« 第31回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶1」 | トップページ | 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 »

2011年4月24日 (日)

第32回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶2」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第32回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶2」

さて、『夢胡蝶シリーズ』第2弾です。
参加される方は「予習」として、残念ながら参加できない方は「想像力」をふくらませてみてください。

ーーーーー

と、その前に「閑話休題」を。
と言っても、いつもの「言い間違い」ではありません(笑)。

先日、ある映像関係のプロデューサーの方と会食をしてきました。
いろいろと楽しい会話に花が咲いたのですが、その際にそのプロデューサーの方が言いました。
「WeiWeiさんは、『二胡』を奏でているのではなく、『WeiWei Wuu』を奏でている」

いろいろと、その方なりの「WeiWei論」を語ってくださったのですが、すごく分かる気がしました。
まさしく、私としても感じていることだったので、とても嬉しく思いました。
だから、自分の作った『Back to the・・・』なのに、「二胡で演奏することを前提としないで作っている」ので、結局、演奏するのに苦労して、練習しすぎて腱鞘炎になったりするのです(笑)。
でも、だからこそ「アーティスト」なのだと思います。

ーーーーー

さて、来日20周年記念コンサート『夢胡蝶』ですが、いろいろと見所がありますが、その中でも「目玉」の一つが自身の主宰する「心弦二胡教室」の「夢胡蝶」(今回のコンサートのために組んだ特別チーム)との共演です。

二胡の合奏を聞く機会というのはそれほど多くないですよね。
WeiWeiさんと、他のいろいろな楽器とのコラボレーションは、機会が多いのですが、実は、WeiWeiさんが他の方と、二胡の共演をしたのは「心弦二胡教室」での演奏と、一昨年実施された「二胡サミット」以外、私も聞いたことがありません。

クラシックに限らず、ヴァイオリンの合奏、弦楽四重奏など、擦弦楽器の合奏はとても美しいですよね。
二胡の合奏もとても美しいです。
二胡は、「ソロ」としての素晴らしさは今さら言うまでもありませんが、合奏の持つ迫力、ハーモニーの美しさは、ヴァイオリンなどの弦楽器とは少しニュアンスの違う、素晴らしさがあります。
それは、やはり「二胡」の持つ独特の「音色」の結果だと思います。

私には、「弦楽の合奏」というより、女性のコーラスグループのように聞こえます。
決して音域の広い楽器ではありませんが、「音色の持つ力」によって、直接「耳から心にすんなりと届く」のです。

今回参加される「夢胡蝶」のみなさんは、ほとんどの方が普通に他の仕事をしていたり、学校に通っている方たちです。
しかし、今回のコンサートに参加するに当たって、今年1月からWeiWeiさんの直接の特別レッスンを受けて、頑張って練習しています。
今はあえて曲目はお知らせしませんが、私も何度か練習に立ちあわせていただき、何度も鳥肌がたつほど感動しています。
今から、本当に本番が楽しみです。


WeiWeiさんの日本での20年で、アーティスト活動はもちろんですが、「心弦二胡教室」も「とても大切な宝物」です。
その「宝物」と一緒に「20周年の記念のステージ」に立つことは、WeiWeiさんにとっても、とても貴重な経験になることでしょう。

ぜひ、今回のコンサートを一緒に楽しみましょう。


次回のメルマガもお楽しみに!

 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.4.24)

« 第31回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶1」 | トップページ | 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第31回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶1」 | トップページ | 第33回 WeiWeiさん IN 「夢胡蝶3」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31