« 第38回 WeiWeiさん IN 「飲食」 | トップページ | 第40回 WeiWeiさん IN 「西湖」 »

2011年6月19日 (日)

第39回 WeiWeiさん IN 「二胡セミナー」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第39回 WeiWeiさん IN 「二胡セミナー」

このメルマガをお読みの方は、皆さんご存知だと思いますが、WeiWeiさんは、「心弦二胡教室」を主宰しています。
二胡の「伝道師」を自認するWeiWeiさん。
中国の伝統楽器である「二胡」を、「伝統楽器」という範疇に留めること無く、あらゆるジャンルの音楽に持ち込み、二胡の新しい可能性を常に模索し続けています。

もう2年前の話になりますが、WeiWeiさんの恩師であり上海音楽学院の教授である王永徳さんと、九州を中心に活動している劉福君さんと3人で「二胡サミット」を企画しました。
上海、福岡、東京と、それぞれが主催してコンサートを実施しました。
出演者は、もちろんその主催した3人と、王先生の愛弟子でカナダを中心に活動しているジョージ・ガオ氏、そして中国でのトップ・プレーヤーたち。
二胡ファンにはたまらないメンバーの共演でした。

その二胡サミットの東京公演を見た、WeiWeiさんの所属事務所(もちろん、私はそこの社員です)の社長が、終演後に言った一言がとても印象に残っています。

「二胡の未来はとても可能性を秘めている。その『音色』はもちろん、二胡の『ポータビリティ』が素晴らしい」

「二胡」という楽器は、本当にこれからもっと普及していくと思います。
「ヴァイオリン」や「チェロ」といった「西洋の擦弦楽器」と比較して、楽器自体がそれほど高価ではないし、「音色」が哀愁を帯びているので和音が弾けなくても、奏でられるメロディが心に響きます。
そして、それほど大きな楽器ではないので、持ち運びが簡単です。

ーーー

お気づきの方も多いと思いますが、今年は「二胡セミナー」を積極的に実施しようと思っています。

去る5月29日、神戸で「二胡セミナー」を実施しました。
WeiWeiさんに二胡を習っていた方の熱心なオファーで実現した企画です。

WeiWeiさんの「二胡セミナー」は、本当に楽しいですよ。
私のような、演奏に関しての全くの素人でもすごく良く分かる内容です。

先日の神戸の「二胡セミナー」には、演奏力がまちまちのいろんな「レベル」の方が参加されました。
「一度も弾いたことがないけれど、これから習ってみたい」「初心者」「中級者」「講師レベル」「セミプロ」・・・。
そんな、いろんな方が参加したのに、終了後のアンケートを見ても、皆さん「参加して良かった」という感想でした。

見ていて思ったのは、WeiWeiさんの「二胡への愛情」が、そのままセミナーに表現されているということでした。

再三、WeiWeiさんが言っていたのは、「奏でるのは音楽です」ということでした。
「技術も大切ですが、音を正確に弾ければ良いということではありません。それでは、『音楽』ではありません。同じ曲を弾くのでも、弾くときの自分の気持が一番大切です」と言っていました。
その「気持を伝えるための演奏の仕方」をレクチャーするので、演奏力がバラバラの人たちが集まっているセミナーなのに、皆さんが「参加して良かった」という感想を持つのだと思いました。

神戸に続いて、愛知県豊川、札幌でのセミナーが決定してます。
今後、北陸、沖縄、大阪、等々、日本全国でセミナーを実施してく予定です。
「ぜひ、私の街にも来てくだい!」という方がいらっしゃいましたら、近日中に「実施要項」をお伝えする予定です。
お気軽に

info@weiwei-wuu.com

までご連絡ください。
東京だけでなく、全国どこでも気軽に伺うつもりでいます。

ーーーーー
最後に、セミナーでのWeiWeiさんが言った、一番印象的な言葉を。

「二胡は私の『分身』です。
私は二胡を弾くときに、私の気持ちを表現するように心がけています」

とても素敵な言葉だと思います。


次回もお楽しみに!!

♪♪♪♪♪♪
 

(2011.6.19)

« 第38回 WeiWeiさん IN 「飲食」 | トップページ | 第40回 WeiWeiさん IN 「西湖」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第38回 WeiWeiさん IN 「飲食」 | トップページ | 第40回 WeiWeiさん IN 「西湖」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31