« 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 | トップページ | 第35回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶5」 »

2011年5月 8日 (日)

第34回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶4」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第34回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶4」

『夢胡蝶シリーズ』第4弾です。
参加される方は「予習」として、残念ながら参加できない方は「想像力」をふくらませてみてください。

ーーーーー

20年前の5月3日に、初めての海外「日本」に降り立ったWeiWeiさん。
先週は、いろんなところで、いろんな方々から「ハタチの誕生日おめでとう!」と、お祝いの言葉をたくさんもらったようです(笑)。

私が「うまい表現」と思ったのは、WeiWeiさんの当日のブログのコメントにあった、
「成人式には参加します」という言葉でした。
来日20周年記念コンサートを「成人式」と表現したのは、まさしく「素晴らしい!」と、感心してしまいました。
ブログへのコメントは、本人も非常に楽しみにしていますし、ブログを書く励みにもなりますので、ぜひどんどん、気軽に書き込みをお願いいたします。
私のブログもオフィシャルHPのリンクにありますので、ついでにお立ち寄りください。

ーーーーー
さて、その成人式=来日20周年記念コンサートの事を書く前に、例によって軽めの「閑話休題」です。

来週の月曜日、5/16に、NHK-BS1の番組「地球テレビ エルムンド」に生出演が決まっていますが、先日、その番組のディレクターと内容の打ち合わせがありました。
その際に、過去の映像を番組内で使うということになり、WeiWeiさんが自分で保管している「ベーカム」があるので、それを貸し出すということになりました。
「ベーカム」というのは、正確に言うと「ベータカム」という、放送などで使用するプロ用のビデオテープなのですが、業界ではみな「ベーカム」と略しています。
(と言っても、「タ」が抜けてるだけなので、「略してる」うちに入らないですよね・笑)

WeiWeiさんは昔、その「ベーカム」という言葉が分からずに、「ベッカム」だと思ったそうです。
そして、そのまま「ベッカム、ベッカム」と口に出していて、当時のスタッフから
「ベッカムだと、サッカーの選手になっちゃうよ」と注意されていたようです(笑)。

今もそうですが、WeiWeiさんは小さい「ッ」が苦手です。
中国語には「撥音」がほとんど無いそうです。
だから良く使い方を間違えます。
まあ、外国語を話しているので、仕方ないことですし、あそこまできちんと日本語を使いこなしているのは凄いことだと思います。

ただ、今回のNHKのディレクターと話している時も、相変わらず「ベッカム」と言っているWeiWeiさんは、「やはりWeiWeiさんはWeiWeiさんだな~」と、思ってしまいました(笑)。

ーーーーー

さて、「成人式」の話しに戻ります。

今回ご紹介するのは、今回のコンサートでの「二胡」以外のWeiWeiさんについてです。

前々回のこのシリーズ、「WeiWeiさん IN 夢胡蝶2」で書きましたが、ある映像プロデューサーの方の言葉。
「WeiWei Wuuは二胡を奏でているのではなく、WeiWei Wuuを奏でている」

この言葉の通り、WeiWeiさんの魅力はもちろん「二胡」が基本ですが、それ以外にもいろいろありますよね。

今回のコンサーでの「二胡以外」。
衣装:当日をご期待ください!
おしゃべり:もちろんあります!!(当たり前です・笑)
ヴァイオリン:今回もあります!
ダンス:これはどうでしょうか・・・?!(笑)
そしてさらに・・・

まずは衣装について。
現在、とても悩んでいます。
いろいろと、今回の企画に沿った衣装を考えていますが、ある意味で今回一番の悩みどころになっています。
その都度演奏する曲のイメージにあった衣装を着たい気持ちはあるのですが、ステージである以上そうは行きません。
この原稿を書いている時点で、まだ最終決定をしていないのですが、悩んだ分、期待に添えるものになると思いますので、「乞うご期待!」という感じでしょうか・・・。

おしゃべりについて。
これも、当日になってみないと分かりませんね~。
もちろん、構成上、「TALK」の場所は決まっていて、そこのTALKでは「こんな内容の話」という大まかなところは決めていますが、実際は「その場」になってみないと分かりません(笑)。
ただ、ひとつ言えることは、お客さんが喜んでくれて、同時に盛り上げてくれれば、間違いなくどんどんエスカレートするので、当日いらっしゃる方は、例え「今のはどういう意味だろう?!」と、いつものここの「閑話休題」で書いているような「WeiWeiさん語」があったとしても、それは分かったことにして(笑)、大きな拍手・ご声援をよろしくお願いします。

ヴァイオリンについて
折にふれて、スペシャルなコンサートでは、ヴァイオリンを演奏することもしばしばなので、すでにお聞きになったことがある方も多いと思います。
でも、今回は、スペシャルのスペシャルです!
実は、私は、昨日もその「ヴァイオリンの練習」に立ちあってきました。
WeiWeiさんのヴァイオリンを弾く姿は、二胡の演奏をしている時と、やはり違います。
子供の頃からの「クラシック」というイメージが強いからでしょう。
二胡を演奏しているときの「自由さ」とは違う「格調高さ」が出てくる感じです(二胡を弾いているときは格調高くない、ということではありません・念のため・笑)。
昨日は、その練習に疲れた休憩の時、「遊び」の感じで、なんと「賽馬」をヴァイオリンで弾きました!
二胡の名曲をヴァイオリンで聞くと、イメージが全然違います!
やはり、「賽馬」に似合うのは二胡ですが、違う曲として成立している感じで、とても新鮮でした。
残念ながら、今回のコンサートではヴァイオリンの「賽馬」はありません。
私の「役得」です(笑)。
いつの日か、演奏する機会もあるかもしれませんので、お楽しみに!
その代わりではありませんが、本当にスペシャルなヴァイオリン演奏があるので、そちらをご期待ください!

ダンスについて。
これは、いかがでしょうか?!
秘密です(笑)。

その他のスペシャルについて。
発表します!
今回は「中胡」も演奏します。
ご存じない方もいらっしゃると思いますが、「中胡」は「二胡」よりも少し音程の低い二胡の親戚の楽器です。
ちょうど、ヴァイオリンとヴィオラのような関係です。
さて、二胡愛好家の方に問題です。
WeiWeiさんはどの曲で「中胡」を弾くでしょうか?!
ぜひ予想してみてください。

ーーーーー

いつもながら、長くなってしまいました。
とにかく魅力満載の今回のコンサート。
お楽しみに!!

次回のメルマガもお楽しみに!


♪♪♪♪♪♪
 

(2011.5.8)

« 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 | トップページ | 第35回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶5」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 | トップページ | 第35回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶5」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30