目標」を発表しました。
その「目標」の為に、WeiWeiさんのプロフィール等の「資料」を新たに作りました。
その資料に、「これまでコラボレーションしたアーティスト」を紹介するページを作ったのですが、自分で作りながら、今さらながら驚いてしまいました。

本当に多くのアーティスト、ミュージシャンとコラボレーションしています。
ギターやピアノなどと違って、「二胡」という楽器の「特性」を考えると、これは本当にすごいことだと思います。
すべてをご紹介することはできませんが、その一部の方々をご紹介すると(敬称は略します)、

皆さんご存知の、今もOAしている、NHK総合テレビの「ダーウィンが来た!」でご一緒している「ケニーG」、ユニットとして参加した「坂本龍一」「小山田圭吾」をはじめとして、名前だけ列挙すると、
「coba(アコーディオン)」
「葉加瀬太郎(バイオリン)」
「小松亮太(バンドネオン)」
「堂本光一(Kinki Kids)」
「上妻宏光(三味線)」
「藤原道山(尺八)」
「森山良子(歌手)」
「夏川りみ(歌手)」
「武部聡志(作曲・アレンジ)」
「鳥山雄司(作曲・アレンジ)」
「渡辺香津美(Gt)」
「王永徳(二胡)」
「ジョージ・ガオ(二胡)」
「羽毛田丈史(ピアノ・アレンジ)」
「松下奈緒(ピアノ・俳優」
「NAOTO(Vn)」
「NHK交響楽団」
「九州交響楽団」
「一青窈(歌手)」
「河口恭吾(歌手)」
Etc...

ほんの一部をご紹介しただけでこんなにたくさんのアーティストとコラボしています。
しかも、その「ジャンル」の広さは、他の二胡奏者の方たちに無いものです。
やはり、子供の頃からバイオリンの勉強をしてきて、「西洋音楽」の素養がしっかり身に付いているから出来ることですね。

「JIN」や映画音楽、ゲーム音楽などのレコーディングに参加した時に、いつもその作家やディレクターの方たちに驚かれるのは、「五線譜の譜面を初見で読める」ことや、「ピッチ(音程)」の正確さ、コードだけの譜面でアドリブが効く・・・等、いつも感心されます。

ーーー

今年は、今月新たに「胡弓」の「若林美智子」さんとのコラボレーションです。
そして、「南こうせつ」さんとのコラボレーションも予定しています。

今年、更に多くのアーティスト、ミュージシャンとご一緒することと思います。
そこからどんな「新しい音楽」が生まれるのか。
本当に楽しみです。

 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.1.8)

2012年1月 1日 (日)

第65回 WeiWeiさん IN 「今年の目標」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第65回 WeiWeiさん IN 「今年の目標」

新年明けましておめでとうございます!
今年も、WeiWei Wuuともども、この「マネージャーは見た!」もよろしくお願いいたします。

さて、2012年最初の「マネージャーは見た!」。
何を書こうか、といろいろと考えました。

やはり今年はWeiWeiさんにとって、とても大切な「デビュー10年」の年。
その大切な年をどう過ごすか、1年の計は元旦にあり、と考えて今年の「目標」を書こうと思います。

ーーー

まずは、健康に気をつけて、元気に過ごすことが、前提としての目標です(笑)。
そして!

いままで、何度もお伝えしてきましたが、今年の目標は何といっても、日本全国いろんな場所におじゃまして、演奏したいということです。

具体的に言うと、47都道府県、全部行きたいと思っています。
別に県庁所在地だけにこだわっていません。
ひとりでも「私の地元で演奏して下さい!」という要望があったら、「了解で〜す」という気軽な感じで(笑)、伺いたいと思っています。

詳しく聞いていませんが、おそらく、WeiWeiさんはこれまで、日本に来てからの20年間で、ほとんどの都道府県におじゃましていると思います。
でも、今年は何と言っても「デビュー10周年」の年。
だから、今年1年で全ての都道府県に行って、これまでの10年間の感謝を伝えて、まだ「生」でWeiWeiさんの演奏を聞いたことのない人に伝えていきたいと思っています。

CDやDVDは、もちろん「何度も繰り返し聞く、見る」事ができますが、「ライブ」は「その場」だけの空間です。
その感動を、ひとりでも多くの方に伝えたいのです。

WeiWeiさんの生で聞く「二胡の音」、「歌」、「おしゃべり」。
そして、その会場だけにある、みなさんとの「共有する空間と時間」。

それを一番の目標に、そして最も大切な時間として大事にしていこうと思っています。

もちろん、中国での演奏を、上海と他の都市でもしたいと思っています。
出来れば台湾にも行きたいと思っています。

ーーーーー

ぜひ、ご遠慮せずに下記アドレスまで「私の街に来て下さい!」というメールを下さい!

先日、ある方からメールを頂きました。
「ぜひ世界遺産の私の街でコンサート開いて下さい」
というものでした。

とても嬉しいご提案でした。

まだ、具体的に実現出来るかどうか、検討中ですが、ぜひおじゃましたいと思っています。
別に「世界遺産」じゃなくてもいいですよ!(笑)
どんな状況でも、「私の街の○○に来てください」というご連絡は、大変嬉しく承ります!

ーーーーー

末筆になりますが、今年1年が皆様にとって、幸せの多い1年でありますように!


 
 

♪♪♪♪♪♪
 

(2012.1.1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30